スポンサーリンク

銅製のおでん鍋で美味しく楽しく!銅製品の魅力についてご紹介いたします

oden-nabe-8kj

わが家は、季節に関係なく夏でもおでんを美味しく楽しくいただきます。

数年前、仕切りのある銅製のおでん鍋を購入したところ、普通のお鍋で作るものよりも美味しくなることに気が付きました。

今回は、美しい光沢の耐久性に優れている銅製のおでん鍋の魅力についてご紹介いたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

銅製品の魅力とメリット

熱伝導率が良いので、時短で調理

oden-nabe-7kj

美しい光沢のある銅鍋は、金属の中でも熱の伝導率がよいので、短時間で調理をすることができます。

熱伝導率が良いと、食材にすぐに火が通り、煮崩れることがありませんので、おでんの汁が濁ることがなく最後まで澄んでいます。

普通のお鍋で作るおでんより、洗練された味わいに感じるのは、こういった理由もあるのではないかと思っております。

抗菌性が高い銅製品

鉄製品で調理しますと鉄分を摂取することが出来ますが、銅製品の場合は銅イオンが溶け出すため殺菌効果があると考えられているようです。

一般社団法人 日本銅センターさんのページを拝見しますと、銅の化合物は殺菌作用があり、微生物や細菌類の繁殖が抑えられる効果があるのだそうです。

花瓶に10円玉を入れてお花を活けると長持ちすると言われているのは、そのためですね。

耐食性に優れています

銅製品は表面にできる保護皮膜によって腐食の進行をおさえます。

そのため、屋根や雨どいなどに銅が使われることがあります。

高価な分、長く使うことができる銅製品

銅製品は、ステンレスのものより高価ですが、何十年も(何世代も)使い続けることが出来ることを考えますと、非常にコストパフォーマンスのよい調理器具になります。

お手入れについて

油膜を残すために出来るだけ洗剤は使わないようにします。

タワシなど研磨力の強いものを使いますと傷が付きますので、やわらかいスポンジを使って洗います。

おでん鍋の選び方

丸鍋と四角鍋

oden-nabe_kj

おでん鍋は丸いタイプと四角があります。

四角い調理器具は収納しやすいので、わが家は四角いタイプを選びました。

電気が使えるおでん鍋も

出典 Amazon

わが家のおでん鍋は、カセットコンロに直接置いて火にかけられるタイプですが、電気タイプのおでん鍋もあります。

仕切りがあると便利です

oden-nabe-9_kj

付属に仕切りが付いたものを選ばれますと、おでんの具を分けることが出来ますので便利です。

火にかけるタイプのおでん鍋について

oden-nabe-3kj

カセットコンロでお使いになりたい場合は、不安定にならないサイズの鍋を選ばれることをおすすめいたします。

oden-nabe-6kj

直火にかけられる金網の上に、おでん鍋を載せてもよいですね。

まとめ

oden-nabe-11kj

※ 〆のおうどんです

わが家は、夫が無類のおでん好きのため、季節に関係なく夏でもおでんを頂きます。

仕切りが付いている銅製のおでん鍋は 雰囲気が出ますので、何気ない夕食が、ちょっとした居酒屋風になりますので、美味しく楽しくいただいております。

長く使える美しい銅製のおでん鍋で、あなたも おでんタイムを味わってみられてはいかがでしょうか。

[参考サイト]

銅について知る(一般社団法人 日本銅センター)

[参考アイテム]

created by Rinker
ノーブランド品
¥6,980 (2022/06/28 21:50:58時点 Amazon調べ-詳細)
B09T2KBF4N

 

 

スポンサーリンク
キッチン用品・生活雑貨
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ