スポンサーリンク

千葉県印西市のブルーベリー狩りが100円!時間制限なし!「恩田農園」レポート

blueberry (3)

千葉県印西市にあるブルーベリー狩り「恩田農園」へ行ってきました。

なんと入場料が100円で、時間制限がゼロという大変魅力的なブルーベリー狩りをしてきましたので、レポートいたします。

車で、千葉県のブルーベリー狩り農園をお探しの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

恩田農園の所在地と開園時間

blueberry (18)

住所

恩田農園の住所は、千葉県印西市武西888です。

電話番号 0476-46-9900

開園時間

9時から開園しています。私たちは10時頃行きましたが、すでにブルーベリー狩りを終えて帰るお客さんもいました。

なお2019年は、8月の終わりまで開園しているそうです。

駐車場

blueberry (19)

乗用車が10台停められます。2019年8月土曜日は、5台くらい停まっていました。

受付

blueberry (12)

駐車場の向かいにあるお宅に声をかけると、収穫用のカゴを一人ずつ手渡されます。料金は後払いです。

 

農園の様子

blueberry (1)

オーナーさんにハウスまで案内してもらいます。場所は駐車場の並びにあります。ハウスの広さは、100平米はあったでしょうか。

ハウスの構造は、まわりはビニールで囲まれ、天井はネットになっていました。

blueberry (2)

ハウスの中の様子です。通路が4列で、たくさんの種類のブルーベリーの木がありました。

ブルーベリーをつまんで食べながら、持ち帰りたい分のブルーべりーをカゴに入れていきます。

ブルーベリー狩りの時間は無制限です。

blueberry (6)

通路のどんつきです。隣の通路には行けないようになっているので、Uターンします。

どんな品種のブルーベリーがあるの?

恩田農園さんのホームページをみると、約10種類の品種が植えられていました。木に品種の名札は付いていませんが、どれも美味しかったです。

ハイブッシュ系

blueberry (3)

果実は中~大、糖度は少なめ。酸味が多くて果実はやや柔らかいのが特徴です。

・デューク
・フロリダ
・ナイトジェム

blueberry (4)

ラビットアイ系

blueberry (9)

果実が熟す前にウサギの目のように赤くなります。甘味が強いのが特徴です。

・ホームベル
・ウッダード
・ティフブルー
・メデット
・ノビリス
・フェスティバル

blueberry (5)

恩田農園のブルーベリー狩り料金表

blueberry (13)

入園料 1人 100円
持ち帰り 100g 200円

200g以下の摘み取りは、500円。お買い上げだけの場合は、100g 250円になります。

恩田農園さんでブルーベリー狩りをするなら、食べながら摘み取りして、200g以上収穫するとお得ですね。

ここが良かった恩田農園

blueberry (11)

入園料が100円

2018年に、別のブルーベリー農園さんに行ったときの入園料が1500円だったので、これが相場だと思っていましたが、恩田農園さんの入園料が100円!

たいへんお得です。

麦茶サービス

blueberry (15)

ブルーベリーを収穫してお会計をしているときに、冷たくて美味しい麦茶をいただきました。(容器がかわいい!)

宅配サービス

blueberry (16)

宅配サービスもあるので、収穫したブルーベリーを発送してもらうことができます。

蚊に刺されませんでした

blueberry (10)

ハウスの中でのブルーベリー狩りなので、蚊に刺されることがなく快適でした。

もちろん地獄のような暑さでしたが、天井がネットになっていることと、ブルーベリーの木のおかげで、息苦しさは感じませんでした。

2019年はいつまで開園予定?

2019年は、8月末まで開園しています。

行く前に電話して、熟したブルーベリーが成っているか、確認するのをオススメします。なぜなら、来園者が多かった場合、大量に収穫されてしまうので、せっかく行っても熟していない実しかない場合があるからです。

私たちは、8月の土曜日、朝10時に行ってブルーベリーの木を見た印象は「あまり熟していないかも」でした。

まだ時期が早かったのかしらと思ったのですが、農家さんに後から聞いた話では、わたしたちが到着する前に、おばさま達が結構な量を収穫していったみたい。

おすすめの時間帯

開園時間の9時に行くのがおすすめです。なぜなら、とにかく暑い!暑すぎるからです。

また、前の章でお話したように、私たちのように2番手、3番手になると、熟した実を収穫するのに手間取るからです。

ブルーベリー狩りへ行くときの服装と持ち物は?

blueberry (21)

ブルーベリー狩りは、毎年気候によって前後しますが、6月下旬から8月下旬の2か月ほど楽しめます。

カンカン照りのお日様の下でブルーベリーを摘むので、とにかく暑くて汗びっしょりになりました。

今回私が持って行ったものです。

・帽子
・水筒
・手ぬぐい
・虫よけスプレー

ブルーベリー狩りは、ある意味「農作業」と同じですから、帽子と水筒は、必ず持っていったほうがいいですね。

blueberry (7)

雨が降った翌日は、通路がぬかるむ可能性があるので、運動靴のほうが良いかも。

今回の収穫

blueberry (20)

おおよそ30分で、二人で1.8キロ収穫しました。

今回のお会計は、3,800円(うち入園料 2人×100円)でした。

半分冷凍保存にして、残りは生で食べたり、ジャムや、アイスクリームを作ろうと思っています。

まとめ

blueberry (17)

千葉県印西市にあるブルーベリー狩りができる「恩田農園」をご紹介いたしました。

「入園料が100円」で、「収穫の時間制限もなく」、「摘みながら食べられる」ので、たいへんお得なブルーベリー狩りができます。

毎日暑い日が続きますので、熱中症対策を万全にして、足を運んでみてくださいね。

コメント