スポンサーリンク

塗るだけ簡単!DIY初心者でも出来ました|アンティーク調の小物の作り方

diy-7-1

プロの職人さんに教えていただいた 初心者でも簡単に出来るDIYをご紹介いたします。

その方法は「オイルで塗るだけ」の簡単でハードルが低い作業です。

わが家は古い道具が多く、年月が経っていない白木の箱などが浮いてしまい、どうも部屋になじまないと思っておりました。

私のような超初心者でも簡単にアンティーク調の小物に変身させることが出来ましたので、参考になさってみてください。

スポンサーリンク

アンティーク調の小物の作り方

今回 初めて木製のフタと箱をアンティーク調にしてみました。

様々な工程を要すると思っていましたが、プロの職人さんにオイルを塗るだけの簡単DIYを教えていただきました。

この度DIYしたもの

diy

・左 木製の壺のフタ
・右 木製の箱2つ

使用した道具

diy-3

・ワトコオイル(WOOD FINISHING OIL)
・ハケ
・空き缶(オイルを入れる容器にします)
・ゴム手袋、軍手など
・新聞紙
・使い古しの布(仕上げに磨きます)

手順

布でオイルを塗りたいものを拭き、ホコリを落とします。

diy-4

オイルを振ります

diy-5

容器を十分に振って、よく混ぜます。

空き缶にオイルを注ぎます

diy-6

オイルを塗ります

diy-7

オイルをハケでたっぷり塗ります。

ムラなどは気にせず、まんべんなく塗りました。

15~30分乾燥させます

diy-8

布で拭き取り、さらに乾燥させます

diy-9

ウエス等でよく拭き取り、常温で12~24時間乾燥させて完成です♡

完成品

diy BERORE

diy-10AFTER

オイルを塗っただけで、DIY初心者でもアンティーク調の小物に作り変えることが出来ました♡

diy-11

キッチンで浮いていた木の箱も落ち着いた色に仕上がりました。

初めてのDIYで気づいたこと

ハケについて

diy-12,brush

ハケは空き缶の口にすっぽり入る幅が良さそうです。

また、ハケの毛はやわらかめがオススメです。なぜなら硬めの毛は小物の端を塗る際、ピシっとよそに飛び散る場合があるためです。

diy-13,brush

細かいところは、歯ブラシを使うと塗りやすいと思います。

手袋で汚れ防止

gloves,

箱をひっくり返しながらオイルを塗りますので、手袋をはめるのがオススメです。

オイルが手袋に付着すると落ちなくなりますので、処分しても構わないものをお使いになってくださいね。

なお、今回使用したワトコオイルは手に付いても手洗いすれば簡単に落ちました。

アンティーク調に仕上がるワトコオイル

diy-2

今回使用したオイルは木材専用で、カラーもいろいろありました。

わが家はダークな色(エボニー W-10)を選びましたが、もう少し明るいカラーでも良かったかなと思っています。

まとめ

diy,matsushiroyaki-14

プロの職人さんに教えていただいた 初心者でも簡単に出来るDIYをご紹介いたしました。

一見、DIYはハードルが高そうですが、木材専用のオイルで塗るだけの簡単な作業で アンティーク調の小物に変身します。

あなたも気軽におためしになってみてくださいね。

[ご紹介アイテム(1リットル)]

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥2,863 (2021/08/01 19:15:32時点 Amazon調べ-詳細)
B00OR5OAPK
スポンサーリンク
キッチン用品・生活雑貨暮らしのこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ