スポンサーリンク

銅製のおでん鍋で美味しく楽しく!銅製品の魅力についてご紹介いたします

oden-nabe-8

わが家は季節に関係なく夏でもおでんを美味しく楽しく食べています。

仕切りのある銅製のおでん鍋は “らしく”なりますが、普通のお鍋で作るよりも美味しいことに気が付きました。

今日は美しい光沢の耐久性に優れている銅製のおでん鍋の魅力についてご紹介いたしますので、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

銅製品の魅力とメリット

熱伝導率がよく時短で調理

oden-nabe-7

美しい光沢のある銅鍋は金属の中でも熱の伝導率がよいので、短時間で調理することができます。

熱伝導率が良い=食材にすぐに火が通るため煮崩れることがありませんので、おでんの汁が濁ることがなく食べ終わるまで澄んでいます。

普通のお鍋で作るおでんより洗練された味わいに感じるのは、このためかなと思います。

抗菌性が高い銅製品

鉄製品で調理しますと鉄分を摂取することが出来ますが、銅製品の場合は銅イオンが溶け出すため殺菌効果があると考えられているようです。

一般社団法人 日本銅センターさんのページを拝見しますと、銅の化合物は殺菌作用があり、微生物や細菌類の繁殖が抑えられる効果があるのだそうです。

花瓶に10円玉を入れてお花を活けると長持ちすると言われているのは、そのためですね。

耐食性に優れています

銅製品は表面にできる保護皮膜によって腐食の進行をおさえます。そのため屋根や雨どいなどに銅が使われることがあります。

価格が高い分、長く使うことができる銅製品

銅製品は価格が高いイメージがありますが、何十年も(何世代も)使い続けることが出来ることを考えますと、非常にコストパフォーマンスのよい調理器具になります。

お手入れについて

油膜を残すために出来るだけ洗剤は使わないようにします。

タワシなど研磨力の強いものを使いますと傷が付きますので、やわらかいスポンジを使って洗います。

おでん鍋の選び方

丸鍋と四角鍋

oden-nabe-10

おでん鍋は丸いタイプと四角があります。

四角い調理器具は収納しやすいので、わが家は四角いタイプを選びました。

電気が使えるおでん鍋も

わが家のおでん鍋は、カセットコンロに直接置いて火にかけられるタイプですが、電気タイプのおでん鍋もあります。

仕切りがあると便利です

oden-nabe-9

付属に仕切りが付いたものを選ばれますと、おでんの具を分けることが出来ますので便利です。

火にかけるタイプのおでん鍋について

oden-nabe-3

カセットコンロでお使いになりたい場合は、コンロにしっかり載って不安定にならないサイズを選ばれることをおすすめいたします。

oden-nabe-6

直火にかけられる金網の上に載せてもよいですね。

まとめ

oden-nabe-8

わが家は夫がおでん好きのため、季節に関係なく夏でもおでんを作ります。

仕切りが付いている銅製のおでん鍋は雰囲気が出ますので、何気ない晩御飯がちょっとした居酒屋風になりますので、美味しく楽しくいただいています。

おでんがお好きな方は、長く使える美しい銅製のおでん鍋で、おでんタイムを味わってみられてはいかがでしょうか。

[参考サイト]

銅について知る(一般社団法人 日本銅センター)

[参考アイテム]

 

 

コメント