スポンサーリンク

毎年レポート|枝豆の緑化・摘心・断根に挑戦しました

20210512_edamame-14

園芸家の深町貴子さんが紹介されている、「枝豆の緑化・摘心・断根」に今年初めて挑戦いたしました。

この栽培は、うまくいくと 収量が2倍に増えるという大変魅力的な方法です。

今年から毎年レポートしてゆく予定ですので、参考になさってください。

スポンサーリンク

枝豆の緑化・摘心・断根について

野菜の中でも枝豆は比較的、容易に育てられる部類に入るほうではないかと思います。

一般的に枝豆の栽培は、ポリポットやプランター、畑のウネに直接種をまき、株元に土を寄せ、花が咲いたら水やりを多めに行いますが、今回挑戦する方法は、園芸家 深町貴子さんが紹介されているもので、少しだけ手をかけて栽培します。

・枝豆が発根したタイミングで陽の光に当てる「緑化」
・緑化した種の双葉から出てきた本葉をカットする「摘心」
・伸びた根を切断する「断根」

これら3つの作業を行いますと、マメの収量が二倍になると言われています。

2021年レポート

用意するもの

・エダマメ
・ポリポット
・不織布
・種まき用の土
・水

下準備

20210621_edamame,ryokka,tekishin,dankon-0★

ポリポットに種まきする場合、不織布をポットの口より少し大きめにカットしておきます。

枝豆は、種まきをした後 発芽するまで水やりをし続けますと、種が腐りやすくなりますので、種をまく前に土に水をかけてしっかり湿らせておきます。

1.枝豆の緑化

20210621_edamame,ryokka,tekishin,dankon-4 (★)

 

種まき用の土に水をたっぷりかけた後、枝豆の種をまきます。

通常、ポリポットに3粒ほどまき、状態のよい苗を2本残して(間引きして)育ててゆきますが、この栽培は間引きの必要がないため2粒ずつまきました。

20210621_edamame,ryokka,tekishin,dankon-5 (★)

種をまいた上に、カットした不織布を載せます。

20210621_edamame,ryokka,tekishin,dankon-6 (★)

不織布の上に土をやさしくかけます。

20210621_edamame,ryokka,tekishin,dankon-7 (★)

20210621_edamame,ryokka,tekishin,dankon-8 (★)

これで本日の作業は終わりです。発根するまで数日間待ちます。

20210621_edamame,ryokka,tekishin,dankon-10 (★)

雨にさらされないよう軒下におきました。また、鳥に食べられないようガードもしました。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

種をまいて3日後、ポリポットの土がメリっとひびが割れました。

枝豆の種が水分を含み、発根してきたようです。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon-3 (★)

根が出ていました♡

次は、種を「緑化」させます。

緑化の方法は、不織布と上に載せた土を別の場所に移し、種を日光に当てます。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon-4 (★)

緑化を行った当日は、梅雨のさなかで曇天でしたが、それでも わずかな明るい太陽の光を当てました。

なお、緑化させる時間について、深町さんは4~5時間とおっしゃっていましたが、曇りだったため朝9時から午後3時頃まで行ってみました。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon-7 (★)

心なしか、種が朝より緑色になったように見えます。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon-8 (★)

緑化が終わりましたら、土を種の上に覆います。

この時、不織布はもう必要ありませんので 取り除きます。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon-9 (★)

不織布は取り除いて、土のみ覆いました。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon-10 (★)

緑化した種に土を覆い、今度こそ発芽まで待ちます。

この時も、水やりは行いません。

20210624_edamame,ryokka,tekishin,dankon-11 (★)

ふたたび、鳥対策です。

20210626_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

緑化を行った2日後に、発芽しました♡

20210629_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

今回は、梅雨の時期に種をまいたため、芽が日光にほとんど当たっていませんので、著しく徒長(とちょう)してしまいました。

徒長は、日照不足などが原因のようですね。

枝豆の摘心と断根

20210629_edamame,ryokka,tekishin,dankon-2 (★)

数日後、双葉から本葉が出ましたので、摘心と断根を同時に行います。

20210629_edamame,ryokka,tekishin,dankon-4 (★)

上記の苗を「摘心・断根」します。

20210629_edamame,ryokka,tekishin,dankon-5 (★)摘心

20210629_edamame,ryokka,tekishin,dankon-6 (★)断根

摘心は、双葉のすぐ上の胚軸をカットします。

断根は、根の部分を根こそぎカットします。

20210629_edamame,ryokka,tekishin,dankon-7 (★)

こちらが摘心と断根を行った苗です。可愛らしいですね。

これをポリポットに挿します。

※ この時、ポリポットの土を水で湿らせておきます。

20210629_edamame,ryokka,tekishin,dankon-11 (★)

1ポットに、苗を2本挿してゆきます。

農学博士の木嶋先生によりますと、枝豆は1本より2本で育てるほうが、根が良く張り旺盛に育つのだそうです。

20210707_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

摘心と断根を行ってから、8日経ちました。

双葉の上に新しい芽が2本生えているのがお分かりになりますでしょうか。

摘心を行いますと、通常1本の主枝が 2本に分岐しますので、マメの収量が増えます。

20210713_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

摘心・断根から2週間経ちました。

日照不足でヒョロヒョロしていますが、定植できる程度まで生長しました。

20210713_edamame,ryokka,tekishin,dankon-2 (★)

双葉の上から2本出ているのがお分かりになりますでしょうか。

枝豆の神秘ですね。

枝豆苗の定植

20210713_edamame,ryokka,tekishin,dankon-3 (★)

緑化・摘心・断根を行った枝豆の苗を定植します。

根をそっくりカットしたにもかかわらず、これだけ伸びていました。

20210713_edamame,ryokka,tekishin,dankon-5 (★)

苗を植え付ける時、双葉を土に埋め込み、たっぷり土を寄せました。

このようにすることで、枝豆は茎から側根が出ますので、旺盛に育つのだそうです。

20210723_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

枝豆の花が咲きました。

花が咲いたタイミングにたっぷり水やりを行いますと、実の付きがよくなります。

枝豆の収穫1

20210720_edamame,ryokka,tekishin,dankon-2 (★)

サヤが膨らみましたので、収穫しました。

20210720_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

上の画像は、左が「普通栽培」で、右が「緑化・摘心・断根を行ったもの」です。

実の付きが判りやすいように、葉をすべて取り除いています。

梅雨の時期に栽培したため、どちらも色つや・実の付きが良くないのですが、「緑化・摘心・断根」のほうがたくさん実が付いているように見えますね。

20210720_edamame,ryokka,tekishin,dankon-4 (★)

左が普通栽培、右が緑化・摘心・断根です。

わずかながら、緑化・摘心・断根のほうが実の付きが良い結果となりました。

枝豆の収穫2

別の日に収穫したものをレポートいたします。

20210821_edamame,ryokka,tekishin,dankon★

枝が二股に分かれているのが、お分かりになりますでしょうか。

20210821_edamame,ryokka,tekishin,dankon-2★

今回も、実の付きが良くありません。

20210824_edamame,ryokka,tekishin,dankon-3★

左が「緑化・摘心・断根」の苗、右が普通に栽培したものです。

20210824_edamame,ryokka,tekishin,dankon-4★

今回は、普通に栽培した株(右)のほうが収量がありました。

枝豆の緑化・摘心・断根を行った感想

2021年

20210720_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

2021年、初めて 枝豆の「緑化・摘心・断根」に挑戦いたしました。

行った時期が梅雨でしたので、日照不足により苗が徒長し、ウネに植え付けた後も成長が悪く、全体的に実の付きがよくありませんでした。

普通栽培の枝豆と、「緑化・摘心・断根」の枝豆の どちらがたくさん収穫できたかをご報告するのに今年は乏しいデータとなりましたので、来年は4~5月に種まきしたものにてご紹介できればと考えております。

-来年の抱負-
晴天が日続くシーズンに行います。

まとめ

20210707_edamame,ryokka,tekishin,dankon (★)

園芸家の深町貴子さんが紹介されている、「枝豆の緑化・摘心・断根」に挑戦いたしました。

今年は日照不足の梅雨の時期に行ったためだと思うのですが、苗の生長に勢いがなく、期待する収量に至りませんでした。

来年も挑戦して、このページにてご報告したいと思っております。

[関連記事]

収量が2倍に増える!エダマメの摘心と断根の方法をご紹介いたします

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ