スポンサーリンク

呉汁のような美味しさ!なす豆乳の味噌汁レシピ

eggplantrecipi_gojiru (10)

なすの季節になると、毎日のように我が家で頂いている「なす豆乳の味噌汁」レシピを、ご紹介いたします。

呉汁のような美味しさをお楽しみいただけると思いますので、なすの美味しいシーズンにおためしになってみてください。

スポンサーリンク

なす豆乳の味噌汁レシピ(2杯分 調理時間 15分)

用意するもの

・なす1本
・粉末だし(味噌汁2杯分)
・豆乳 お椀1杯分
・水 お椀1杯分
・油 大さじ2杯
・味噌 大さじ2杯

なす豆乳の味噌汁の作り方

1.お椀に豆乳と水を1杯ずつ入れます。

eggplantrecipi_gojiru (1)

2.皮をむいたなすを小鍋に入れ、油大さじ2杯を加えます。そして、火をかける前に、お玉や菜ばしなどで、なすに油をなじませます。

なすは油を多く吸いますので、油は多めにお使いになってみてください。

eggplantrecipi_gojiru (2)

3.小鍋を弱火にかけて、なすをジワジワと焼きます。何度もひっくり返すと小鍋になすがくっつきますので、様子を見ながら裏返して焼き目をつけます。このあと、だし汁で煮ますので、なすは完全に火が通らなくて大丈夫です。

eggplantrecipi_gojiru (3)

後ほどだし汁で煮ますので、軽く焼き目が付く程度でOKです。

4.なすに焼き目が付いたら、粉末だし(今回は茅乃舎だしを1/2袋)を入れます。

eggplantrecipi_gojiru (4)

5.お椀に入れた水1杯を小鍋入れて、なすに火が通るまで弱火で煮ます。火が強いとすぐに煮詰まってしまいますので、コトコト煮ます。

eggplantrecipi_gojiru (6)

6.なすに火が通ったら、いったん火を止めて、お椀に入れた豆乳を小鍋に入れます。

eggplantrecipi_gojiru (8)

7.空になったお椀の中に、味噌大さじ2杯を入れておきます。

eggplantrecipi_gojiru (9)

8.小鍋を再び火にかけて、沸騰する直前で火を止めます。豆乳は沸騰すると吹きこぼれてしまいますので、気を付けてくださいね。

9.お椀の中に入れた味噌を小鍋に入れて、やさしくかきまぜます。

10.出来上がりました。なす豆乳の味噌汁をお楽しみください。

eggplantrecipi_gojiru (10)

ご参考「呉汁(ごじる)」について

「呉汁(ごじる)」という食べ物をご存知でしょうか?

一晩水に漬けた大豆をすり潰したものを「呉(ご)」といいます。

それに出汁と味噌でいただく郷土料理です。

今回ご紹介したなす豆乳の味噌汁は、豆乳を使いましたが、大豆からお作りいただくこともできます。

まとめ

eggplant

なすの季節になると、毎日のように我が家で頂いている「なす豆乳の味噌汁」レシピを、ご紹介いたしました。

呉汁風の美味しさをお楽しみいただけると思いますので、なすの美味しいシーズンにおためしになってみてください。

スポンサーリンク
料理のレシピ野菜食のこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク
カジトラ