スポンサーリンク

トウモロコシのアワノメイガ対策|意外にシンプルな3つの方法をご紹介いたします

sweetcorn,edamame (20200705)

アワノメイガの幼虫にトウモロコシを食害されない3つの対策をご紹介いたします。

トウモロコシはアワノメイガという蛾の仲間が卵を産み付け、幼虫が実を食べてしまいます。

その対策は意外にシンプルで、「雄花を切り取ること」と、「トウモロコシの種まきの時期をずらすこと」「コンパニオンプランツと栽培すること」です。

残念ながらトウモロコシは茎や実にアワノメイガの幼虫が入り込みますと、農薬をほどこしても効果はありません。

今回ご紹介します方法は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されているアワノメイガ対策ですのでご参考になさってください。

スポンサーリンク

トウモロコシにつくアワノメイガの3つの対策

雄花を切り取る対策

corn-5

蛾の仲間であるアワノメイガはトウモロコシの花粉に誘引されます。

雄花(雄穂=ゆうすい)をカットしますとアワノメイガは寄ってこなくなります。

雄花をカットするタイミング

corn-7

トウモロコシの雄花が出はじめて実のヒゲが出そろいましたら切り取って、雌花に人工受粉をします。

ほかのトウモロコシに雌花(ヒゲ)が出ていましたら、同じ雄花で一緒に受粉してあげましょう。

受粉用の雄花を残す対策も

農学博士の木嶋先生は、トウモロコシを収穫するために一部を受粉用に残し、あとの雄花を切ってしまうとよいでしょう。と、おっしゃっています。

トウモロコシ10本中、1本の割合で雄花を残しておくだけで良いそうです。

栽培時期をずらす対策

sweetcorn,edamame (20200516)

アワノメイガの発生時期は6月~8月で、この間に3回ほどピークがきます。

そこでトウモロコシを「早まき」「遅まき」で栽培しますと、雄花の開花時期とアワノメイガの飛来時期が重ならなくなります。

早まきする時期

3月中旬に育苗し、4月中旬に苗を植え付けます。

遅まきする時期

7月下旬から8月上旬にタネまきをして育てます。収穫時期は11月になりますが、糖度の高いトウモロコシを収穫することが出来ますので、木嶋先生は遅まきをオススメされていらっしゃいます。

コンパニオンプランツと栽培する対策

sweetcorn,edamame (20200617-4)トウモロコシとエダマメ

sweetcorn,edamame (20200608)-1トウモロコシとつるありインゲン

トウモロコシをコンパニオンプランツと混植しますと、アワノメイガを忌避することが出来ます。

トウモロコシのコンパニオンプランツはエダマメ、インゲン(つるあり・つるなし)などで、マメ科の作物はアワノメイガを寄せ付けない効果がありますので、私もトウモロコシとエダマメ・インゲンと一緒に栽培しています。

まとめ

sweetcorn,edamame (20200617-4)

トウモロコシにつくアワノメイガの3つの対策をご紹介いたしました。

アワノメイガはトウモロコシの雄花の香りに誘引されますので、雄花が開花して実のヒゲが出そろったタイミングでカットして人工受粉をしますとアワノメイガが近寄らなくなります。

またアワノメイガの飛来時期をさけて、早まき・遅まきで栽培する方法もおすすめです。

なお、トウモロコシをエダマメやいんげんと一緒に育てますと、アワノメイガ対策になるばかりでなく、エダマメを食害するカメムシ対策にもなりますし、同じ空間で夏の定番野菜を複数収穫できるメリットもあります。

アワノメイガ対策は意外にシンプルな方法ですので、おためしになってみてくださいね。

[関連記事]
とうもろこしのコンパニオンプランツ栽培|害虫忌避・生育促進に効果的な8つの野菜

[参考文献]

created by Rinker
¥1,287 (2020/10/21 14:16:29時点 Amazon調べ-詳細)
B07F2DXKBG

コメント