スポンサーリンク

12月|昔農家さんから学ぶ農作業と農事歴

koyomi,12 (★)

12月になりました。

今年一年、あっという間だったと思われている方もいらっしゃると思います。

今回は、昔農家さんから学ぶ12月の農作業と、農事歴をご紹介いたします。

その昔、一年の畑仕事を終わらせる「こと納め」は、旧暦の師走12月8日、新しい年の畑仕事を始める「こと始め」は、旧暦の2月8日でした。

旧暦の師走は、為果月(しはつづき)と書くこともあり、農事がすべて終わる月でもあったのです。

ただし、現在の新暦(太陽暦)では、こと納めが1月8日頃、こと始めが3月8日頃となり、旧暦とひと月ほどズレが生じてしまいます。

そこで今回は、冬至を畑の正月と考える「冬至正月」、12月の農作業などについて、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

昔農家さんから学ぶ12月の農作業について

一陽来復・冬至正月

koyomi,12-2 (★)

現在、私たちは新暦(太陽暦)にて暮らしております。

新暦の12月は、旧暦の11月頃になりますので、農事を旧暦に合わせますと、1か月ほど差が生じてしまいます。

そこで、二十四節気のひとつ「冬至」を目安にしてみますと、太陽暦(新暦)のカレンダーでも、二十四節気は旧暦と変わりません。

冬至は一年でいちばん夜が長く、昼の短い日で、翌日から少しずつ昼の時間が長くなってゆきます。

つまり、一陽来復(いちようらいふく)、冬至を畑の正月とする「冬至正月」としますと、私たちもスムーズに考えられるかと思います。

※ 一陽来復につきましては、後述いたします。

験を担いだ先人たち

yuzu-jam (27)

「冬至(とうじ)」は「湯治(とうじ)」、「柚子」は「融通」など、先人は さまざまな行事で験を担いで(げんをかついで)いました。

冬至の夜は、柚子湯に入って一年の畑仕事の垢をおとし、運気がつくように「ん」のつくものを七種類食していたそうです。

運気がつく「ん」の付く7つの食材
1.なんきん(かぼちゃ)
2.だいこん
3.にんじん
4.れんこん
5.こんぶ
6.こんにゃく
7.こんぼ(ごぼう)
昔農家さんは、駄洒落を使って、一年の苦労を吹き飛ばしていたのですね。

12月は畑・納屋の大掃除

koyomi,12-3 (★)

本格的な寒さが始まる12月は、これといった農作業はないように思われがちですが、昔農家さんは、畑や納屋の大掃除をしていたようです。

「暦に学ぶ野菜づくりの知恵 畑仕事の十二か月」の著者、久保田豊和さんがお持ちの農事歴に、次のような記述があるそうです。

農家はつねに忙しければ(せわしければ)、本月に垣を結い、あるいは農家の表裏まで掃除し、ゆたかに新年を迎えることがよい。ただし、塵芥(ちりあくた)の類を捨てずに、これを集めて堆肥(つみごえ)を作るように心がけたい

引用「暦に学ぶ野菜づくりの知恵 畑仕事の十二か月」162頁

あなたも畑の大掃除をして、有機物を集めてたい肥を作ったり、道具を洗って刃を研いだり油を注すなど、メンテナンスをしてみられてはいかがでしょうか。

堆肥づくりについて

ochiba-4

農学博士の木嶋利男先生の落ち葉床の作り方
畑に落ち葉を埋める「落ち葉床」の作り方|畑にもたらす3つのメリットをご紹介いたします

吉田俊道さんの生ゴミコンポストの作り方
生ゴミコンポストの作り方|菌ちゃん先生の「生ゴミ漬け物投入法」

12月の農作業

koyomi,12★
※地域によって前後します。
参考文献 久保田豊和著「新版 暦に学ぶ野菜づくりの知恵 畑仕事の十二ヵ月

12月の農事歴

私たちは現在 新暦(太陽暦)にて暮らしておりますが、江戸時代以前の農家さんたちは、旧暦にて農作業を行っておりました。

現代においても旧暦の農事を参考にしますと、野菜づくりの良き指標となるかと思いますので、ご紹介いたします。

12月の農事歴

1日
2日 橘始めて黄なり
3日
4日
5日
6日
7日 大雪(旧暦11月1日頃)
8日
9日 閉塞成冬
10日
11日
12日
13日 熊穴に蟄る
14日
15日
16日 鮭群がる 
17日
18日
19日
20日
21日 冬至
22日
23日
24日 乃東生ず 
25日
26日
27日 麋角の解つる
28日
29日
30日  
31日 大晦日

参考文献 久保田豊和著「新版 暦に学ぶ野菜づくりの知恵 畑仕事の十二ヵ月

橘始めて黄なり(たちばな はじめて きなり―新暦12月2~6日頃)

koyomi,12-4 (★)

橘の実が黄色く色付く時期です。

ご近所のお庭の柑橘類が美味しそうに色付くのが、この頃です。

現在は、橘という酸味が強く食用に向かないミカン科の木がありますが、昔は蜜柑を総称して「橘」と呼んでいました。

古代の伝説上の人物である田道間守(たじまもり)が、常世の国(とこよのくに=古代日本で信仰された海の彼方にあるとされる不老不死の理想郷)から持ち帰ってきたといわれるのが「橘」で、その語源も、田道花(たじまはな)が変化したものとも言われているそうです。

大雪(たいせつ―新暦12月7日頃)

koyomi,12-5 (★)

地域によっては、雪が降り積もるところもある時期で、いよいよ寒さが増してゆく頃です。

閉塞成冬(そらさむく ふゆとなる―新暦12月7日~11日頃)

「冬に成った」という意味で、重いグレーの雲が空を覆う時期です。

人は家の戸や窓を閉め、虫も土に入って万物が閉じ、冬を迎えます。

この時期、お世話になった人に贈る「お歳暮」は、本来は、年末にご先祖を祀るためのお供えを贈り合う習慣だったようです。

「お歳暮(おせいぼ)」は、もともと「年の暮れ」という意味の言葉で、この時期に一年の感謝の品を贈ることを、「歳暮の礼」「歳暮祝」といいました。

現在は、これが省略されて「お歳暮」と呼ばれるようになりました。

熊穴に蟄る(くま あなに こもる―新暦12月12~16日頃)

koyomi,12-6 (★)

冬籠り

熊、蝙蝠(こうもり)、山鼠(やまね)、縞栗鼠(しまりす)などの恒温動物が冬眠、(冬ごもり)をする時期です。

昔は、人が外に出なくなることも含めて「冬籠り」といっていたようです。

煤払い(すすはらい)

SUSUHARAI (★)

江戸時代、12月13日は 家の内外の大掃除をする日だったと言われており、それが「煤払い」です。

この日は、「正月事始め」で、お正月の準備を始める日でもあり、先人は まず、家の”けがれ”を払う「煤払い」から始めました。

私たちも、当時の慣習にならって この時期からハタキなどを使って、まず「煤払い」から始めるのも良いかもしれませんね。

松迎え

koyomi,urajiro12-7 (★)

12月13日の正月事始めの日に、先人たちは「松迎え」を行っておりました。

松迎えとは、山に入って門松、榊(さかき)、楪(ゆずりは)、裏白(うらじろ)などを伐ってきたのだそうです。

とくに裏白は、お正月飾りに欠かすことが出来ないもので、葉が向き合っていることから、夫婦和合の象徴、葉の裏が白いところは、共白髪、斜面を覆うほどの繁殖力から子孫繁栄など、縁起のよい植物を飾って、新しい年を迎える準備をしていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なかざわ翠鳳(@nakazawasuihou2216)がシェアした投稿

南天(なんてん)

koyomi,nanten-8 (★)

この時期の赤い実の代表「南天」は、「難を転じる」という語呂合わせから、縁起がよいものとされてきました。

また南天は、咳止めの薬効があり、葉は防虫、腐敗防止の作用がありますので、昔農家さんをはじめとする先人は、米びつや鎧びつに入れていたそうです。

鮭群がる(さけのうおむらがる―新暦12月17日~21日頃)

鮭が群れをなして、川を上る時期です。

koyomi,salmon,sake-9 (★)

鮭は川の上流で生まれ、雪解け水と一緒に川を下って沖に出て、一生の大半を海で過ごした数年後に、産卵のために大きな群れをなして、自分が生まれた川に戻ってきます。

鮭は季語にも使われる魚で、「秋味(あきあじ)」は、秋の味を代表するという意味、「時不知(ときしらず)」は、4月から7月頃に獲れる鮭のこと、生殖期のオス鮭は いかつい顔つきになっていることから「鼻曲がり」と呼ばれるのだそうです。

冬至(とうじ―新暦12月21~22日頃)

冬至、冬中、冬はじめ

yuzu-citron (2)

太陽の高さが最も低く、昼の時間が一年で一番短くなる日です。

この日を境に、日が伸びてゆきますが、寒さは厳しさを増してゆく時期でもあります。

諺の、「冬至、冬中(ふゆなか)、冬はじめ」は、暦の上では冬の真ん中ではあるものの、本格的な寒さはこれからですという意味です。

昔農家さんは、ひびやあかぎれに効果のある柚子湯に入り、貯蔵のきくカボチャを食して、野菜の乏しくなるこの時期を乗り越えました。

一陽来復(いちようらいふく)

koyomi,12-2 (★)

陰陽説では、冬至の直前で陰が極まり、冬至から陽がひとつ戻ってくると考えられていました。

つまり、「悪いことが続いたあと、ようやく幸運に向かうこと」という例えとして、「冬至」を正月と考えていた先人もいたようです。

乃東生ず(なつかれくさしょうず―新暦12月22~26日頃)

koyomi,utsubogusa-10 (★)

「乃東生ず」は、うつぼ草が生える頃という意味で、夏至のはじめに枯れたうつぼ草や菊の親株などが、この時期に芽を出しはじめます。

これは何を意味しているかといいますと、「冬至芽(とうじめ)」、すなわち厳寒で芽を出す草は長寿の象徴で、「良い芽が出る」すなわち、希望の芽と考えられていたようです。

麋角の解つる(さわしかのつの おつる―新暦12月27~31日頃)

カモシカ

koyomi,12-7 (★)

大鹿の角が落ちる時期です。

麋角の解つるの「麋」は、大鹿(=ヘラジカ)のことのようです。

蕎麦

koyomi,12-soba (★)

昔は、とがったところや、ものの角のことを、「稜(そば)」と言いました。

蕎麦の語源も、実が三角に尖っているからだと言われています。

江戸時代より前の蕎麦は、米に混ぜたり、粉にしてお湯で練って食べられていました。

koyomi,12-soba-2 (★)

現在のように細い麺にして食べるかたちが広まったのは、江戸時代になってからなのだそうです。

年越し蕎麦の由来は、さまざまな説がありますが、「細く長く」にあやかるのがよく知られていますね。

また、食すると運が向くとも考えられており、「運気蕎麦」とも呼ばれていたようです。

除夜の鐘

koyomi,12,joya (★)

大晦日の夜から、新年にまたがって撞く除夜の鐘は、百八つあるといわれる人の煩悩を消すといわれています。

厳かな鐘の音で、先人は新しい年への思いを馳せていたのでしょう。

まとめ

koyomi,nanten-8 (★)

12月の農作業と農事歴について、ご案内いたしました。

昔農家さんは季節と共存しながら農作業を行っていました。

厳寒の中、辛いことがあっても、ひたすら前向きに自然と向き合い、新しい年は必ず明るくなることを信じていたのでしょう。

現代を生きる私たちも、自然の声に耳を傾け、肌で感じながら、気持ちよく畑仕事を行ってゆきたいですね。

来年もよいお年になることを、お祈り申し上げます。

[参考文献]

created by Rinker
¥1,540 (2022/01/19 10:30:08時点 Amazon調べ-詳細)
425956496X
created by Rinker
¥1,320 (2022/01/19 13:41:34時点 Amazon調べ-詳細)
4415314848

[12月のお菓子]

created by Rinker
鶴屋吉信
¥2,600 (2022/01/19 11:56:44時点 Amazon調べ-詳細)
B07B67FQT4
スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと暮らしのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ