スポンサーリンク

絶品です!成田山の美味しい鰻の名店「駿河屋」メニュー、整理券、駐車場などご紹介

surugaya (10)

鰻屋「駿河屋」さんは、成田山新勝寺近くのうなぎの名店です。

成田山のすぐ近くにあるので、参拝された後、ランチをするのにオススメです。

ちょっと敷居が高い雰囲気が漂っていますが、大丈夫。駿河屋さんは店員さんの接客が素晴らしく、気持ちよく「鰻ランチ」を堪能できますよ。

「駿河屋」さんは、こんな方におすすめです。

・きれいなお店でゆっくりしたい
・店員さんの対応が良いお店で鰻が食べたい
・極上の美味しいうなぎを食べたい

今回ご紹介する内容です。

・鰻の老舗「駿河屋」さんについて
・営業時間など店舗情報
・メニュー一覧
・整理券について
・近隣駐車場について
・うな重の食レポ
・駿河屋さんのこだわり

成田山新勝寺にお参りした後に、美味しい鰻ランチを食べたいと思われている方のお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

うなぎ「駿河屋」について

surugaya (35)

駿河屋さんは、成田山総門の脇にある江戸時代(1798年)に創業した老舗の名店です。

創業者が静岡県(駿河)出身だったため、屋号が「駿河屋」と付けられました。5代前の当主の時代は、両国、浅草、吉原、向島に支店を開きましたが、関東大震災や戦災によって焼失し、今は成田山の一店舗のみとなりました。

成田山は、鉄道などの交通が発達したため日帰りで行けるようになったので、旅館業から食堂に商いをかえました。

surugaya (6)

駿河屋さんは、注文してから鰻を裂いて料理をはじめるので、テーブルに上がってくるまでの時間は20~30分かかります。

これこそ、本物の鰻屋さんの証拠です。

surugaya (8)

また、鰻というと、川魚独特のエグ味を感じることがありますが、駿河屋さんのうなぎは臭みもなく、たいへん美味しい鰻を頂くことができます。

surugaya (14)

鰻は炭で焼かねば美味しさが半減してしまいます。駿河屋さんは、もちろん炭火焼き。お店の入り口に炭の窯が置いてあります。

店舗情報

surugaya (9)

駿河屋さんは、成田山新勝寺総門の脇にあります。

店舗名 駿河屋(するがや)
住所 千葉県成田市仲町359
電話番号 0476-22-1133
営業時間 平日11:00~16:00(ラストオーダー)
土日祝祭日10:00~16:00(ラストオーダー)
定休日 木曜日
席数 200席(2階建て)
カード可 VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners

アクセス

電車

JR・京成成田駅から徒歩15分です。

surugaya (1)

駐車場はありませんので、私は成田市駐車場に停めて、歩いていきます。

この駐車場は、3時間までの1時間ごとに100円と格安ですので、オススメです。

成田市第二駐車場

住所  千葉県成田市上町561
地図   地図を見る(Googleマップ)
距離  駿河屋まで徒歩4分
(300メートル)
駐車台数  23台
開設期間  無休
※年末年始など各種イベント時は利用不可
利用時間   24時間営業
料金  入庫から3時間までの1時間ごとに100円。入庫から3時間を超えた後の30分までごと100円

成田市第三駐車場

住所  千葉県成田市幸町481-2
地図  地図を見る(Googleマップ)
距離  駿河屋まで徒歩5分
(400メートル)
駐車台数  14台
開設期間  無休
※年末年始など各種イベント時は利用不可)
利用時間  24時間駐車可能
料金  入庫から3時間までの1時間ごとに100円。入庫から3時間を超えた後の30分までごと100円

成田市第一駐車場は、駿河屋まで徒歩12分くらいかかるので利用したことはありませんが、成田市のサイトを貼りますので、ご参考になさってくださいね。

成田市公式サイト
https://www.city.narita.chiba.jp/shisetsu/page0237.html

木曜日が定休日

駿河屋さんは、木曜日が定休日です。

現在、新型コロナウイルス対策をおこなっているため、開店時間につきましては公式サイトにてご確認ください。

[詳細]駿河屋 営業時間について

予約について

surugaya (15)

駿河屋さんは、予約が出来ません。

しかしながら、お店に入ってすぐ右に整理券の発券機がありますので、人数をタップして整理券を発行して、番号順に待つというシステムをとっています。

開店時間の10時前から整理券を発行していますので、成田に着いたら、まずは整理券をゲットして、成田山新勝寺へお参り行ったり、参道を散策するなどして、待ち時間を効率的に使うことが出来ます。

surugaya (13)

看板が準備中となっていても、中に入れてもらうことが出来ます。写真の方々は、整理券を発券しているところです。

「駿河屋」メニュー

うなぎ

surugaya (16)

最初に出されるお茶が大変美味しいのです。

駿河屋さんのメニューをご紹介します。

surugaya (17)

人気メニューは「うな重(肝吸とお新香付)」 3,450円(税別)です。

鰻メニューです(すべて税別)

 うな重(肝吸とお新香付) 3,450円
 特上うな重(肝吸とお新香付)  4,800円
 大井川共水うな重(肝吸とお新香付) 5,700円
 鶏重(お吸い物付) 1,500円
 蒲焼 3,100円
 白焼 3,100円
 特上蒲焼(一尾半) 4,450円
 特上白焼き(一尾半) 4,450円
 共水蒲焼 5,350円
 共水白焼 5,350円
 きも吸・ご飯つき定食 400円増

「うな丼」も人気です

surugaya_2018

こちらの写真は2018年9月のものです。メニューに記載はありませんが、うな丼も人気です。

お値段は2,200円とリーズナブルですし、若い女性客はこれくらいの量がちょうど良いみたいで、今回見かけた女性グループはこちらを注文していました。

うな丼も肝吸と、お新香が付きます。

一品料理(全て税別)

surugaya (18)

一品料理も魅力的です。

ほかのお客さんは、だし巻玉子を注文していたので、次回わたしも食べてみたいです。

 鰻煮こごり 500円
 鯉のあらい 900円
 鯉こく 900円
 鯉竜田揚げ 900円
 川海老唐揚げ 550円
 焼き鳥 950円
 だし巻玉子 550円
 お新香 600円

飲みもの

surugaya (31)

 烏龍茶 400円
 ジンジャーエール 400円
 コーラ 400円
 温州みかんジュース 450円
 生ビール 700円
 瓶ビール(大瓶) 700円
 日本酒(1合) 580円
 ノンアルコールビール 450円

食レポ「うな重が美味しすぎる」

surugaya (34)

今回初めて、人気メニューの「うな重(肝吸とお新香付)」 を注文しました。

「30分から40分ほど、お待ちいただきます。」と、店員さんに言われて、ちょっとお預けをくらったワンちゃんの気持ち(笑)

注文を受けてから、鰻をさばいて、調理するのでこのくらいの時間は普通です。

20分後、テーブルに上がってきました。開店時間と同時に入店したので、混雑していなかったので早く来ました♪

それでは、フタを開けます。

surugaya (35)

フタを開けた瞬間、鰻の香ばしい香りが!!!

さっそく頂きます。

surugaya (39)

一口食べて、黙ってしまいました。美味しすぎて。

口の中で、鰻がとろけます。鰻のタレは甘ったるくありません。遠くにほのかに甘味を感じるやさしい味です。

鰻はエグ味もなく、泥臭くもなく、フワフワです。

surugaya (36)

追加のタレと、山椒です。この山椒がものすごく美味しいので、お好きなかたは試してくださいね。

surugaya (38)

緑色がとても美しい山椒です。

香りが高く、味はやさしいのですが、きちんと「山椒を主張」しています。ちょっとピリピリしびれた味わいが、鰻のうま味を引き立てます。

surugaya (40)

肝吸も絶品です。

わたしは大食らいなほうですが、このうな重を完食した後は、かなりお腹いっぱいになりました。

鰻だけでない駿河屋のこだわり

食材へのこだわり

surugaya (37)

駿河屋さんのこだわりは、何といっても「うなぎの鮮度と質」。熟練された職人さんが一匹一匹を見極めて、素材に合わせて鰻を裂いているため、串打ち、蒸し、焼きなど「うなぎのうま味」を最大限に引き出してくれます。

またメニューにある「共水うなぎ」を使用しているのも駿河屋さんのこだわりです。

共水うなぎとは、「天然うなぎ」のことを言います。

南アルプス大井川の伏流水と、厳選された飼料によって大切に育てられた鰻で、薬品類は一切使っていません。

秘伝のタレ

surugaya (12)

駿河屋さんのタレはギトギト甘くありません。

醤油は「下総醤油」、みりんは「三河の白九重味みりん」を使っています。どちらも老舗の職人さんの手による最高級品の調味料なので、美味しくないわけがありませんね。

お米が美味しすぎる

ご飯がものすごく美味しかったので、店員さんにうかがったところ、以前は、千葉県産の「多古米」を使っていたそうですが、現在は新潟県産の「みずほの輝き」を使っているとのことです。

多古米も最高級のお米ですが、今回いただいた「みずほの輝き」が美味しすぎたので、個人的に買ってしまいました。

「みずほの輝き」は初めて食べたのですが、一粒一粒がしっかりしているので、鰻のタレでベシャっとなりませんでした。また甘味があって噛み応えがあるので、コシヒカリかしらと思ったほどです。

店内がきれい

surugaya (30)

駿河屋さんは1階、2階あわせて200席あります。

店内は非常にきれいで、清潔です。お店の中を長靴を履いた職人さんが行き来した後は、必ず店員さんがモップで床を拭いているのが見えました。

また店内の温度も快適で、涼みながらうな重を頂くことが出来ます。私の席のそばにはダイソンの扇風機が置かれていましたが、店員さんが絶えず空調の管理をしていて、心遣いを感じました。

店員さんの接客が気持ち良い

surugaya (32)

パックに入ったおしぼりは、紙ではなく繊維でできたものでした。

わたしは駿河屋さんは2回目の訪問ですが、前回も今回も店員さんの接客で、最初から最後まで気持ちよく過ごすことができました。

店員さんのほとんどは、とても若く、もしかしたら高校生さん?と思わせるような方もいましたが、全員笑顔で、丁寧な対応をしてくれました。

それは決してマニュアル通りのトークではないことが分かります。

駿河屋さんと言えば、昼時になると大混雑になる人気店ですが、店員さんはきちんと対応しているのには驚きました。

忙しさで「おもてなしの心」が、なおざりになってしまうお店とは雲泥の差です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

成田山新勝寺へ参拝されるときに、非常に美味しくて、気持ちよく過ごすことが出来る鰻屋「駿河屋」さんを、ご紹介いたしました。

成田山界隈の鰻屋さんの相場は、3,000円~5,000円といったところでしょうか。

今回ご紹介しました「駿河屋」さんは、うな丼は2,200円と大変リーズナブルなメニューもあります。

とにかく鰻もご飯もタレも美味しいです! この一言に尽きます。

成田山へお参りに行かれる時、ランチにいかがでしょうか。オススメします。

駿河屋(するがや)
電話:0476-22-1133
営業時間:10:00~16:30(ラストオーダー)
定休日:木曜日(2019年8月は定休日が変わります)
住所:千葉県成田市仲町359
食べログ:https://tabelog.com/chiba/A1204/A120401/12006496/

コメント