PR
スポンサーリンク

日暮里ランチは「ニューマルヤ」へ!人生で一番美味しかった洋食屋

maruya

日暮里の「ニューマルヤ」さんは、わたしの人生において、一番美味しいとおもっている洋食屋さんです。

先日、日暮里駅の繊維街で布を購入した帰り道、「このあたりに美味しい洋食屋さんがあったんだよねー」と、夫。

かく言う彼も、何十年も行く機会がなかったそうです。

夫が思う「美味しい」と、わたしが感じる「おいしい」は、若干ズレがあるので、さほど期待もしないで、布屋さん「トマト館」と同じ通りにある「ニューマルヤ」さんへテクテク歩いて行きました。

お店に到着する前に、彼から「ちょっとびっくりしないでね」と言われていたので、どれだけすごいお店かと思っていましたが、私の目に飛び込んできたのは、蔦(ツタ)で覆いつくされた一軒家でした。

※ 本ページは個人の感想です

スポンサーリンク

昭和16年創業「ニューマルヤ」

maruya9

一瞬、通り過ごしてしまいそうなたたずまいのニューマルヤさんです。

赤と白のひさしが傾いています(笑)。

建物全体がツタに覆われ、押しつぶれてしまいそうです(縁起でもありませんね)。

maruya10

しかしです。

このお店から漂ってくる昭和のオーラが異様に心地よく、不思議と期待が膨らんでしまったのは何故でしょう。

軒先には年季の入ったガラスのショーケースに商品サンプル並び、とても懐かしいかんじです。

maruya11

観音とびらの開けて、お店の中に入ります。

maruya7

赤い椅子が目に飛び込んできました。

「ザ・昭和」のお店です。

訪問した時間は、平日のお昼12時30分でしたが、誰もいません・・・。

一瞬、後ずさりしたい気持ちになったとき、おじいさんが一人、カウンターから顔を出してニッコリ。

「こんにちは」と言って、一番端の席に座りました。

テーブルと椅子の高さは低めで、このあたりも昭和の感じです。

初めての訪問でしたが、どことなく懐かしい気持ちです。

お店は年季が入っていますが、きちんとお掃除されているのが分かりました。

店主のおじいさんに写真撮影の許可をうかがったところ、快くOKをいただきました。

maruya5

白い壁に埋め込まれている「すりガラス」です。

昭和時代、どこの家にもはめ込まれていたガラスで、私の実家にもありました。

このガラスに紙を押しあて、鉛筆でこすって模様を浮き上がらせて遊んだ幼少期の思い出がよみがえりました。

ニューマルヤのメニュー

maruya6

メニューは、壁にはめ込まれたクラッシックな手書きのもので、テーブル席にはありません。

何を食べようかなと迷っていると、夫は一人でさっさと決めてしまったようで、決められない私は夫と同じものにしました。

いざ、実食

ハンバーグステーキインペリアル

今回注文したのは、ハンバーグステーキインペリアル(750円)とライス並(200円)です。

夫は、外食すると、家でも食べられるものを注文します。

彼いわく、素人とプロの味は違うからという理由のようです。

しかし、一体「ハンバーグステーキインペリアル」は、どのようなハンバーグなのでしょう。

直訳すると、「ハンバーグの皇帝」です。

ちなみに、ニューマルヤは、おじいさんが お一人で切り盛りされているようでした。

お水から、注文受け、調理など、すべてお一人でなさっていました。

注文を終えると、おじいさんは奥の厨房に消え、姿が見えなくなりました。

トントンと包丁で何かを切る音だけ聞こえてきます。

お一人で切り盛りされているようなので、時間がかかるかな?と思いきや、10分もしないうちにハンバーグステーキインペリアルが運ばれてきました。

maruya4

見た目は普通です・・・。

これが、ハンバーグの皇帝!?と、心の中でつぶやいてしまいました。

しかし、目玉焼きが真ん中で切られているのが、可愛らしいです。

maruya3

ハンバーグのほかに、ケチャップ味のスパゲッティー、ポテトサラダが付いてきました。

それでは、いただきます。

maruya2

ぎゃー! 何ですか、この美味しさは!!!

ハンバーグがふわっふわです。外側はカリっと焼かれているのですが、中はとてもやわらかく、なんだろう、軟骨でも入っているのでしょうか?少しコリコリした食感も。

そしてデミグラスソースも、ものすごく美味しい!

ひと口食べた瞬間、私が今まで食べてきたハンバーグは一体なんだったのだろうと思ってしまったほどです。

食べているあいだ中、「おいしー、おいしー」という言葉しか出てきませんでした。

うーん、やっぱり素人料理とはレベルが違います。

最後の一口が、さみしくて仕方ありませんでした(笑)

添え付けのポテトサラダとケチャップ味のスパゲッティは、とても懐かしい味で、80年変わらない味なのでしょう。

ハヤシライス

後日、ニューマルヤさん再訪です。

今回は、ハヤシライスを注文しました。

maruya13

炊き立てのごはんに、これでもかっ!というくらいソースがかかっています。

大興奮です。

それでは、いただきます。

maruya14

食レポの記事ですが、「おいしい」という言葉以外、思い浮かびません。

ソースは深みがあって濃厚であるものの、さっぱりしています。

ギトギト感はなく、自家製ソースなのでしょう、中にセロリやタマネギが入っています。

また、牛肉がやわらかい!あっと言う間に完食です。

今回は土曜日の 開店時間の11時30分ぴったりに訪問しましたが、お客さんは私たちを含めて4人でした。

注文して15分。おじいさんは何と4人分を一気に運んできました。

調理する姿が見ることが出来ないのですが、厨房の奥で素晴らしい仕事をされているのでしょう。

カツカレー

newmaruya-15★

その後も、年に1~2回、ニューマルヤさんへ訪問しています。

カツカレーライス850円です。

カツは薄くスライスされています。洋食屋さんは、このように薄いカツを提供するところが多いのでしょうか。美味しいです!

ポークライスとハンバーグ

newmaruya-16★皇帝ハンバーグ

newmaruya-17★ポークライス

最近は、もっぱら皇帝ハンバーグと、ポークライスのセットをいただいています。

newmaruya-18★

ポークライスは、豚肉、卵、しいたけ、ピーマンが入っています。

しいたけの出汁が効いたとても美味しいライスですので、おためしになってみてください。

まとめ

maruya8

後で知ったことなのですが、ニューマルヤさんは 漫画版の孤独のグルメに掲載されているのですね。

BGMもなく、テレビが付いているだけの素朴な洋食屋さんで、料理を待っている間、夫とぼーっと高校野球を観戦していたのですが、初めての訪問なのに、何度も食べに来ている感覚に陥りました。

ニューマルヤさんは琴線に触れるお店で、私にとって、今までの洋食屋さんの中で、断トツ一番の美味しさです。

※ 本ページは個人の感想です

お店情報「ニューマルヤ」

maruya

店名  ニューマルヤ(食べログ)
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13053989/
電話  03-3891-1386
住所  東京都荒川区東日暮里6-15-4
アクセス  日暮里駅から徒歩10分
 三河島駅から538m
営業時間  11:30~15:30
 17:30~20:30
定休日  日曜日・祝祭日
予算  1,000円
支払い方法  クレジットカード不可
席数  22席(全テーブル席)
個室  なし
禁煙・喫煙  完全禁煙
駐車場  なし
スポンサーリンク
グルメレポート街のこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク
カジトラ