スポンサーリンク

なすと豆乳の呉汁風レシピ|茅乃舎だしで極上の美味しさに。

eggplantrecipi_gojiru (10)

なすの季節になると、我が家で毎日のように頂いている「なすと豆乳の呉汁風」レシピをご紹介いたします。

「呉汁(ごじる)」という食べ物をご存知でしょうか?

一晩水に漬けた大豆をすり潰したものを「呉(ご)」といいます。それに出汁と味噌でいただく郷土料理です。

きょうご紹介する作り方は、夫の母から伝授された呉汁をちょっとアレンジして(手抜きして笑)、豆乳を使います。

また、出汁を茅乃舎だしを使うことにより、それはもう極上の汁になります。

とても簡単で、美味しく作ることが出来ますので、なすの美味しいシーズンにお試しください。

スポンサーリンク

なすと豆乳の呉汁風レシピ

eggplantrecipi_gojiru (1)

2杯分 調理時間 15分

用意するもの

食材

・なす1本
・茅乃舎だし(あご、煮干しなど)1/2袋
・豆乳 お椀1杯分
・水 お椀1杯分
・サラダ油 大さじ1杯
・味噌 大さじ1杯

主な道具

・小鍋 1個
・お椀 2個

茅乃舎だしに塩味があるので、お味噌の量は少なめでOKです

作り方

1.お椀に豆乳と水を1杯ずつ入れます。

2.なすの皮をむいて、小鍋に入れます。そこにサラダ油を大さじ1杯いれて、お玉でなすに油をなじませます。

eggplantrecipi_gojiru (2)

3.小鍋を弱火にかけて、ジワジワと焼きます。何度もひっくり返すと小鍋になすがくっつきますので、様子を見ながら裏返して焼き目をつけます。

eggplantrecipi_gojiru (3)

後ほど水で煮ますので、軽く焼き目が付く程度でOK。

4.なすに焼き目が付いたら、茅乃舎だしを1/2袋、中身を出して入れます。

eggplantrecipi_gojiru (4)

5.お椀に入れた水1杯を入れて10分ほど弱火で煮ます。火が強いとすぐに煮詰まってしまいますので、コトコト煮るイメージです。

eggplantrecipi_gojiru (6)

もし、水が足りないようでしたら、少しだけ追加してください。

6.なすに火が通ったら、いったん火を止めて、お椀に入れた豆乳を入れます。

eggplantrecipi_gojiru (8)

7.空になったお椀の中に、味噌大さじ1杯入れておきます。

eggplantrecipi_gojiru (9)

8.小鍋を再び火にかけて、沸騰する直前で火を止めます。豆乳は沸騰すると吹きこぼれてしまいますので、気を付けて。

9.お椀の中に入れた味噌を小鍋に入れて、やさしくかきまぜます。お椀の味噌と、小鍋の汁で味噌を伸ばしておくと、楽ですよ。

10.出来上がりました。茅乃舎の出汁が効いた、絶品のなすの豆乳呉汁風をお楽しみください。

eggplantrecipi_gojiru (10)

なすは油を多く吸いますので、炒める油は多めに。鍋にくっつくことなく作ることができます。

まとめ

eggplant

茅乃舎のだしを使って、なすと豆乳の呉汁風レシピをご紹介いたしました。

茅乃舎だしは、化学調味料とちがって「味がぼやける」ことはありません。これが普通のお汁と、極上のお汁と大きく異なるところです。

わが家は、なすのシーズンになると、ほぼ毎日頂いているほど大好物な料理です。

・お椀に水と豆乳を入れて作ると、余ることなくいただけます。
・なすと油の相性はばつぐんですが、油を吸いやすいので気持ち多めで調理してみてください。
・豆乳は沸騰すると吹きこぼれますので、気を付けて。

絶品のなすと豆乳の呉汁風、おためしください。

created by Rinker
茅乃舎
¥2,200 (2020/07/05 17:15:01時点 Amazon調べ-詳細)
B00UG9X98U
created by Rinker
茅乃舎
¥2,290 (2020/07/05 17:15:02時点 Amazon調べ-詳細)
B014IWWQD4

 

コメント