PR
スポンサーリンク

事故対応力が素晴らしい!「チューリッヒ自動車保険」にお世話になった体験談

Zurich

今回は、いささか ツライ「車のお話」をします。

先日、加入している「チューリッヒ自動車保険」に、初めてお世話になりました。

なぜなら、車を柱にすってしまったからです(涙)。

思い出しても自分の不注意が悔やまれますが、事のてんまつを先に申し上げますと、自動車保険は利用せず「自腹で修理」いたしました。

しかしながら、チューリッヒ自動車保険の対応は非常に丁寧で、心強く、精神的に救われました。

実は、チューリッヒ自動車保険の評判など気にも留めず、自動車保険の一括見積もり簡単に決めたのですが、自分が事故を体験し、その手厚いフォローには感謝の気持ちでいっぱいです。

本日は、二度と体験したくない「自損事故」について、また、「チューリッヒ自動車保険の対応」について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

車の事故の発端「バックで駐車」

9月の三連休に、図書館で いつも通りバックして駐車しようとしたところ、まんまと柱にこすってしまいました。

うらみ言を言いたくありませんが(言いますけれど)、この図書館の駐車場は、非常に車が停めづらいのです。

今回、私がしでかしたのは、柱と柱の真ん中のスペースで、駐車するにはハイリスクな場所でした。

その日は生憎、最も駐車しづらい場所しか空いていなかったため、致し方なく柱と柱の間の狭いスペースにソロソロとバックし、そして、ガガガとこすりました。

助手席に座っていた夫は 顔面蒼白になり、乙女のように手のひらを顔に覆いました。

柱を確認後、チューリッヒ自動車保険へ電話

助手席で、ショックで落ち込んでいる夫をそのままにして、車を出た私はまずは車のボディーをチェック。

わーん、かなり擦っています(涙)。

そして柱はどうなったかというと、無傷でした。

車の塗装が付いただけで、柱を傷めていないことがわかり、ホッとしました。

迷った!警察に電話?チューリッヒ自動車保険に電話?

不幸中の幸いで人身事故でにはなりませんでしたが、精神的ダメージはとても大きかったです。

はやく電話をしなければと、ドキドキが止まりませんでした。

まず警察に電話をするか、チューリッヒ自動車保険に電話するか迷いました。

夫と相談し、まずはチューリッヒ自動車保険に電話をして、「どうすればよいか指示をあおぐこと」にしました。

結論を申し上げますと、対人事故・物損事故でなかったため、警察への連絡は不要でした。

ちなみに私は、スマートフォンの住所録の上のほうに、チューリッヒ自動車保険の緊急電話番号を登録していました。すぐに電話が出来るようするためです。「備え」はとても大事であることを再認識することが出来ました。

チューリッヒ自動車保険へ事故の連絡

Zurich0

出典 チューリッヒ自動車保険

事故連絡の専用電話「0120-197-222」に電話をかけ、オペレーターに状況を伝えました。

第一声は、「おケガはございませんでしたでしょうか?」でした。

マニュアルどおりだとは思いましたが、それでもこの時のオペレーターさんの対応で、気持ちがとても落ち着きました。

オペレーターさんに伝えたこと

自分がオペレーターに伝えたこと

・自分の名前
・生年月日
・同乗者の有無
・車をこすったしまった日にち・時間
・こすった場所と時間
・車の車種

オペレーターさんの対応

オペレーターに言われたこと

・自分と夫にケガはなかったか?という安否確認
・レッカー車、代車など、必要か?
・図書館の住所など、把握しておいてほしい
・専任担当者から別途、私に電話がゆくこと
・警察に電話するか否かは、担当者のアドバイスに従ってほしい
・修理について(チューリッヒを使うか、自分で探すか)

オペレーターさんの対応が気持ちよく、心乱れることなく状況を説明することが出来ました。

チューリッヒ自動車保険の専任担当者から連絡

Zurich0-1

出典 チューリッヒ自動車保険

事故対応の相談は平日のみ

オベレーターさんと話をして分かったことですが、チューリッヒ自動車保険の担当者は、土日祝は休みとのことでした。

意外ですね。

もちろん、重大事故の場合はしかるべき対応があるかもしれませんが、相談窓口は平日の対応になるようです。

私が車をこすったのは、9月の三連休の土曜日でした。

チューリッヒ自動車保険の担当者からの電話連絡は、連休明けになりますと言われ、ここでいったん一区切りです。

オペレーターさんは、担当者から私に電話をする時の、都合の良い時間帯を確認しました。

最近、顧客の都合を確認する企業が多くなりましね。チューリッヒ自動車保険も、きちんとおさえていると思いました。

手厚い!事故当日に専任担当者から電話がきた

事故当日に専任担当者から電話あり!

チューリッヒ自動車保険の担当者が私に電話をするのが、事故の2日後と取り決めましたが、ショックは消えず、せっかくの3連休は台無しだなーと、落ち込んでいました。

すると車をこすった日の午後、担当者のMさんから電話がかかってきました。

チューリッヒは、専任の担当者が付きます。

Mさんは、たまたま出勤していたそうで、オペレーターから状況を聞き、すぐに私に電話をしてくれたようです(何件も着信あり。)

事故をおこしてしまったら、即日対応してもらえると勝手に思っていたのですが、「レッカーなどの処理と、保険金の話は別もの」ですものね。

Mさんは、私が保険金のことや、修理のこと、警察への通報の有無について、心配しているだろうと思ったようで、営業日以外に対応してくださったのです(涙)。

これは、事故をおこした人間にとって、たいへん心強いことでした。

Mさんとの確認事項

あなたは、あるところに電話をかけて、担当者から折り返しの電話をもらった時、「内容が伝わっておらず、ゆがんだ情報になっていて、引継ぎが出来ておらず、もう一度説明した」というご経験はないでしょうか?

私はこのようなことを何度も経験しており、電話口でもう一度同じことを話さなければならないストレスで、イライラすることがありました。

その点、チューリッヒ自動車保険の担当者であるMさんは、完璧に内容を掌握しており感心しました。

オペレーターさんの伝達スキルが高いことがうかがえました。

気になるチューリッヒ自動車保険料は?

チューリッヒ自動車保険料

そして気になる保険金についてですが、チューリッヒ自動車保険を使った場合、自己負担額は「155,000円」ということが分かりました。

チューリッヒ自動車保険を採用した場合

・修理工場はチューリッヒ指定の自宅から近いところを手配
・修理期間中の代車は保険料に含まれる
・免責金額 50,000円(2回目の事故は100,000円)

・等級が3つ下がる(7等級 → 4等級)
・保険料が3年間 36,000円UP  (81,000円/年 → 117,000円/年)

毎日、ちまちまと節約生活をしている私にとって、155,000円は非常に痛すぎる出費です(涙)。

車の修理屋さんに見積もり

ここでMさんに相談し、普段 利用している車の修理屋さんに見積もり依頼をして、金額を比較することにしました。

Mさんも快く承知してくれ、自腹の修理代金が判明したら、私からMさんに電話をすることで、一旦落ち着きました。

自腹で修理をすると決めた場合、担当者に必ずその旨を連絡します

結果「自腹修理」に決定

お世話になっている自動車の修理屋さんに、車のこすった箇所を写真で送り、見積もりしてもらった結果は、

80,000円(消費税抜き) でした。

安っ!(実際、8万円は高額ですが汗)

わが家の車はドイツの車で、修理代が高いと評判!?でした。

それなのに、80,000円(消費税抜き)という破格ともいえる金額を出してもらったのは、利用している車屋さんのおかげだからです。

まさに、神対応の修理屋さんなのです。(将来、別の記事でご紹介したいほどです)

というわけで、チューリッヒ自動車保険の担当者Mさんに電話をかけ、「自動車保険は使わない」ということで落着いたしました。

Mさんも「良かったですね!!!」と、最後まで気持ちの良い対応をしてくださいました。

Mさん、ありがとうございました。

チューリッヒの自動車保険について

チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠になった場合の給油が10リットルまで無料など、事故を起こしてしまった時 大変ありがたいサービスが付いているものもあるようです。

見積りを検討されている方、もしくは申込みを希望されている方は、こちらにリンクを貼っておきますので、参考になさってください。

自動車保険のチューリッヒ|ネット申込みで最大21,000円割引!」

zurich.co.jp/car/

まとめ

今回は、私の注意不足で事故をおこしてしまいましたが、チューリッヒ自動車保険を使わずに、自腹修理をすることになりました。

オペレーターさんの対応、営業担当のMさんとのやり取りで、外資系企業のネガティブなイメージが崩れました。

なぜなら、以前利用していた日本の自動車保険より4割も低価格のチューリッヒ自動車保険の対応は「それなり」という固定概念があったからです。

チューリッヒ自動車保険は「人間味のある手厚い対応」をしてくださったことは、間違いありません。

補償の内容・金額も重要ですが、私はチューリッヒ自動車保険に加入していて良かったなーと心から思いました。

自動車保険のチューリッヒ|ネット申込みで最大21,000円割引!」
https://www.zurich.co.jp/car/

スポンサーリンク
暮らしのこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク