スポンサーリンク

事故対応力が素晴らしい!「チューリッヒ自動車保険」にお世話になった体験談

Zurich

きょうはちょっとツライ「車のお話」をします。

加入している「チューリッヒ自動車保険」に、先日、初めてお世話になりました。

車を柱にすってしまったのです(涙)。

事のてんまつを先に言ってしまいますと、加入しているチューリッヒ自動車保険は利用せず「自腹で修理」になったわけですが。

もう忘れたい・・・(苦笑)

今思い出しても、自分の不注意が悔やまれます。

しかしながら、チューリッヒ自動車保険の対応は非常に丁寧で、心強く、精神的に救われました。

チューリッヒ自動車保険に加入したいきさつは、「評判」を気にすることなく、自動車保険の一括見積もり簡単に決めてしまっただけでしたが、実際に自分が事故を体験してみて、その手厚さに感動いたしました。

きょうは、カジトラが二度と体験したくない「自損事故」について、また、「チューリッヒ自動車保険の対応」について、お話いたします。

スポンサーリンク

事の発端は、バックで駐車

9月の三連休に、図書館で、いつも通りバックして駐車しようとしたところ、まんまと柱にこすってしまいました。

うらみ言を言いたくありまんが(本当は言いたいけど)、この図書館、車を停めづらいんです。

今回私がやらかしたのは、柱と柱の真ん中のスペース。駐車するには非常に「ハイリスク」な場所でした。

普段わたしが駐車している場所は、柱がないので、比較的停めやすいのですが、その日は生憎すでに他の車が数台停まっていました。

致し方なく、柱と柱の間の狭いスペースにソロソロとバック。そして、ガガガ・・・。

夫は、私より顔面蒼白になっていました。

柱を確認後、チューリッヒ自動車保険へ電話

助手席で、ショックで落ち込んでいる夫をそのままにして、車を出た私はまずは車のボディーをチェック。

うわーん、かなりきてます(涙)。

そして、柱はどうなったかというと、無傷。塗装が付いただけで、柱を傷めていないことがわかり、ホッとしました。

迷った!警察に電話?チューリッヒ自動車保険に電話?

不幸中の幸いで、人身事故ではなかったけれど、この時の心境はやっぱりショックでした。はやく電話をしないとドキドキが止まりませんでした。

まず、警察に電話するか、チューリッヒ自動車保険に電話するか迷いました。

夫と相談し、まずはチューリッヒ自動車保険に電話をして、「どうすればよいか指示をあおぐこと」にしました。

結論を言うと、対人事故・物損事故でなかったため、警察への連絡は不要でした。

ちなみに私は、スマートフォンの住所録の上のほうに、チューリッヒ自動車保険の緊急電話番号を登録していました。すぐに電話が出来るようするためです。「備え」はとても大事ですね。

チューリッヒ自動車保険へ事故の連絡

Zurich0

出典 チューリッヒ自動車保険

事故連絡の専用電話「0120-197-222」に電話をかけて、オペレーターに状況を伝えました。

第一声は、「おケガはございませんでしたでしょうか?」でした。

もちろんマニュアル対応だとは思いましたが、それでもこの時のオペレーターさんの対応で、気持ちがとても落ち着きました。

オペレーターに伝えたこと

自分がオペレーターに伝えたこと

・自分の名前
・生年月日
・同乗者の有無
・車をこすったしまった日にち・時間
・こすった場所と時間
・車の車種

オペレーターの対応

オペレーターに言われたこと

・自分と夫にケガはなかったか?という安否確認
・レッカー車、代車など、必要か?
・図書館の住所など、把握しておいてほしい
・専任担当者から別途、私に電話がゆくこと
・警察に電話するか否かは、担当者のアドバイスに従ってほしい
・修理について(チューリッヒを使うか、自分で探すか)

オペレーターさんの対応が気持ちよく、心乱れることなく状況を説明することが出来ました。

チューリッヒ自動車保険の専任担当者から連絡

Zurich0-1

出典 チューリッヒ自動車保険

事故対応の相談は平日のみ

オベレーターと話をして分かったことですが、チューリッヒ自動車保険の担当者は、土日祝は休みとのこと。

ちょっと、意外ですね。

もちろん、重大事故の場合はしかるべき対応があるかもしれませんが、相談窓口は、平日の対応になるようです。

私が車をこすったのは、9月の三連休の土曜日でした。

チューリッヒ自動車保険の担当者からの電話連絡は、連休明けになりますと言われ、ここでいったん一区切りです。

オペレーターさんは、担当者から私に電話をする時の、都合の良い時間帯を確認しました。

最近、顧客の都合を確認する企業が多くなりましね。チューリッヒ自動車保険も、きちんとおさえていると思いました。

手厚い!事故当日に専任担当者から電話がきた

事故当日に専任担当者から電話あり!

チューリッヒ自動車保険の担当者が私に電話をするのが、事故の2日後と取り決めましたが、ショックは消えず、せっかくの3連休は台無しだなーと、落ち込んでいました。

すると、車をこすった日の午後、担当者のMさんから電話がかかってきました。

チューリッヒは、専任の担当者が付きます。

なんでも、たまたま出勤していたそうで、オペレーターから状況を聞いたMさんは、すぐに私に電話をしてくれたのです(何件も着信あり。)

正直言いますと、事故をおこしてしまったら、即日対応してもらえると勝手に思っていたのですが、「レッカーなどの処理と、保険金の話は別もの」ですものね。

Mさんは、私が保険金のことや、修理のこと、警察への通報の有無について、心配しているだろうと思ったようで、営業日以外に対応してくださったのです(涙)。

これは、事故をおこした人間にとって、たいへん心強いことで、仕事以上のことをしてくれるMさんの人柄がうかがえました。

Mさんとの確認事項

皆さんは、あるところに電話をかけて、担当者から折り返しの電話をもらった時、「内容が伝わっておらず、ゆがんだ情報になっていて、引継ぎが出来ておらず、もう一度説明した」というご経験は、ありませんか?

私はこのような経験を何度かしており、電話口でもう一度同じことを話さなければならないストレスで、イライラすることがありました。

チューリッヒ自動車保険の担当者であるMさんは、完璧に内容を掌握しており、変なところに感心しました(笑)。オペレーターさんの伝達スキルが高いことが分かります。

気になるチューリッヒ自動車保険料は?

チューリッヒ自動車保険料

そして気になる保険金についてです。

チューリッヒ自動車保険を使った場合、自己負担額は「155,000円」ということが分かりました。

チューリッヒ自動車保険を採用した場合

・修理工場はチューリッヒ指定の自宅から近いところを手配
・修理期間中の代車は保険料に含まれる
・免責金額 50,000円(2回目の事故は100,000円)

・等級が3つ下がる(7等級 → 4等級)
・保険料が3年間 36,000円UP  (81,000円/年 → 117,000円/年)

毎日、ちまちまと節約生活をしている私にとって、155,000円は非常に痛すぎる出費です。ハー(ため息)。

車の修理屋さんに見積もり

ここでMさんに相談して、いつも利用している車の修理屋さんに、見積もり依頼をして、金額を比較することにしました。

Mさんも快く承知してくれて、自腹の修理代金がわかったら、私からMさんに電話をすることで、一旦落ち着きました。

自腹で修理をすると決めた場合、担当者に必ずその旨を連絡します

結果「自腹修理」に決定

お世話になっている自動車修理屋さんに、車のこすった箇所を写真で送り、見積もりしてもらった結果は、

80,000円(消費税抜き) でした。

安っ!(8万円は高いです。はい・・・)

告白してしまいますが、わが家の車はドイツ車で、修理代が高いと評判!?です。

それなのに、80,000円(消費税抜き)という破格ともいえる金額を出してもらったのは、利用している車屋さんのおかげだからです。

まさに、神対応の修理屋さんなのです。(将来、別の記事でご紹介したいです)

というわけで、チューリッヒ自動車保険の担当者Mさんに電話をかけて、「自動車保険は使わない」ということで落着いたしました。

Mさんも「良かったですね!!!」と、最後まで気持ちの良い対応をしてくださいました。

Mさん、ありがとうございました。

まとめ

今回は、私の注意不足で事故をおこしてしまいましたが、チューリッヒ自動車保険を使わずに、自腹修理をすることになりました。

オペレーターさんの対応、営業担当のMさんとのやり取りで、外資系企業のイメージが崩れました。

なぜなら、以前利用していた日本の自動車保険より4割も低価格のチューリッヒ自動車保険の対応は「それなり」という固定概念があったからです。

チューリッヒ自動車保険は「人間味のある手厚い対応」をしてくださったことは、間違いありません。

補償の内容・金額も重要ですが、私はチューリッヒ自動車保険に加入していて良かったなーと心から思いました。

余談ですが、私が住んでいる千葉県は、2019年9月の台風の大災害で、板金の調達が難しく、いまだ車の修理に至っておりません。

しかしながら、災害に遭われた方々への資材調達が最優先です。

私も夫も、時期がきて修理してもらえたら。という心づもりでおります。

最後になりますが、チューリッヒ自動車保険は、比較サイトで検討して決定しました。安さだけが売りでないチューリッヒ自動車保険も入っていますので、ご参考になさってください。

[自動車保険比較サイト]

あなたにあった一番安い自動車保険を一括見積もり!

スポンサーリンク
暮らしのこと
この記事を書いた人
カジトラ

良いモノを長く大事に使ってゆく生活を目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ

コメント