PR
スポンサーリンク

お勧めのグランドカバー|クリーピングタイムの増し方|繁殖状況レポート

creeping thyme kj

ちいさな植木鉢で育てていたクリーピングタイムを、少しずつ増やしております。

引越しをして一年。ずいぶん繁殖して、露出している庭の土を覆うようになってきました。

個人の感想ですが、グランドカバーをクリーピングタイムに選んでよかったと思っております。

今回は、クリーピングタイムの増やし方、わが家の繫殖状況をレポートいたします。

スポンサーリンク

クリーピングタイムのメリットとデメリット

クリーピングタイムを実際に育ててみた感想(メリットとデメリット)を、ご紹介いたします。

クリーピングタイムのメリット

creeping thyme kj

・地面を這うように伸びますので、グランドカバーにぴったりです。
・ミントのように根張りが強くないので、ペリっと剥がして他の土へ移植するのが容易です。
・移植しやすいため、繁茂しすぎて困ることは今のところありません。
・細い茎ですが移植しても水分を保てば萎れることは殆どないようです。
・他の草の増殖を抑える効果があるようです。

creeping thyme kj5

クリーピングタイムの中に他の草が生えても、抜きやすいです。

クリーピングタイムのデメリット

茎や根が繊細ですので、強くひっぱると切れてしまうことです。

クリーピングタイムの増やし方

クリーピングタイムの増やし方は、根っこごと茎を抜き取り、増やしたい場所にギュっと押し付けて保湿するだけです。

乾燥に弱いので、移植後しばらく根付くまで、水やりすると良さそうです。

クリーピングタイムの繁殖状況レポート

2024年5月

20230531thyme

5月の庭の様子です。

昨年(2023年)の春、当地に引越しをしてきた時は、当然ながら土だけの庭でした。

昨年の秋に少しずつ植えたクリーピングタイムは繁殖し続けております。

まだまだ土の部分のほうが広い状況ではありますが、約半年でここまで増えたのには驚きました。

ご参考:クリーピングタイムについて

匍匐性(ほふく)のタイム

creeping thyme kj

クリーピングタイムは、匍匐性ほふくせいのタイムです。

匍匐ほふくは、クリーピング(creeping)=「這うはう」という意味です。

その名の由来とおり、クリーピングタイムは地面を覆うように生長します。

ちなみに、タイムは大きく分けて、クリーピングタイムのような「匍匐性」と、茎が立ち上がる「直立性」のアップライトタイムと二分することができます。

クリーピングタイムの原産地

creeping thyme kj3-2

クリーピングタイムの原産地はヨーロッパと言われています。

クリーピングタイムの和名

ibukijakouso kj

すがた形が、日本のイブキジャコウソウに似ていることから、和名は西洋息吹麝香草(セイヨウイブキジャコウソウ)と呼ばれています。

まとめ

creeping thyme kj2

おすすめのグランドカバー「クリーピングタイム」を、ご紹介いたしました。

クリーピングタイムの増やし方は簡単で、根っこごと茎を抜き取り、植え付けたい土にギュっとおしつけるだけです。

わが家の庭がクリーピングタイムに覆われることを夢見て、引き続きレポートいたします。

参考サイト:GKZ植物辞典

スポンサーリンク
お花キッチンガーデンのことハーブ
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク