スポンサーリンク

リネンはレベルが違います!麻のキッチンクロスを1度使うと他はもう使えなくる理由

linen,kitchencross★ (7)

リネンはレベルが違います!麻のキッチンクロスを1度使うと他はもう使えなくる理由

10年ほど前から、わが家は麻のキッチンクロスを使っておりますが、他の素材のふきんを使わなくなりました。

本日は、リネンのキッチンクロスの魅力について、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

世界で愛されるリネンのキッチンクロス

丈夫で長持ちするリネンのキッチンクロスは、100年使えると言われています。

ヨーロッパでは、古いリネンを大切にする習慣があり、長年に渡って、集めたものをプレゼントし、新しい生活を祝福しました。

リネンは、女性が 時に一生をかけてつかう日用品で、結婚が決まった娘に、母親がリネンを贈る習慣がありました。

引用 NHK「美の壺」より

お母さんが大切に使ってきた宝物を、娘に受け継いでゆく。

そして、その娘もまた、誰かに託すのでしょう。

素敵な慣習ですね。

リネンについて

linen,kitchencross★ (8)

亜麻(あま)という、一年草の茎からとれる繊維で織られた生地を「リネン」といい、フランス語では「リンネル」と呼びます。

亜麻は主に、ヨーロッパ(フランス、ベルギー、オランダの他、中国、ロシアでも)で栽培されており、その歴史は何と約8,000年に及びます。

リネンは人類最古の繊維とも言われておりますので、太古の時代からヒトは、リネンと深く結びついていたのですね。

台所用品に欠かせないリネンのキッチンクロス

1.丈夫で長持ちします

linen,kitchencross★ (2)

リネンは、「綿の2倍の強度」があり、水に濡れますと繊維の強度が増す性質があります。

それゆえに、何年使っても傷みにくく、洗濯機でガラガラ洗って問題ありません。

2.速乾・吸水抜群・衛生的

linen,kitchencross★ (3)

リネンの吸水性は、「綿の4倍、シルクの10倍」と言われています。

また、水分の発散が速いため、自然乾燥でも乾きが早いのが特長です。

夏にリネン(麻)のドレスを着ると爽快で気持ちが良いのは、水分(汗)の発散が速いからなのですね。

3.食器に繊維が付きません

linen,kitchencross★ (4)

リネンのキッチンクロスを使い始めた頃にとても驚いたのが、「繊維が食器に付かなかったこと」です。

毛羽立つことなく、食器に小さな糸くずも付きませんので、気持ちよく食器を拭くことができます。

4.汚れが落ちやすい=汚れにくいです

linen,kitchencross★ (5)

リネンには、ペクチンという「ノリ」の成分が含まれています。

これによって繊維の奥まで汚れが入りにくい性質があります。

したがいまして、汚れが落ちやすく、清潔に使うことが出来ます。

5.かさばらずスッキリ収納

linen,kitchencross★ (6)

リネンは、モコモコと膨らみませんので、コンパクトに収納することができます。

リネンのキッチンクロスの難点

1.「お安くない」のです

優秀なリネンのキッチンクロスではありますが、唯一の難点が、いささかお値段が張るところです。

安価なものでも1枚あたり1,200円ほどしますので、何枚も求めたい場合は、勇気が要るかもしれません。

2 「シワ」になりやすいのです

リネンは伸縮性が乏しいため、いちど変形しますと、元に戻りにくい性質をもっています。

対策は、干すときに、パンパンとしわを伸ばして、乾かしてみてくださいね。

おすすめしたい「手作りのキッチンクロス」

麻のワンピースで

20年袖を通した無印良品の麻のワンピースで、キッチンクロスを作ってみました。

わたしはとても不器用で、お針子さんなど柄ではなかったのですが、意外に楽しく作りました。

年末、夜なべをして、チクチク縫いました。

わが家は10年ほど前、fogのリネンのキッチンクロスを2枚だけ求めて、綿のキッチンクロスと併用しておりました。

すると、リネンのキッチンクロスが他の素材のものとレベルが違うことに気が付きました。

はぎれを使って

linen (9)

少しずつ、コットンのキッチンクロスを処分して(ウエスにして)、リネンに切り替えてゆこうと思い、東京は日暮里にある「トマト館」で、リネンのはぎれを購入してまいりました。

ワゴンのたたき売りで、2m 1,000円ほどでした。

自宅にミシンがないため、今回も手縫いでしたが、1枚1枚縫い上げて大切に使おうと思っております。

おすすめしたいリネンショップ

「fog linen work」

わが家が購入したショップ「fog linen work」さんです。

本ページに掲載しているブラックウォッチは、fog linen workさんのものです。

こちらのショップで扱っているキッチンクロスは、北欧リトアニアのもので、シックでおしゃれなデザインのものを数多く取り揃えています。

わが家のキッチンクロスは、手ざわりがとても良くなり、現在も十分現役として使っております。

公式ページ https://foglinenwork.com/fs/foglinenwork/c/gr118

「くらし舎」

大人のシックな洋服や、暮らしの雑貨がそろっているショップです。

キッチンクロスは、2枚で送料無料(1枚 税込1,242円)で販売していますが、詳細はホームページにてご確認ください。

公式ページ くらし舎

まとめ

linen,kitchencross★ (7)

麻のキッチンクロスについて、ご紹介いたしました。

一度お使いになると、そのレベルの高さをおわかりいただけるかもしれません。

丈夫で長持ちしますので、おためしになってみてください。

[関連記事]

雑巾がけで心境が変わる|6つの効果と40秒で家がキレイになる話
...
スポンサーリンク
キッチン用品・生活雑貨暮らしのこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ