スポンサーリンク

おすすめ本|桧山タミさん「いのち愛しむ、人生キッチン」から人生を学ぶ

いのち愛しむ、人生キッチン

桧山タミさんの著書「いのち愛しむ、人生キッチン」について、ご紹介いたします。

90歳を超えても、元気に台所仕事をされる桧山タミさんのピリリとスパイスの効いた言葉は、心と身体が疲れているときに しみ入ります。

あなたも、この本で「なにか」を感じていただければ、嬉しく思います。

スポンサーリンク

桧山タミさんについて

1926年、福岡県生まれ。日本の料理研究家の草分けと知られる故・江上トミ先生の愛弟子として、戦前・戦後を通じて学ぶ。

戦後、江上先生とヨーロッパ各国を巡った研修旅行を皮切りに、その後も折々に海外へと出向き、世界の料理の歴史や食材への見識を深める。

39歳で独立後、52歳で現在の「桧山タミ料理塾」を開設。素材にこだわり、愛情と自然の恵みを大切にする心が息づいた、昔ながらの日本の家庭料理を教える。

現在も「タミ塾」「桧山塾」の愛称で活動をつづけ、家庭料理とともに生活者としての知恵や心がけを塾生に伝える。

20代から70代まで幅広い層の生徒が通い、今日も台所に立つたくさんの女性を勇気づけている。

引用 文芸春秋「いのち愛しむ、人生キッチン」

料理家、桧山タミさんは、御年95歳で、今でも現役でお仕事をされていらっしゃるようです。

結婚された6年後に医師だったご主人が他界。それから、2人の息子さんを、懸命に育てられました。

そしてタミさんは、恩師である料理家 江上トミさんと、ヨーロッパを回りはじめます。その際、貯金のすべてを使い、出発したのだそうです。

それから 80代後半になられるまで、世界各国へ食べ物の冒険をされていました。

江上トミさんから独立したタミさんは、自宅で料理教室を始めます。

当初は おもに西洋料理を教えていましたが、46歳で高級西洋料理をやめ、からだに良い、「日本の家庭料理」の指導に切り替えて、52歳で「桧山タミ料理塾」を開講されました。

それから40年、現役で台所に立たれています。

レシピがない、桧山タミさんの料理

「いのち愛しむ、人生キッチン」は、レシピがいくつか掲載されてが、実際のタミさんの教室は、レシピというものが存在せず、当日のお天気、生徒さんの体調、教室にある食材で、「さて今日は、何を作ろうかね?」と、始まるのだそうです。

その心は、「考える力」を養うため。

タミさんの教室は、料理だけではなく、多くの学びがありそうですね。

桧山タミさんの言葉

「旬のものを食べなさい」

季節の食材を食べることは、わたしたちのからだが、次の季節を迎える準備をするために、とても重要なんです。

引用 いのち愛しむ、人生キッチンより

「春のたべものは、冬にたまった体の毒素を出してくれる。だから苦味があるのよ。」と、タミさんはおっしゃいます。

タミさんの言葉は、私の母と重なります。

春先になると、私の母は フキ味噌、ウドの酢味噌、タラの芽の天ぷらなどを作ってくれました。

いずれも苦味があるため、幼少の頃は なじめませんでしたが、今となっては、それは本当の意味でのご馳走でした。

「おやつは、オニギリで十分よ」

「おにぎりはどう?」

多忙で、子供に手作りのおやつを作ってあげられないと悩む生徒さんへ向けた、タミさんの言葉です。

そのように言われた生徒さんは、救われたに違いありません。

時間をかけ、手の込んだものだけがご馳走ではないことを、学びました。

「悩んだら雑巾がけでもしなさい」

「悩んだら、雑巾がけでもしなさい。」

人生の先輩であるタミさんに言われると、今、思い悩んでいる事など、大したことではないのかもしれないと、思えてきます。

現在、更年期障害と思われる症状で、体調と気持ちの浮き沈みがある日々を送っている私にとって、一番の薬が「そうじ」ですが、不思議と心が整います。

「土をいじりなさい」

20220719_nasu-2kj-full

家庭って、家の庭ってかくでしょう。台所を預かる人は、土と結びついていてほしいの。

引用 いのち愛しむ、人生キッチンより

台所を預かる人は、土と結びついていてほしい。

それは、野菜を自分で作りなさいという意味ではなく、食べるものに関しては、気を遣ってほしいという願いが込められているのではないでしょうか。

タミさんから学ぶ、料理道具と基本の調味料

すり鉢と大豆

桧山タミさんの本、「いのち愛しむ、人生キッチン」は、竹のざる、まな板、包丁などの料理道具、そして基本の調味料について、学ぶことができます。

専門書を読むより、生涯をかけて料理道具と触れ合っているタミさんの言葉は、気付きと学びが多いです。

現代の便利な世の中への警鐘も

捨ててしまって、新しいものがあるからいいと言う人も、いますよね。

でも、何でも捨てて、また新しいものを手に入れているって、そんなこと繰り返していたら、日本人はいずれ困りますよ。

先の世は、わからないでしょう。

引用 「いのち愛しむ、人生キッチン」より

先の世はわからない。

おそろしいですね。

これからの日本を見透かしているようです。

ものを大切に使う。

これこそ、今の私たちが行わなければならない事ではないでしょうか。

まとめ「いのち愛しむ、人生キッチン」

梅の花と青空

桧山タミさんの「いのち愛しむ、人生キッチン」は、ベテラン料理家のレシピ本という感じはなく、日常生活で「なおざり」にしてしまうことを、改めて気づかせてもらえる指南書と、個人的に思っております。

楽をすること、便利なことは、幸せであることと結びつかないことを、考えさせられました。

あなたも、この本で「なにか」を感じていただければ、嬉しく思います。

[紹介本]

スポンサーリンク
おすすめ本暮らしのこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ