PR
スポンサーリンク

驚き!ヨトウムシ予防対策|自然農法家 高内実さんに学ぶヨトウムシの習性

20220512_broccoli-2 (★)

自然農法家の高内実(たかうちみのる)さんが紹介されている、ヨトウムシの予防対策について、ご案内いたします。

薬剤を使わずにヨトウムシを駆除する方法は、なかなか難しいと言われていますが、今回ご紹介する対策は、ヨトウムシの習性を活かした方法です。

時間を要する対策になるかもしれませんが、大変興味深い方法ですので、参考になさってください。

スポンサーリンク

ヨトウムシについて

別名「夜盗虫・夜盗賊」

weevil,yotomushi-2

※画像はイメージです

ヨトウムシは、ヨトウガという蛾の幼虫を指しますが、ハスモンヨトウなど「ヨトウ」と名前が付いている虫もヨトウムシと呼ばれています。

野菜に付きやすいのは、おもにヨトウガとハスモンヨトウで、それぞれ発生時期が異なります。

ヨトウガの幼虫は、夜間に活動して野菜を盗み食いすることから、「夜盗虫」「夜盗賊」という呼び名が付いています。

ヨトウガの発生時期

ヨトウガは、4月~6月と9月~11月に発生します。

越冬したサナギは、翌春に成虫になって卵を産みますので、春の被害が多くなります。

ハスモンヨトウの発生時期

hasumonyoto-1kj

※画像はイメージです

ハスモンヨトウは、高温で乾燥した環境で繁殖しやすくなり、ヨトウガが休眠する夏の間(7月~秋のお彼岸の頃)に発生します。

食欲旺盛なヨトウムシ

20220512_broccoli-2 (★)

ヨトウムシは、野菜をまったくの無肥料で育てている場合や、窒素過多の肥沃な土で育てている場合にも付きやすいという、いずれをとってもやっかいな害虫です。

ヨトウガの習性を活かした駆除方法

有機質の食物を好むヨトウムシ

weed-multing

自然農法家 高内実さんによりますと、ヨトウムシは 本来 半分発酵しかかったような柔らかい葉を食して生きています。

そのため、畑にそのようなエサがないと、野菜の根っこや葉を食べにやってきます。

ヨトウムシの生息地帯をつくる!ヨトウガの習性を活かした駆除方法

grass,weed-7kj

畑の草を刈り取り、一ヶ所に積んでおきます。

そして、畑仕事をしている時にヨトウムシを発見しましたら、都度、積んだ草の山に入れてゆきます。

草の山に入れられたヨトウムシは、エサが十分ありますので、そこから這い出て、野菜の畝にはやってこなくなります。

また、草の山で成虫になったヨトウガは、ふたたび同じ場所に卵を産みにくる習性がありますので、畑の野菜を食害することは次第になくなってゆきます。

コガネムシの幼虫も同じ対策でOK

kanabun,koganemushi-3kj

※画像はイメージです

草の山に幼虫を入れる対策は、コガネムシの幼虫にも効果があるのだそうです。

まとめ

grass,weed-8kj

自然農法家の高内実さんが紹介されている、ヨトウムシの予防対策について、ご案内いたしました。

この方法は、成虫になった蛾が ふたたび同じ場所に産卵するという習性を活かした対策で、今年から わが家はこの方法を実践しております。

時間を要する駆除対策になるかと思いますが、参考になさってください。

[参考文献]

木嶋利男著「農薬に頼らない病虫害対策 (学研ムック 学研趣味の菜園)」

[関連記事]

青虫・アワノメイガ・ヨトウムシ駆除対策の裏技!農薬を使わず畑の害虫被害を減らす方法

ヨトウムシ・アオムシに効果的!昔農家さんに学ぶ「ネギを使った害虫対策」

[参考動画:自然農法家 高内実さんの動画]

63番目の質問に、お答えされています。

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク
カジトラ