スポンサーリンク

お手軽!酒粕甘酒の作り方|酒粕甘酒と米麹甘酒の効能の違いは?

amazake

甘酒は美容と健康に良い飲み物と言われていますので、毎日美味しく飲みたいですね。

今回は「お手軽な酒粕甘酒の作り方」と「酒粕甘酒と米麹甘酒の効能の違いについて」ご紹介いたします。

甘酒は、「酒粕」と「米麹」の2種類ありますが、わが家は酒粕を使っています。

このレシピは「酒粕をペースト状にして保存」するので、飲みたい時にいつでも簡単に作ることが出来ます。

酒粕に水を入れて温めるだけのお手軽レシピですので、ご参考になさってください。

本日の内容
・酒粕を使った甘酒の作り方
・酒粕と米麹の効能の違い
スポンサーリンク

お手軽!酒粕を使った甘酒の作り方

amazake5

短い調理時間でお手軽に作ることが出来る(毎日飲むことが出来る)という観点から、わが家は酒粕を使って甘酒を作っています。

わが家のレシピは、甘酒をペースト状にして、冷蔵庫で3~4日間保存して使い切ります。

ペーストにしておくと、冷蔵庫の中で場所を取りませんし、いろいろな飲み物に応用することが出来ます。

材料と道具

・酒粕
・水
・砂糖

・野田琺瑯ホワイトシリーズ1つ、または小鍋とタッパー
・小さな泡だて器

・材料の分量は、保存する容器に合わせます。
・砂糖の量はお好みで。甘酒を飲むときに入れても構いません

酒粕を使った甘酒の作り方

1.容器に酒粕をちぎって入れます。

amazake6

細かくちぎって入れると、溶けやすくなります。

2.少なめの水を入れます

amazake7

水を多く入れるとペースト状になりませんので、少なめに入れます。

3.火にかけて酒粕を溶かします

amazake8

火にかけて泡だて器を使って溶いて行きます。

4.トロトロするまで押しつぶします

amazake9

酒粕がトロリとしてくるまで、泡だて器で押しつぶします。琺瑯を使われる場合は、熱くなりますので気を付けて。

お酒が苦手な方や、お子さんが召し上がる場合は、沸騰させてアルコールを飛ばします。酒粕の香りと味を味わいたい方は、弱火で煮立たせないようにしましょう。

5.大きなダマがなくなれば出来上がり

amazake10

ダマが気にならなくなってきたら出来上がりです。

6.粗熱が取れたら冷蔵保存します

amazake11

粗熱がとれたらフタをして冷蔵保存します。

応用できる甘酒ペースト

わが家はペースト状にした酒粕を、いろいろ使っています。

お湯(水)を足してオーソドックス甘酒

amazake12

酒粕ペーストに水を足してレンジでチンすると、お馴染みの酒粕甘酒の出来上がりです。

野田琺瑯はレンジが使えませんので、ペーストを別の器に入れて温めます。

ホットミルク甘酒

amazake13

酒粕ペーストに牛乳を入れてレンジでチンすると、美味しいホットミルク甘酒になります。

生姜を入れたり、ハチミツを入れたりしてアレンジすると美味しいです。

味噌汁へ

kasujiru

味噌汁に入れると、あっという間に即席粕汁の完成です。

酒粕甘酒の保存期間について

ペースト状にしてから3~4日で使い切りましょう。

酒粕の保存方法

amazake4

酒粕の保存方法ですが、ラップに小分けにして、ジップ式の袋に入れて冷凍保存します。

小分けにしておくと、使いたい分を取り出すことが出来ますので便利です。

麹甘酒と酒粕甘酒の違いと効能

甘酒は、麹と酒粕の2種類あるのはご存知ですね。

この章ではそれぞれの「効能の違い」をご紹介いたします。

作り方も異なりますが、美容と健康に良いという点は共通しています。

麹の甘酒

amazake2

「飲む点滴」と言われているのは、麹で作った甘酒です。

麹甘酒の歴史は古く、江戸時代から夏バテ予防として飲まれていました。

麹は、発酵させると自然の甘みが出ますので、砂糖などを加える必要はありません。

発酵させるには手間がかかり、酒粕よりも価格が割高ではありますが、アルコール分が含まれていないので、妊婦さんやお子さん、運転をする方も安心です。

麹甘酒の効能

夏バテ防止や風邪・インフルエンザの予防に期待

麹の甘酒は、夏バテ防止や風邪・インフルエンザの予防に期待できると言われています。

米麹にはグルコサミンやセラミド、ブドウ糖(主成分)、オリゴ糖、アミノ酸(必須アミノ酸)、ビタミンB群(B1、B2など)など、350種類以上の栄養成分が含まれています。

米麹甘酒の栄養成分を、善玉菌が食べて腸内環境が活性化します。すると免疫力がアップして、細胞やウイルスを撃退してくれます。

米麹の甘酒が「飲む点滴」と言われている理由はここにあります。

酒粕の甘酒

amazake3

1970年~2000年代序盤まで主流だった甘酒です。(甘酒と言えば酒粕と言われていた時代です)

酒粕は、スーパーマーケットなどで手に入りやすく、価格もお安めです。

甘酒の作り方は、酒粕に水を入れて温めるだけというシンプルなものですので、作業がさほど負担にならずお手軽です。

酒粕自体に甘み成分はありませんので、お好みでお砂糖やハチミツなどで頂くと飲みやすくなります。

なお酒粕にはアルコール分が含まれるため、甘酒にした時にアルコールが残る場合があります。

酒粕甘酒の効能

「酒粕」と「麹」の甘酒の効能は異なります。

麹甘酒のほうが、美容と健康に良いイメージがありますが、じつは酒粕にもすごいパワーがあることが最新の研究でわかってきました。

肥満予防の効果

酒粕は「レジスタントプロテイン」が多く含まれています。これは、腸内に詰まった余分な脂肪を身体の外に排出して、肥満を予防してくれる効果があるそうです。

レジスタントプロテインは米麹にも若干含まれますが、酒粕のほうが多く含まれています。

コラーゲンが増えて美肌効果

金沢工業大学 バイオ科学部 尾関健二研究室と酒造メーカーの最新研究で、40~50台の女性が酒粕甘酒を1週間飲んだところ、肌のコラーゲンが増えたという結果が出たそうです。

さらにすごいのが、酒粕甘酒を飲むのをやめてから1週間たっても、コラーゲン量は増え続けていたという驚きの結果が!

この理由は、酒粕にはうま味成分である「アルファーEG」が含まれていて、1週間飲んだだけで1か月ほど肌にハリを持たせる効果が持続することが判ったのです。

さらに嬉しいことに、年配層の女性にも効果が高いことが判明しました。

[参考記事]
https://kyodonewsprwire.jp/release/201709115541

甘酒を飲むタイミング

甘酒は、朝、昼、晩のどのタイミングに飲めば良いか迷われたことはありませんか。

甘酒は飲む時間帯で効能が変わります。ご自身のライフスタイルに合わせてお召し上がりください。

食前より食後がGOOD

食後のデザート感覚で飲むのと吸収が良いそうです。

お肌のためには「夜」

肌の老化を防ぎたい場合は、夜眠る前に飲むと良いそうです。

なぜなら新陳代謝(ターンオーバー)は夜おこなわれるので、夜に甘酒を飲むと効果がアップするのです。

脳の活性化には「朝」

朝はブドウ糖が足りていないので、甘酒を飲むと脳に栄養を送る補給ができます。

甘酒の1日の適量は?

甘酒は糖分が多く含まれていますので、100mlを目安にいただきましょう。この量で充分効果が発揮されます。

まとめ

amazake

お手軽に作ることが出来る「酒粕甘酒レシピ」と、「麹甘酒・酒粕甘酒の効能の違い」をご紹介いたしました。

甘酒は、毎日飲んでこそ、健康と美容効果が持続され、アップしてゆきます。

今回ご紹介した酒粕甘酒の作り方は、水で溶いてペーストを保存するだけの手軽さですので、おためしになってみてくださいね。

[関連商品]

created by Rinker
御殿桜
¥1,080 (2020/09/27 22:19:32時点 Amazon調べ-詳細)
B07YW9LCRP
created by Rinker
野田琺瑯(Nodahoro)
¥1,210 (2020/09/27 21:16:49時点 Amazon調べ-詳細)
B0007CM3J2
created by Rinker
野田琺瑯(Nodahoro)
¥2,134 (2020/09/27 21:16:49時点 Amazon調べ-詳細)
B0007CM3GA

[関連記事]

最高に使いやすい野田琺瑯|1つで調理&保存に使えるホワイトシリーズの使い方
...

[参考メディア]

2020年1月28日放送「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル 」

コメント