スポンサーリンク

土寄せがラクになる!長ネギの深植え|木嶋利男先生に学ぶ長ネギ栽培の裏ワザ

negi,japanese leek (10)●

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている「長ネギ栽培の裏ワザ」について、ご案内いたします。

長ネギの一般的な栽培は、生長に合わせて土寄せを数回行い、白い部分(軟白部分)を長くします。

しかし、土寄せを繰り返しますとウネが高くなり、後半の土寄せに難儀することがあるかと思います。

木嶋先生が紹介されている裏ワザは、普通の長ネギ栽培の2倍程度 溝を深く掘り育ててゆく方法で、土寄せがラクに行えるようになりますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

土寄せがラクになる!長ネギの深植え|木嶋利男先生に学ぶ長ネギ栽培の裏ワザ

深植えできる畑の条件

長ネギは多湿に弱いので、水はけのよい砂壌土で行います。

土寄せの労力が軽減できる「長ネギの深植え」

negi,japanese leek (1)★

長ネギは、生長に合わせて土寄せを数回行い、白い部分(軟白部分)を長くします。

しかし、土寄せを繰り返してゆきますと、ウネが次第に高くなり、最後のほうの土寄せを行う時には、大変な労力がかかることがあります。

そこで、長ネギの苗を植え付ける際、溝を深く掘ることで、土寄せの労力を軽減させる裏ワザが、「長ネギの深植え」です。

長ネギの深植えの方法

長ネギの苗

negi,japanese leek (11) ★

長ネギの苗は、普通栽培と同じように準備をします。

植え溝

長ネギの苗を植え付ける溝は、普通栽培の2倍程度(30cm前後)まで深く掘ります。

植え付け前の下準備

・長ネギの苗の根は、半分程度カットし、葉は切らずに植え付けます。

・植え溝が深いため、雨水が流れ込まないように、そばに深さ30cm程度の溝を掘ります。

苗の植え付け

negi,japanese leek (12) ★

植え溝に苗をおき、株元部分に土をかけます。

※ わが家は、土と一緒にもみ殻を入れています

その後のお世話について

茎葉が伸びてきましたら、葉の分岐にかからないよう、溝を埋めるように土をかけます。

その際、普通栽培と同じようにワラを敷き、追肥も行います。

これを、生長に応じて3~4回程度、繰り返します。

収穫

軟白部分(白い部分)が、地中の深いところにありますので、収穫する際は、スコップなどで傷をつけないよう、丁寧に掘り上げます。

深植えと普通栽培との違い

苗の植え付け

naganegi,fukaue (★)

参考文献 木嶋利男著「野菜の植えつけと種まきの裏ワザ 113頁」

生長後

naganegi,fukaue-2★

参考文献 木嶋利男著「野菜の植えつけと種まきの裏ワザ 113頁」

深植え 普通細微
植え溝 30cm前後 10~15cm
カットしないで植える 半分程度カットして植える
半分程度カットして植える 半分程度カットして植える
土寄せ
(3~4回)
溝を埋めるように土をかける ウネを盛り上げるよう土をかける
その他 植え溝のそばに深さ30cm程度の溝を掘り、雨水が流れ込まないようにする

長ネギの深植え栽培のメリット

長ネギは、乾燥と高温に弱く、夏に乾燥しますと生育が悪くなります。

深植えは、長ネギの根が地中深くにありますので、乾燥に強くなります。

長ネギの深植え栽培で気を付けたい点

長ネギの深植えは、白い部分が地中の深いところにありますので、収穫の際には、スコップなどで傷つきやすいため、確認をしながら丁寧に掘り上げましょう。

まとめ

negi,japanese leek (10)●

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている「長ネギ栽培の裏ワザ」を、ご案内いたしました。

この栽培は、普通のネギ栽培より植え溝を深く掘りますので、土寄せがラクになる裏ワザです。

あなたの畑が、水はけのよい砂壌土でしたら、おためしになってみてください。

[参考文献]

木嶋利男著「野菜の植えつけと種まきの裏ワザ

created by Rinker
¥1,650 (2022/05/25 04:49:00時点 Amazon調べ-詳細)
4259565028
スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ