スポンサーリンク

畑の雑草で枝豆栽培!?木嶋先生に学ぶ枝豆のコンパニオンプランツ栽培

edamame-19 (★)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「枝豆の草生栽培」についてご案内いたします。

枝豆は、トウモロコシやニンジンなど、数多くの野菜と相性がよいため、同じウネで複数の野菜を楽しく育てることが出来ますが、今回ご紹介する栽培は、畑に生える雑草と一緒に育てる方法です。

畑の雑草をコンパニオンプランツとして枝豆を栽培する方法は「草生栽培」といい、枝豆と雑草のそれぞの特性を活かした育て方ですので、参考になさってください。

スポンサーリンク

畑の雑草で枝豆栽培|木嶋先生に学ぶ枝豆のコンパニオンプランツ栽培

日陰でも育つ枝豆

sweetcorn,edamame (20200617-4)

農学博士の木嶋利男先生によりますと、枝豆はあまり日の当たらない場所でも生育しますので、トウモロコシの日陰になっても栽培することが出来ます。

逆に、日に当たり過ぎますと かえって生育が悪くなり、夏の高温で乾燥する時期は、水分が不足しがちになり、空サヤが多くなります。

木嶋先生に学ぶ枝豆と草の関係

木嶋先生は、高温乾燥が激しかった年に、草をとらなかった畑と、きれいに除草した畑を観察されたことがあるようですが、草をとらなかった畑の枝豆のほうが、生育が良かったと述べられています。

畑の雑草で枝豆栽培する目的

畑の雑草を枝豆(野菜)の栽培に利用する方法を、「草生栽培」といい、枝豆を強い太陽光線から守ることを目的とします。

雑草と共生して得られる効果

edamame-20 (★)

枝豆と雑草を一緒に育てる草生栽培は、雑草が地中深くから吸い上げる水により、干ばつの影響を受けにくくする効果がありあす。

また、枝豆や草の根には、菌根菌が共生します。

菌根菌は、枝豆と草のネットワークを形成し、それぞれが栄養分を共有するようになります。

さらに、菌根菌の菌糸は、枝豆や草の根の2倍程度も土中に広がるため、より広い範囲から養水分を集めることが出来ます。

―枝豆と雑草の草生栽培の効果―

💡 雑草が日よけになります

💡 雑草が地中の水を吸い上げ、干ばつの影響を受けにくくなります。

💡 枝豆と雑草の根の菌根菌がネットワークを形成➡養水分を共有するようになります

木嶋先生に学ぶ枝豆の草生栽培(コンパニオンプランツ栽培)

枝豆の育て方

枝豆の種まき・植え付け

edamame (12)★

枝豆は、普通栽培と同じように、畑に種を直接まくか、ポットなどで育てた苗を植え付けます。

枝豆の土寄せ

20210529_edamame

土寄せをするまでは、普通の栽培と同じように除草します。

木嶋先生によりますと、土寄せを2回行うことで、不定根が生えますので、より生長が促進します。

1回目 本葉が出始めた頃、行います。
2回目 1回目の土寄せを行った2~3週間後に行います。

2回の土寄せ後、草を生やします

edamame (2)★

土寄せ後に生えてくる草は、そのまま畑に残します。

そうすることで、強い日差しから枝豆が守られます。

まとめ

20220512_edamame (★)

※ 今年は草と一緒に栽培しております

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「枝豆の草生栽培」についてご案内いたしました。

この栽培は、畑に生える雑草を利用することで、枝豆の生長を促進させる方法です。

木嶋先生が紹介しておられる野菜の栽培は、雑草を敵とせず共生させる方法ですので、参考になさってください。

[参考文献]木嶋利男著「野菜の植えつけと種まきの裏ワザ」

created by Rinker
¥1,650 (2022/05/25 04:49:00時点 Amazon調べ-詳細)
4259565028
スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ