スポンサーリンク

日本民藝館「平日」の混雑状況をレポート「食の器」2019年6月25日~9月1日

the Japan Folk Crafts Museum_mingeikan0

2019年7月の平日(水曜日)に、駒場東大前駅から歩いて、日本民藝館へ行ってきました。

日本民藝館は、6月25日(火)から9月1日(日)まで「食の器」を展示しています。

柳宗悦さんが世に残した「民藝」はとても素晴らしく、カジトラは中でも「器」を鑑賞するのがとても好きなのです。

展示品はもちろんですが、館内の造り、置いてある家具も一見の価値がある「日本民藝館」。

平日の混雑状況をレポートいたします。

スポンサーリンク

平日の混雑状況「食の器」

the Japan Folk Crafts Museum_mingeikan2.

2019年7月水曜日、午前11時過ぎに日本民藝館に到着しました。

日本民藝館の最寄り駅は、京王線の駒場東大前駅です。

友人を駒場東大前駅の西口改札で待っていると、民藝館に見学にいくようなおじさま、おばさまのグループを何人か見かけました。

やはり柳宗悦さんが蒐集した「器」の展示となると、平日も混雑しそうな予感がしました。

平日の水曜日が人が多かった理由

the Japan Folk Crafts Museum_mingeikan5

西館(柳宗悦邸)

駒場東大前駅からゆっくり歩いて10分ほどで日本民藝館に到着しました。

館内の入り口でスリッパに履き替えて、黒い布の袋に靴を入れて受付へ。

入場料は大人1,100円です。

玄関には10人以上の見学者が。外国人グループもいました。

前回見学した「藍染めの絞り」より、見学者が多い印象ですが、受付窓口は並ばずにチケットを購入することができました。

今日は平日であるにもかかわらず、人が多いのには理由があるのです。

それは、展示中の第2水曜日は、西館(柳宗悦さんの邸宅)も公開しているからなのです。

追加料金は発生せず、入館料1,100円で西館も見学することが出来るので、それを目的に来館する方もいらっしゃると思います。

見学者は各部屋に5~10人

mingeikan

日本民藝館の本館は、全部で8部屋あります。

館内は2階建ての日本家屋で、玄関を入ると重厚な木の階段があります。この階段は大変見ものです。

館内は、1階が3部屋、2階が4部屋+大展示室という造りになっています。

各部屋には、5~6人の見学者がいました。

玄関では「人が多い印象」でしたが、見学をするとなると人がばらけるので、混雑しているという印象はなく、ゆっくり鑑賞することができました。

カジトラおすすめは「大展示室」

the Japan Folk Crafts Museum_mingeikan7

今回のテーマは「食の器」です。

それにちなんだ民藝が展示されているのですが、日本民藝館の「ユニークさ」を、私はとっても気に行っています。

食の器といえば、ごはん茶碗、お皿などを連想しますよね。

もちろんそれらも展示されているのですが、それだけでは終わらせないところが民藝館の「いき」な計らいなのです。

今回、印象的だった展示品は、お菓子をかたどる木製の型がたくさんあったことです。

これがもう本当に素晴らしく、ため息がでました。

柳宗悦さんの民藝運動についてはご存知かと思いますが、こういう「民藝」を柳さんが一つ一つご自身の足で発掘していったという情熱は、本当に畏敬の念を抱きます。

今回の展示「食の器」で、「大展示室」にやっぱり仕掛けがありました。演出がにくいです(笑)

器好きな方にはたまらない「やっぱり、あの方々」の器が美しく展示されていましたので、どうぞ堪能してくださいね。

また、大展示室の向いにある大きなガラス窓から見える「つぼ」も、今回はたくさん置かれてあったように思います。

本館のポイント

the Japan Folk Crafts Museum_mingeikan3.

1階の受付で、荷物を預かってもらえます

貴重品と靴が入った袋以外の荷物を、受付で預かってもらうことが出来ます。預ける時に引換券をもらいますので、荷物を取りに行くときは引換券と交換してくださいね。

エレベーターがあります

日本民藝館の本館は、歩くのが困難な方専用に、エレベーターも設置されいます。ご利用になりたい方は、受付で申し出れば、対応してくれます。

持ち込みのお茶が飲める展示室

1階の「第3室」は、中央にベンチが置いてあります。

そこに座って、持ち込んだお茶などを飲んで休憩することができます。

今回、第3室は着物が展示されていました。涼やかな着物を見ながらゆっくり休憩することが出来ます。

ちなみに今日は、3人ほどマダムが座ってゆっくりされていて、混雑しているという印象はありませんでした。

日本民藝館で飲食ができる部屋は、「第3室のみ」ですが、通路などにも民藝の椅子が置いてあるので、座って休憩をすることが出来ます。

売店の混雑状況

1階受付のとなりは売店になっています。

今日の人の入りは、「10人」ほどでした。前回の(藍染めの絞り)見学では5人ほどだったので、若干ではありますが、人が多い印象でした。

柳宗悦さんの本や、記念の絵ハガキ、益子焼などの焼き物が陳列されていて、目の保養になりました。

西館(柳宗悦邸)開放日について

the Japan Folk Crafts Museum_mingeikan6

柳宗悦さんの邸宅(西館)を見学できる日は、「食の器」が開催中の、

・第2水曜日

第2土曜日

・第3水曜日

第3土曜日  です。

すなわち、開催期間中に西館を見学できる日は、下記のとおりです。

7月 10日(水)
13日(土)
17日(水)
20日(土)
8月 10日(土)
14日(水)
17日(土)
21日(水)

日本民藝館「西館」の混雑状況

the Japan Folk Crafts Museum_mingeikan3

西館は、わたしたちを含めて見学者は3人でした。

見学が終わって玄関を出る時に、4~5人のグループが入ってきただけでしたので、西館も混雑はしていませんでした。

ちなみに柳宗悦さんの邸宅も2階建てです。

引き戸を開けて、玄関で靴を脱いでビニール袋に入れて手で持って見学します。

受付方法

本館で受付した時に「西館の入場券」をもらいますので、入口の学芸員さんに渡します。

カジトラおすすめはピアノと書斎

1階にある音楽家であった奥さま(柳兼子さん)のピアノは絶対見てほしいです。なぜなら、ピアノに「燭台」が付いているからです。

素敵なピアノを間近でみられて感動しました。

また、2階の柳宗悦さんの書斎も素敵でした。

書斎の窓の向こうには駒場の森が広がり、窓際にはクラッシックなソファが置いてありました。

天井まで届く本棚には、柳さんが読まれた書物がびっしり。やっぱり本は読まなければと、身が引き締まる思いでした。

西館のお部屋は、一つ一つはこぢんまりとしていますが、日当たりの良いさっぱりとした日本家屋です。

床はツルツル滑りやすいので、気を付けてくださいね。

柳さんは還暦を機会に敷地を含む自宅の一切を、日本民藝館に寄付することに決めて、昭和26年(1951年)に正式に寄贈されました。

まとめ

今回は、日本民藝館「食の器」の平日の混雑状況をご紹介いたしました。

平日の本館は、各お部屋に5~6人ほどの見学者でしたので「ゆっくり」鑑賞できると思います。

また日本民藝館は、ふんだんに展示品を置かない「ぜいたくな空間」を楽しめるところがオススメです。

大きな美術館のように「超大作」の展示品は置いてありませんが、民藝ファンにはたまらないところですね。

今回は、柳宗悦さんの仲間の器が、大展示室とその周辺に展示されていましたので、どうぞ楽しんでください。

[関連記事]
暮らしに溶け込む「益子焼」がおすすめ|歴史と特徴、濱田庄司記念益子参考館について

日本民藝館
・開館時間 10:00~17:00
・入館料 一般1,100円 高・大学生600円 小・中生 200円
・住所 東京都目黒区駒場4-3-33
・最寄り駅 京王線駒場東大前駅から徒歩10分
・電話 03-3467-4527
・休館日 月曜日(ただし月曜が祝日の場合は翌日火曜日)
・西館(旧柳宗悦邸)第2・第3の水曜日と土曜日に公開
(10:00~16:30)
・公式ホームページ http://www.mingeikan.or.jp/events/
日本民藝館へのアクセスを写真付きでご案内|駒場東大前駅から徒歩10分
...
日本民藝館の「木喰仏」|いつも展示されている?学芸員さんに聞いてみた
...
スポンサーリンク
街のこと
この記事を書いた人
カジトラ

良いモノを長く大事に使ってゆく生活を目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ

コメント