スポンサーリンク

映画「誰が為に鐘は鳴る」名優 ゲーリー・クーパーのファッションに注目せよ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ポイントブランク(@pointblk)がシェアした投稿

名優ゲーリー・クーパーの映画「誰が為に鐘は鳴る」は、ヘミングウェイ原作の、スペイン動乱を舞台にした大作だ。

1930年代に繰り広げられたドイツとイタリアが支援するフランコ政権のファシスト派と共和派との内戦の際、共和派に加わったわれらがクーパー扮するアメリカ軍人の物語である。

ここにイングリッド・バーグマンの共和派の娘との恋愛物語が重なり、壮大なスケールとなっている。

物語の展開は実際にご覧いただくことにして、今回はクーパーのファッションについてお話しよう。

スポンサーリンク

西部劇を彷彿とさせる映画「誰がために鐘は鳴る」

For Whom the Bell Tolls

ゲーリー・クーパーのファッション

ゲーリー・クーパーのファッションに注目していただきたい。

登場早々これは西部劇か?と勘違いする様な「いで立ち」である。

ベージュのシャツとパンツ。幅広のハットと腰にはガンベルトに回転式拳銃を下げている。自動式拳銃ではないところがポイントだ。

シャツのエポーレットと上に羽織るB-3ボマージャケットで、ようやく軍人であると判かるが、これでもまだ、正式な軍人の格好ではない。

それには道理があることにお気づきになる方がおられれば喝采。

そう。

欧米の正規軍はこの動乱には参戦しておらず、義勇兵としての参戦であったことが、クーパーのファッションに如実に表現されていたのだ。

まとめ

有る1つだけの視点から鑑賞すると、名作映画は大変 奥が深い。

その後、我が国が何の思想的闘争も無く、挙国一丸となってファシズムの力を借り大戦に突入して行ったことを考えると非常に感慨深くなる。

現在Amazonプライムで無料視聴できるので、この名作をご覧になっていただきたい。

Amazonプライム【30日間無料体験】