スポンサーリンク

キャベツのコンパニオンプランツ|害虫忌避・生長促進に効果的な野菜と雑草

cabbage

キャベツのコンパニオンプランツは「レタス」が良いと言われています。

キャベツのそばにレタスを植えて一緒に育てますと、モンシロチョウやコナガはレタス独特の香りを嫌がって寄り付かなくなり、アオムシの被害が少なくなります。

ところで、レタスの他にもキャベツのコンパニオンプランツがあることをご存知でしょうか?

それらは害虫忌避、土を肥沃にしてキャベツの生長を促進する効果があると言われています。

野菜だけでなく、畑に生える雑草もコンパニオンプランツになりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

1.キャベツのコンパニオンプランツ「ソラマメ」

soramame

ソラマメやエンドウは、キャベツのコンパニオンプランツになります。

キャベツがソラマメの寒風よけに

農学博士の木嶋利男先生の本によりますと、ソラマメの種まきが遅れた時にキャベツを一緒に育てると特に効果が発揮できるのだそうです。

年越し前にソラマメの苗が大きくなってしまうと、凍死のリスクが高くなると聞いたことはありませんでしょうか。

私は今年初めてソラマメ栽培に挑戦していますが、同じ畑を借りているおじいさんに、ソラマメはよく根が付かないうちに寒風や霜にあたると苗が凍死してしまうと聞いて、ドキドキしているところです。

寒風対策として、おじいさんは葉の付いたササの枝をソラマメの苗の周りにさしていますが、この方法は家庭菜園でよく見かけますね。

ソラマメの植え付けが遅れたときがチャンス!

cabbage,soramame

木嶋利男先生によりますと、春どりキャベツの株の間にソラマメを植えることで、ソラマメが寒さをしのぐことができ、根っこをしっかり張らせることもできるとのことです。

私は関東在住で、ソラマメの植え付け時期には遅い11月上旬~12月上旬にソラマメの苗をキャベツの株の間に植え付けました。

上の写真は4月上旬の春キャベツとソラマメです。

ソラマメの本葉1.5枚のときに根の先端を切って植えつけますと、根っこの張りが良くなります。また、わき芽も多くでるので、たくさんの収穫が期待できます!

根粒菌が土を肥沃に!

peas

マメ科の野菜は、土を肥沃にする働きがあります。ソラマメもマメ科ですので、その効果が期待できます。

翌春になるとソラマメは、根っこに共生する根粒菌によって土が肥沃になりますので、キャベツの生育を促します。

害虫と天敵を呼ぶ効果

onion-companions

アブラムシが付くのでソラマメを栽培するのを敬遠される方もいらっしゃるほど、ソラマメはアブラムシが付きやすい野菜ですね。

キャベツとソラマメを一緒に育てるとアブラムシがやってきますが、テントウムシなどの天敵もやってきますので、キャベツのアブラムシを防いでくれる効果があると言われています。

寒風よけだけなら、冬どりキャベツでもOK

cabbage

春どりキャベツとソラマメを一緒に育てますと、翌春の収穫までお互い助け合いながら育ってゆきます。

単にソラマメの風よけにしたいだけの場合は、9月に植え付ける「冬どりキャベツ」を使うこともできます。

方法は、キャベツの根っこを抜かずに外の葉っぱを5枚程度残して、その株元にソラマメを植え付けるだけ。

キャベツの葉っぱが風よけになってくれます。

なおキャベツの根を抜かずにそのまま春まで育てますと、キャベツのわき芽が成長して、こぶし大のキャベツが2~3個収穫できる場合があります。

2.キャベツのコンパニオンプランツ「ハコベ」

cabbage-companionplants,Plantain

キャベツのコンパニオンプランツは、畑に生える雑草も有効です。

木嶋利男先生は、「ハコベ、シロツメクサ」がキャベツの生長をサポートする優れた植物とおっしゃっています。

天然のマルチ「ハコベ」

ハコベは秋から春に生える雑草で、春の七草にも入っていますね。

ウネにキャベツの苗を植えて、ハコベのタネをまきます。

すると10月の終わり頃、ハコベは一斉に芽を出してウネや通路を覆い、マルチのようになります。

ハコベを刈り取らずにそのまま生やしてキャベツと一緒に育てますと、土に冷たい風が当たらないので保温・保湿されて、キャベツがよく育ちます。

土が肥沃になる効果

ハコベが生える土はキャベツがすくすく育ちます。

なぜなら冬の間も土が使われることで、微生物相が豊かになり土が肥沃になるためです。

背丈が高くなったら刈り込み

ハコベの草丈が高くなってキャベツの外葉を覆うようになってきましたら、カマなどで短く刈り込んで、キャベツの葉を日によく当てるようにします。

3.春植え夏どりキャベツは「シロツメクサ」

cabbage-companionplants

春植え夏どりのキャベツは、地表をおおうように生えるシロツメクサ(白クローバー)をマルチ代わりにすると有効です。

マメ科の特性を活用

シロツメクサはマメ科の植物ですので、土を肥沃にする効果があります。

また、益虫のすみかになりますのでキャベツに付きやすいアブラムシなどの害虫を食べてくれる効果もあります。

背丈が高くなったら刈り込み

シロツメクサがキャベツを覆うような草丈にのびましたら、短く刈り込んでキャベツの葉に日をよく当てます。

再生能力が高いので気を付けたい

シロツメクサを利用するときは11月にタネをまきます。すると、1年を通して地表を覆います。

シロツメクサは一度根付くと、草取りをしても根っこから再生してどんどん繁殖してゆきます。

雑草化すると管理が面倒になるかもしれませんので、育てる範囲を限定しておくとよいでしょう。

まとめ

cabbage-companionplants

キャベツのコンパニオンプランツ、「ソラマメ・エンドウ」「ハコベ」「シロツメクサ」をご紹介いたしました。

農学博士の木嶋利男先生によりますと、キャベツは近くで生長する野菜や雑草と相性が良いそうです。

このタイプを「共栄型」と呼ぶそうです。

反対にハクサイは「排除型」で、周囲に野菜や雑草を植えてもほとんど育たないそうです。

畑に生える雑草は除草がとても厄介ですが、キャベツの近くにハコベやシロツメクサが生えてきたら除草しないで一緒に育ててみると面白いかもしれませんね。

[関連記事]

キャベツのコンパニオンプランツは?キク科の野菜で害虫を寄せ付けない!

キャベツの病害虫対策|かかりやすい病気と予防法、害虫を寄せ付けないポイント

お役立ち!「コンパニオンプランツ一覧表」効果・組み合わせ方法をご紹介します

[参考文献]

育ちがよくなる! 病害虫に強くなる! 植え合わせワザ88 決定版 コンパニオンプランツの野菜づくり

コメント