スポンサーリンク

「あけましておめでとう」の本来の意味は?

mt.fuji

新しい年が明けると、誰もが口にする「あけましておめでとう」。

この本来の意味をご存知でしょうか?

池上彰さんがテレビ番組で解説されていましたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「あけましておめでとう」の本来の意味

birthday

「あけましておめでとう」の本来の意味は、無事に歳を重ねたことへの「お誕生日おめでとう」を、意味するものだったのです。

戦前まで日本は、元旦を国民全員の誕生日としていました。そして人の年齢は、「数え年」が一般的でした。

数え年とは、産まれた日を1歳とかぞえ、翌年の元旦に年を重ねることを言います。

例えば、12月31日に生まれた人は1歳で、翌日の元旦は2歳という数え方だったのです。

つまり、「あけましておめでとう」の本来の意味は、国民全員が新しい年齢を迎えることができたので、「おめでとう」ということだったのですね。

しかし1949年(昭和24年)に、「年齢のとなえ方に関する法律」ができました。ここで、現代の「満年齢」に一本化されたのです。

今ではあまりなじみが無くなりましたが、七五三、厄払祈願、厄除祈願などでは、数え年を使っていることがありますね。

まとめ

january

「あけましておめでとう」の本来の意味は、元旦に国民全員が年を重ねることが出来たので、「おめでとう」というものでした。

現代では、「新しい年を迎えておめでとう」という意味で使われることが多くなりましたね。日本語の使い方も、長い年月を経ると、変化してゆくことがわかります。

普段何気なく使っている言葉には、実は歴史的な意味が含まれていたりすると思うと、興味深いですね。

本年も、カジトラをよろしくお願いいたします。

[参考番組] 池上彰が新年に教えたい 実は知らない日本のこと テレビ朝日 2020年1月4日放送

コメント