スポンサーリンク

家庭菜園の強い味方「手作り防虫スプレー8選」カメムシ、アオムシ、コナガ、アブラムシ対策に!

Spray, Bottle,insect-repellent

無農薬で野菜を育てていますと、害虫に悩まされますね。

今回は、野菜に害虫が寄り付かなくなる手作りの防虫スプレーをご紹介いたします。

ご紹介する手作り防虫スプレーの中には、農学博士 木嶋利男先生のコンパニオンプランツ栽培を活かしたものもありますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

家庭菜園の強い味方!手作り防虫スプレー8選

野菜に害虫が寄り付かなくなる手作りの防虫スプレーをご紹介いたします。

殺虫剤ではありませんので、害虫を完全に除去することは難しく、野菜を栽培している間 たえずスプレーが必要になる場合もありますが、自然に優しく安全に野菜を育てられるかと思います。

手作り防虫スプレー一覧

種類 材料 主な効果 利用方法 ポイント
ニンジンスプレー ・ニンジンの葉
・水
モンシロチョウ、コナガを忌避 アブラナ科野菜の葉の表と裏にスプレー
ホウレンソウスプレー ・ホウレンソウの葉
・水
キアゲハを忌避 ニンジンの葉にスプレー 
唐辛子スプレー ・ホワイトリカー・ウォッカ
・赤トウガラシ
・水
アブラムシほか、害虫忌避 週に1回程度、葉っぱの表と裏に1スプレー 晴れ・曇りの日の朝or夕方にスプレー

たくさんスプレーすると葉が傷むので注意します

ハッカ油スプレー ・ハッカ油
・水
カメムシ忌避
油せっけん水 ・サラダ油
・水
・食器洗剤
(無香料無着色)
アブラムシの死滅 スプレー後、10分ほどで死滅します
酢水スプレー
・食酢
・水
野菜の新陳代謝を高める。病気予防・害虫対策 肥料過多、栄養不足の野菜の葉の裏表にスプレーアブラムシに1~2噴きスプレー 木酢液は使わないほうが無難です
トマトの葉スプレー ・トマトの葉、茎
・熱湯
アブラムシ、蛾の幼虫を忌避 野菜の葉の表と裏にスプレー 食用の果実には出来るだけ吹きかけないようにします
牛乳スプレー ・牛乳
・水
アブラムシの死滅 アブラムシに1~2噴きスプレー スプレー後、10分ほどで死滅します

手作り防虫スプレーの作り方

1.モンシロチョウ、コナガを寄せ付けない「ニンジンスプレー」

キャベツやハクサイ、カブ、ブロッコリーなどのアブラナ科野菜は モンシロチョウやコナガの幼虫に食害されやすく悩ましいですね。

コンパニオンプランツ栽培の第一人者でおられる 農学博士の木嶋利男先生は、すりつぶしたニンジンの葉を野菜にスプレーすることで、モンシロチョウやコナガが ニンジンの独特の香りを嫌い、寄り付かなくなります。と、述べられています。

ニンジンはセリ科の植物、キャベツなどはアブラナ科で科が異なります。異なる科の野菜の香りを吹きかけることにより、モンシロチョウやコナガから野菜を守ります。

用意するもの

・ニンジンの葉
・水
・すり鉢(ない場合は細かく刻んで)
・スプレーボトル

ニンジンスプレーの作り方

ニンジンの葉をすりつぶして水で薄めます。(わが家の配合は適当です。)

ニンジンスプレーの使い方

すりつぶした汁をこし、スプレーボトルに入れて、アブラナ科野菜に吹きかけます。

※ニンジンの葉がボトルに入りますと、ノズルがつまる場合があります。

2.キアゲハを忌避する「ホウレンソウスプレー」

spinach

ニンジンはキアゲハに卵を産み付けられやすく、孵化した幼虫がニンジンの葉を食べ尽くしてしまいます。

そこで、ニンジンのコンパニオンプランツ「ホウレンソウ」の葉をすり潰して水に溶かしたものをニンジンの葉にスプレーして、キアゲハを寄せ付けなくします。

用意するもの

・ホウレンソウの葉
・水
・スプレーボトル

ホウレンソウスプレーの作り方

ホウレンソウの葉をすりつぶして水で薄めます。(配合は適当です。)

ホウレンソウスプレーの使い方

ホウレンソウの汁をこし、スプレーボトルに入れて、ニンジンの葉に吹きかけます。

※ホウレンソウの葉がボトルに入りますと、ノズルがつまる場合があります。

3.アブラムシなどに「唐辛子スプレー」

pepperspray (4)

唐辛子のカプサイシンという物質で、アブラムシなどの害虫を寄せ付けなくする効果を発揮します。

用意するもの

・密閉できるガラス瓶
・赤唐辛子 10~20本
・焼酎・ホワイトリカー、ウォッカなど、アルコール度数が35度以上のお酒 200ml
・スプレーボトル

唐辛子スプレーの作り方

1.密閉できるガラス瓶に唐辛子を丸ごと入れます。

2.1に焼酎・ウォッカ・消毒用アルコールを入れます。

3.冷蔵庫などの冷暗所に1か月以上おきます。

唐辛子スプレーの使い方

1.熟成させた唐辛子の液体を、水で300倍に薄めてスプレーボトルに移します。

2.1週間に1回程度、植物に吹きかけます。

唐辛子の液体が、お肌や目に触れないように気を付けてくださいね。

アブラムシの卵は1週間程度で孵化(ふか)しますので、週に1回のペースでスプレーすると効果的です。

4.カメムシを寄せ付けないハッカ油スプレー

peppermint-3

ハーブのハッカは、「アレロパシー効果」という、動物や昆虫、微生物を寄せ付けないアレロケミカルを放出していますので、カメムシなどの害虫忌避に効果的です。

用意するもの

・ハッカ油 小さじ 1/2杯
・水道水 500ml
・スプレーボトル 500ml

プラスチックのスプレーボトルを使われる場合は、「ポリスチレン製以外(PS)」の材質のものを選びましょう。ハッカ油の成分は、ポリスチレンと化学反応をおこしてボトルが溶ける場合があります。

ハッカ油スプレーの作り方

野菜の葉っぱの表と裏にスプレーします。

吹きかける回数が多すぎますと植物が弱りますので、1週間に2回程度行います。

5.アブラムシを死滅させる「油石鹸水スプレー」

oil soap water (3)

アブラムシを窒息させて死滅させることが出来る油石鹸水スプレーです。

用意するもの

・食器洗剤 ペットボトルキャップ1杯分
・サラダ油 ペットボトルキャップ2杯分
・水 2リットル弱
・2リットルの空ペットボトル
・スプレーボトル

食器洗剤は、ヤシノミ洗剤のような無香料・無着色のものを使います

油石鹸水スプレーの作り方

アブラムシを死滅させる油石鹸水の作り方

1.空のペットボトルに、食器洗剤をペットボトルのキャップ1杯分入れます。

2.サラダ油をペットボトルのキャップ2杯分入れます。

3.水を1リットル入れてよく振って混ぜます。

4.振ると泡が立ちますので、泡が無くなるまでしばらく待ちます。泡がなくなりましたら、残りの水1リットルを入れて、ペットボトルを満タンにします。

5.食器洗剤、サラダ油、水が混ざり、白濁してきましたら完成です。

6.スプレーボトルに移して使います。油石鹸水は、薄めずに使用します。

6.酢水スプレー

vinegar-2

酢水スプレーは、農学博士の木嶋利男先生が紹介されている方法です。

このスプレーは、害虫を撃退する目的ではなく、肥料過多や栄養不足で弱った野菜に吹きかけて代謝を上げ、害虫を寄せ付けなくする目的として使います。

たとえば、腐りかけの食品にコバエがたかりますね。それと同じ原理で、弱っている野菜は害虫につけこまれやすいのだそうです。

用意するもの

・食酢(ミカン酢、米酢、リンゴ酢)
・水
・スプレーボトル

酢水スプレーの使い方

食酢を水で400~1,000倍に薄め、弱った野菜に吹きかけます。

葉の表と裏にたっぷり吹きかけるのがポイントです。

7.トマトの葉スプレー

tomatoes leaves-4

今年わが家が特に実践しているのは「トマトの葉スプレー」です。

こちらも木嶋先生が紹介されているもので、「トマチン」という毒素を野菜の葉に吹きかけ、アブラムシを寄せ付けなくする方法です。

わが家に関してですが、庭のバラに付いたアブラムシが数回の噴霧ででいなくなり、その効果に驚いています。

また、ハモグリバエも寄せ付けない効果があるようで、レモンとユズの葉に吹きかけています。

用意するもの

・トマトの葉と茎
・鍋(バケツなど)
・熱湯
・スプレー容器

トマトの葉スプレーの作り方

1.トマトの枝葉を細かく切り、鍋に入れて熱湯を注ぎます。

2.お湯が冷めましたら、スプレーボトルに注いで完成です。

※トマトの葉や茎がボトルに入りますと、ノズルがつまる場合があります。

トマトの葉スプレーの使い方

アブラムシが付きそうな(付いている)野菜にスプレーします。

なおトマチンは、ジャガイモの芽に含まれる毒素「ソラニン」に似ていますので、野菜の実にはできるだけ吹きかけないように気を付けましょう。

8.牛乳スプレー

アブラムシやハダニを窒息させて死滅させる牛乳スプレーもおすすめです。

アブラムシは別名エアープランクトンと呼ばれ、空中をフワフワと飛んでおり、次々と野菜に付きますので、何度もスプレーをする必要がありますが、アブラムシ駆除に効果的です。

用意するもの

・牛乳 50cc
・水 500cc
・スプレー容器

牛乳プレーの作り方と使い方

牛乳と水を合わせ、アブラムシが付いている野菜に吹きかけます。

保存方法

冷蔵庫で保存し、1週間程度で使い切るようにします。

まとめ

vegetables_2020

家庭菜園の強い味方「手作り防虫スプレー8選」をご紹介いたしました。

畑でとれた少し傷んだホウレンソウや、食べずに処分してしまうニンジンの葉、トマトの葉茎などからスプレーをつくり害虫を防ぐ方法です。

畑の野菜を使いますと、経済的にも自然にもエコロジーな方法で害虫対策を行うことが出来ますので、参考になさってくださいね。

-参考文献-

木嶋利男著 コンパニオンプランツで野菜づくり (ひと目でわかる図解)(主婦と生活社)

スポンサーリンク
暮らしのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ