スポンサーリンク

ニラのさび病|原因と対策、予防する方法をご紹介いたします

nira,sabibyo

ニラを栽培していますと、葉の表面にオレンジ色の斑点が出ることがあります。

これは「さび病」というカビが原因の病気です。

今回は、農学博士の木嶋利男先生が紹介されているニラのさび病対策、予防する方法を紹介いたします。

多年草のニラは、一回植え付けますと何年も収穫することができますので、若返らせてやわらかい葉を収穫できる木嶋先生おすすめの栽培のコツについてもご案内いたしますので、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

ニラのさび病について

nira,sabibyo-2

さび病の症状

さび病はニラ、ネギ、ニンニクなど ネギの仲間にでる「カビ」が原因です。

葉の表面に盛り上がった楕円形でオレンジ色の斑点が出るのが特徴で、鉄のサビに似ていることが名前の由来になっています。

ニラがさび病にかかる原因

空気中を飛来している さび病の胞子がニラに付いて感染します。

潜伏期間は10日ほどで、畑のウネが過剰に湿っていたり、反対に乾きすぎていたりなど、ニラの株が弱っていると発病しやすくなります。

さび病がかかりやすい時期

さび病は生きた植物にしか寄生しない活動寄生菌で、春と秋の低い気温・雨が多い時期に発生します。

伝染源になる胞子の発芽する気温は9~18℃と低めですので、夏の高い気温の時期は発生が少なくなりますが、涼しくなってくる秋口に、胞子が飛んで病気が広がってゆきます。

なお、春に出るさび病は、越冬した胞子が伝染源になります。

ニラのさび病を防ぐ対策は?

ニラの株が弱りますと病気が出やすくなります。

ニラのさび病予防

・ウネの水はけをよくします。粘土質の畑や地下水位が高い畑の場合は、排水をよくすることが予防のポイントです。

・肥料の与えすぎ、肥料の控えすぎに気を付けます。

発病してしまった時の対策は?

nira,sabibyo-3

さび病にかかってしまいましたらニラの葉をちぎって土に埋めるなどして処分します。

感染部分をカットすると、きれいな葉が伸びてきますので、根っこごと抜いて処分する必要はありません。

さび病が出たときの対策
・感染部分をカットします。

多年草のニラを美味しく収穫する栽培法

nira,leek

多年草のニラは、一回植え付けますと何年も収穫することができます。

木嶋先生おすすめの やわらかく美味しい葉を収穫するコツは、「3年をメドに株分けすること」です。

木嶋先生によりますと、ニラを連作していますと乾腐病、白斑葉枯病(はくはんはかれびょう)などが出やすくなるのだそうです。

これらの病気が出てしまいましたら「株分けでなく、新しい苗」を植えなおすのがポイントです。

古い株は処分せずに、やや未熟なたい肥と一緒にウネにすき込んで一か月以上分解させますと、新苗を植え付けたあと 病気が出にくくなります。

ニラを美味しく収穫する栽培のコツ
・3年をメドに株分けします。
・病気が出たら新しい苗を植え付けます。
・古い株はやや未熟なたい肥とウネにすき込み1か月以上分解させます。

まとめ

tsubo-nira (12)

ニラのさび病の原因と対策、予防する方法をご紹介いたしました。

多年草のニラは ほぼ放任で育ててもスクスク生長して長い期間収穫できる頼もしい野菜ですね。

秋と春の乾燥・多雨の時期にさび病が出やすくなりますので、水はけの良いウネで栽培しましょう。

もし さび病が出てしまっても、病気の部分をカットすれば再生しますので、比較的 手軽に対策できるかと思います。

[参考文献]

created by Rinker
¥1,287 (2021/04/12 12:05:16時点 Amazon調べ-詳細)
B07F2DXKBG

[ニラの関連記事]

ニラがコンパニオンプランツになる野菜|病気予防と害虫忌避に効果的!