スポンサーリンク

お正月飾りはいつ片付ける?|門松・鏡餅・しめ飾りの意味を解説します

kagamimochi

お正月飾りの意味や、いつはずしたら良いかご存知でしょうか?

門松や鏡餅といった言葉は知っているものの、実際はどのような意味があるかなど、意外に知らないことが多いですね。

池上彰さんの番組で、お正月飾りの意味や、いつはずすのか?という内容を分かりやすく放送をしていましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

お正月飾りをする理由

お正月飾りをする理由は、「年神様をお迎えするため」です。

年神様(としがみさま)とは、各家庭にやってくる豊作や幸せをもたらしてくれる神様のことです。

お正月は年神様を迎えるために、おもてなしをしてお見送りをする行事なのです。

門松

kadomatsu

年神様が、「迷うことなく、わが家にお越しください」という目印に門松を飾ります。

なぜ松の木を飾るのかというと、昔から松は「神が宿る神聖な樹木」とされていて、長寿や不老不死の象徴とされているからです。

しめ飾り

oshogatsukazari

しめ飾りは、年神様を迎える準備ができたことを示す印です。

鏡餅

kagamimochi-2

鏡餅は、年神様へのお供え物で「依り代(よりしろ)」と言います。依り代とは、神様がお過ごしになる場所のことです。

昔から「鏡」には、神様が宿るとされているため、ご神体としての鏡を餅で現わしているのです。

お正月飾りはいつしまう?

それでは、お正月飾りはいつ(何日に)しまうのでしょうか?

正月飾りは「松の内(まつのうち)」までに片付けます。松の内とは、年神様が降りてきている期間のことを言い、地域によって異なります。

関東圏 7日まで

関西圏 15日まで

※地域の風習で別の日の場合もあります。

説1

昔は全国共通で、1月15日が松の内でしたが、江戸時代にその日が将軍の月命日になってしまったことがあり、1月11日に変更されたました。

そして幕府は、松の内を避けるために、「1月7日を飾りおさめとする」というお触れを公布しました。

幕府の影響力が強かった関東地方では、1月7日をもって飾りを全部片づけるスタイルになったと言われています。したがって関東圏は1月7日が松の内になったのです。

説2

もう一つは、1657年1月18日に起こった明暦の大火により、1月7日になったという説があります。

江戸は明暦の大火により、三日間燃え続けたと言われています。

燃えやすい門松や松飾りを早くしまう必要があるということで、1月7日になったのではないかとも言われています。

お正月飾りの片付け方法

お正月飾りを片付ける方法で悩まれたことはないでしょうか。

年神様をお迎えした神聖なお飾りを、一般ごみと一緒に出すのはどうも気が引けてしまいますね。

お飾りを片付ける方法はいくつかありますのでご紹介いたします。

神社仏閣でお焚き上げをしてもらう

torii

近くの神社やお寺に持ってゆき、お焚き上げをしてもらう方法です。

どんど焼き

sotoura_beach (9)

私が子供の頃は、どんど焼きにお正月飾りを炊き上げてもらっていました。

どんど焼きは、一年の豊作・大漁・無病息災などを祈る火祭りです。

最近は少子高齢化で、どんど焼きの担い手がいないこと、大規模なお焚き上げは火事を懸念して行わなくなる地域が多くなりました。

家庭の一般ゴミに出す方法

家庭の一般ごみで片付ける方法もあります。

ただし、ゴミと同じ袋に混ぜて出さずに、お飾りを塩で清めてから紙に包み、大きな袋に入れて出します。

まとめ

hatsuhinode

お正月飾りの意味と、片付ける日は「松の内」までということを、お分かりいただけましたでしょうか。

門松やしめ飾り、鏡餅などの言葉は知っていても、意外にお正月行事の本来の意味を知らないことがありますね。

関東 関西など、地域によって日にちは異なりますが、お正月飾りは年神様が降りてきている期間までに片付けましょう。

これで来年ねお正月は、気持ちよく年神様をお迎えすることが出来ますね。

[関連記事]

お屠蘇(とそ)とは何?その意味・飲み方・作り方をご紹介します
...

[参考番組]

池上彰が新年に教えたい 実は知らない日本のこと テレビ朝日 2020年1月4日放送