スポンサーリンク

千葉県最大級!野菜直売所「しょいかーご千葉店」野菜レポと混雑状況

千葉県内で最大級の野菜直売所「しょいかーご千葉店」に関して、

・夏野菜、フルーツその他の食材について
・駐車場の混雑状況

をレポートいたします。

2019年7月6日の土曜日に、千葉県千葉市若葉区にある野菜直売所「しょいかーご千葉店」へ野菜を買いに行ってきました。

カジトラの今回の訪問した一番の目的は「すいか」です。

2019年7月6日(土)、7日(日)の2日間、すいかまつりが開催される情報を入手したので行ってきました。

千葉県のすいかは、八街(やちまた)すいかと、冨里(とみさと)すいかが有名ですね。すいか大好物なカジトラ夫婦は、美味しい食べ物の調達はどんなに遠くても行きます(笑)

きょうは、「しょいかーご千葉店」で販売されている夏の野菜・フルーツ、その他の食材を一部ではありますがご紹介いたします。

また、駐車場の混雑状況についてもレポートいたしますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「しょいかーご千葉店」について

営業時間

しょいかーご千葉店は、千葉県千葉市若葉区にある千葉県内でも最大級(広さ918平方メートル)の農産物直売所です。

営業時間  9:30~18:00
定休日 毎週水曜日(祝日の場合は臨時営業)
・年末年始
住所  千葉県千葉市若葉区小倉町871番地
電話  043-231-1831

駐車場

300台停められる無料駐車場があります。ガードマンがさんがいます。

電車でのアクセス

千葉都市モノレール 小倉台駅から徒歩10分(800m)

クレジットカード

使用可能です。

麦茶のサービス

chiba-syoikago

お店の入り口に、サービスの麦茶が設置されていました。

しょいかーご千葉店は広い!

chiba-syoikago

千葉県内で最大級の広さということもあって、施設の中は広かったです。店内は大きな倉庫を思わせる造りになっていました。

chiba-syoikago

昆虫コーナーもありました。

7月の野菜をリサーチ

それでは野菜をご紹介してゆきますね。

お店の外はすいかまつり(2019年7月6日~7日)

chiba-syoikago

すいかまつりということで、入り口には4軒の農家さんがすいかを販売していました。

小玉すいかから、大玉まで種類がたくさん!お値段は、700円~3000円くらい。

スーパーマーケットより断然お買い得ですね。

いろいろ試食をさせていただきましたが、ものすごく甘くてジューシーでした。

小玉すいかと大玉すいか2個買いました。

千葉県外の果物も

chiba-syoikago

すいかの他にも果物が販売されていました。青森県産のりんごが1箱 1000円。安すぎです。

chiba-syoikago

北海道産の佐藤錦が、1パック 500円。

店内の野菜がすごい

chiba-syoikago

chiba-syoikago

枝豆。お客さんの大半が大人買いしていました。スタッフさんが大急ぎて補充していました。1袋300円前後です。お買い得ですね。

chiba-syoikago

とうもろこしです。朝、収穫したゴールドラッシュなどがたくさん。

買い物カゴにトウモロコシしか入れていない人を、何人も見かけました。大変な人気ですね。

1本あたり100円~。初物のゴールドラッシュ、私も買いました♪

chiba-syoikago

千葉県はシイタケも名産ですね。

chiba-syoikago

きゅうりは3本 100円から。みずみずしくて美味しそう。

chiba-syoikago

千葉県佐倉市のレンコンもありました。レンコンチップにして食べようと購入しました。1袋に2本入って300円前後でした。

chiba-syoikago

なんと、アロエベラまで売っていました。アロエベラは苦みが少ないんですよね。皮をむいて、ヨーグルトに入れると美味しいですね。

chiba-syoikago

ゴーヤは1本50円~100円台。チャンプルー美味しいですよね。

chiba-syoikago

レタスも安すぎです。1玉100円から。

chiba-syoikago

柔らかそうで美味しそう。

chiba-syoikago

ナスは、5本で200円~という衝撃のプライスでした。

chiba-syoikago

お料理に絶対使いたいピーマンは、1袋100円でした。

chiba-syoikago

春キャベツは1玉80円~100円。1玉がおっきい!もちろんゲットしました。

chiba-syoikago

chiba-syoikago

トマトも大玉からプチトマトまで、たくさんありました。1袋200円から。今が一番美味しい季節ですね。

chiba-syoikago

新玉ねぎは3個で180円。さっそくカツヲのたたきで食べましたが、とっても甘くてやわらかくて美味しかったです。

chiba-syoikago

じゃが芋のキタアカリは、1袋150円前後でした。わたしが一番好きな品種です。甘くてやわらかくてオススメ。

今年のわが家のブームはジャガバターです。

chiba-syoikago

キタアカリ1袋、80円のコーナーもありました。ちょっと小ぶりですね。

chiba-syoikago

定番の男爵(だんしゃく)も100円台。

chiba-syoikago

「とうや」という品種もありました。

chiba-syoikago

買い物が終わった人たちとすれ違った時、みなさんの買い物袋から大根がニョキっと出ているのが見えていたので、安いんだろうなと思っていました。

1本50円~100円でした。葉っぱも新鮮なので食べられますね。

chiba-syoikago

谷中ショウガも大人買いしている人を何人も見かけました。1袋170円前後でした。

chiba-syoikago

ラッキョウは1袋(1キログラム)450円。ラッキョウ漬けに買いました。

7月の果物をリサーチ

chiba-syoikago

夏は果物も美味しい季節ですね。高級夕張メロン、1個1000円。

chiba-syoikago

長野県産のネクタリンは4個で500円。子供の頃、おやつに食べていた懐かしのフルーツです。

chiba-syoikago

同じく長野産のあんず「ハーコット」は、1パック650円。決してお安くはなかったものの、残り4パックでした。

chiba-syoikago

デラウェアも残り1パックでした。

chiba-syoikago

chiba-syoikago

お店の中にもスイカがずらーっと並んでいました。大玉スイカ2000円くらい。

ラグビーボールのような形をしたマダーホールという品種は、1玉650円。こちらも人気で残り少なくなっていました。

お花も苗もあります

お店の外

chiba-syoikago

お店の外のスペースには、ポットに入ったお花などもたくさんありました。1ポット100円~300円で、とってもお買い得でした。

chiba-syoikago

マリーゴールド。かわいいですね。

マリーゴールドの花びらは、サラダに入れると美味しいでんですよ。また、ナスの苗の近くに植えると、虫を寄せ付けないコンパニオンプランツとしても活躍します。

chiba-syoikago

chiba-syoikago

chiba-syoikago

chiba-syoikago

chiba-syoikago

chiba-syoikago

ツルムラサキです。葉っぱを茹でてお醤油やごま油であえてナムルにすると美味しいですよ。ホウレン草っぽいかんじ。

chiba-syoikago

シソの葉と、バジルの葉です。

1苗あるだけで、夏の間ちょっとした薬味として活躍しますね。

chiba-syoikago

かぼちゃの苗。坊ちゃんは甘くておいしい品種です。

chiba-syoikago

千葉と言えば落花生ですね。

オオマサリという品種の苗です。とっても美味しいくて、野菜作りをしている人達には人気なんですよ。

chiba-syoikago

長ネギの苗は50本で400円。畑に植える用に購入しました。

お店の中はお得な切り花がたくさん

chiba-syoikago

新鮮な切り花も所せましに並んでいました。仏花も充実していました。

chiba-syoikago

ひまわりは1束190円~

chiba-syoikago

桔梗(キキョウ)は100円~

chiba-syoikago

ゴージャスな百合(シスト)は、300円~

野菜の他にも楽しい食品がたくさん

野菜、果物の他にも美味しそうな食品が揃っていましたので、一部ですがご紹介いたします。

chiba-syoikago

chiba-syoikago

千葉県は、養鶏も盛んですね。

千葉の卵は美味しくてたまりません。こだわり赤たまご(300円)を購入しました。

chiba-syoikago

面白いソースのコーナーを発見しました。

イノシシとシカ肉のミートソースです。どちらも未体験ゾーンですが買ってみました。1袋 580円。

chiba-syoikago

おおのミルク村の「のむヨーグルト」が50%オフだったので、買いました。濃厚だけどさっぱりしていて美味しかったです。もう1本買えば良かったと後悔しました。

定価は750mlで423円のところ、半額(211円)でした。

chiba-syoikago

岩泉ヨーグルトの加糖版も買いました。(無糖版は写真の左の青い袋です)

1袋750円とお安くはないのですが、パッケージを見ただけでとっても美味しそうに見えちゃったので(笑)

千葉県の日本酒もずらり。一升瓶で2000円~。

千葉県はお米も美味しいので、日本酒も美味しそう。お土産に喜ばれそうですね。

馬刺まで売っていました。

信州長野出身の私にとって、馬刺しは家庭の味なんです。

千葉県産のフローズン苺がありました。苺のシーズンが終わった後、ジャムを作りたいときにいいですね。

chiba-syoikago

ブルーベリーもありました。500gで1,150円。ブルーベリーは意外に高級なので、このお値段はお買い得だと思います。

chiba-syoikago

千葉県産の豚肉です。トンカツ用に1パック買いました。お肉がキラキラしてとっても美味しそうです。

chiba-syoikago

千葉県産スペアリブは1パック1000円から。ガツガツ食べたいですね。

chiba-syoikago

千葉県産の豚バラ肉も買いました。夏野菜との相性はばつぐんですね。100gあたり153円でした。

chiba-syoikago

小さなスペースでしたが、工芸品もありました。まな板を狙っていたのですが、残念ながらおいてなかったです。

「しょいかーご千葉店」の混雑状況

駐車場は、ほぼ満車

chiba-syoikago

2019年7月の土曜日、午前10時に到着した時点で、駐車場はいっぱいでした。

なんとかスペースを見付けて、無事に駐車しました。

開店時間は午前9時30分ですが、私が到着した時点ですでに買い物を終えて帰る人もいました。

買い物客の回転は悪くないようで、駐車場の入り口で、車が停車してスペースが空くのを待つという渋滞にはなっていませんでした。

1時間ほど買い物をして、駐車場に戻ったのが11時頃。やはり車が待機して空きスペースを待っているということにはなっていませんでした。

店内の混雑状況

chiba-syoikago

 

お客さんは「多い」という感想です。

ただ押し合いへし合いにはなりませんでしたし、野菜を奪い合うほど混雑することもなく、立ち止まって野菜を手に取ってじっくり吟味できる余裕がありました。

多くのお客さんはショッピングカートで買い物をしていました。通路が広くないので、移動するときにお互いに少し気を遣うという感じでした。

chiba-syoikago

レジに並んでいるお客さんです。各レジに2~3人並んでいましたが、店員さんのレジさばきが早いので、気持ちよく会計することが出来ました。

まとめ

千葉県内最大級の野菜直売所「しょいかーご千葉店」をご紹介いたしました。

今回初めての訪問でしたが、広い売り場で野菜や果物が所せましに並んでいるので、購買意欲がものすごく出ました。

農家さんが丹精込めて作られた新鮮なお野菜、果物、お花がとてもリーズナブルな価格で購入することが出来るので、また行こうと思っています。

千葉県以外の車のナンバーもチラホラ見かけたので、はるばる行くお客さんがいるほど人気な野菜直売所なんですね。

1つの野菜でも、たくさんの品種が取り揃えられているので、迷ってしまいそうですが、楽しめると思います。

しょいかーご千葉店公式ホームページ http://syoicargo.jp/chiba/

コメント