スポンサーリンク

ササラで楽ちん洗剤いらず!鉄フライパンのこびりつきのお手入れ方法

fryingpan-care3 (2)

鉄のフライパンでゴーヤチャンプルーを作っていたときに、うっかり卵をこびり付かせてしまいました。

卵のこびり付きは、フライ返しや菜ばしでガリガリ落としても、なかなか落ちないですね。

こういう場合は、フライパンに水を入れて火にかけると、簡単に落とすことができます。

使う道具は「ササラ」です。

洗剤や重曹などを使わなくても、簡単にお手入れできますので、おためしになってみてください。

スポンサーリンク

鉄のフライパンのこびりつきを簡単に落とす方法

fryingpan-care3 (3)

こびりつきを簡単に落とす方法は「お湯で洗うこと」です。洗剤などを使わなくても、きれいに落ちます。

事前に何かやらなければならないこともありません。写真でご説明してゆきますので、ご参考になさってください。

鉄のフライパンに水を入れます。

fryingpan-care3 (4)

fryingpan-care3 (6)

火にかけて沸騰させます。(泡は洗剤ではありません)

ブクブク沸騰させなくても大丈夫です。ある程度、水の温度が高くなれば、こびりつきは簡単に落ちます。

ササラでこびりつきを落とします

fryingpan-care3 (7)

お湯が温かいうちにササラでこびりつきを落とします。クルクルと回すだけで、簡単にこびりつきは取れます。

仕上げもササラで

fryingpan-care3 (8)

細かいこびり付きもササラで落として、鉄のフライパンを水洗いします。

水気を切れば、お手入れ終わり

fryingpan-care3 (9)

fryingpan-care3

フキンで拭くか、火にかけてフライパンを乾かしてお手入れ完了です。

ササラが便利な理由

fryingpan-care3 (12)

ササラは洗浄力が高く、手が汚れません

中華料理屋さんでは、たいていササラを使って中華鍋を洗っていますね。

ササラは、竹や細かい木などを束ねて作られる台所道具です。

長さは20センチ前後で作られているのが一般的で、洗浄する面にシャカシャカ押し付けて使います。

竹はとても丈夫ですので、鉄のフライパンとの相性がバツグンです。ガンコなこびり付きもたちまち落ちてしまいます。

またササラを使うと、熱いお湯に手を入れる必要がなく、手が汚れることがないので便利です。

今回は鉄のフライパンの洗浄道具としてご紹介いたしましたが、お鍋も傷つけずにこびり付いた焦げを落とすのに重宝します。

亀の子だわしでもOK

fryingpan-care3 (11)

わが家で使っている亀の子たわしです。かたちが丸いので、フライパンや鍋を洗う時など、大変洗いやすく重宝しています。

一般家庭で使われている亀の子だわしでも、もちろんOKです。

今回ご紹介しました鉄のフライパンの洗い方は「お湯」を使います。亀の子だわしで洗う場合、お湯の中に手が入ることになりますので「熱い」です。

亀の子だわしを使われる場合は、お湯でやけどしないように気を付けてくださいね。

まとめ

fryingpan-care3 (10)

いかがでしたでしょうか。洗剤を使わなくても、鉄のフライパンのこびりつきは、「お湯とササラ」で簡単に落とすことが出来ます。

あっという間に気持ちよくお手入れが出来ますので、おためしになってみてください。

[紹介アイテム]

created by Rinker
小柳産業(koyanagisangyo)
¥1,100 (2020/09/25 09:08:30時点 Amazon調べ-詳細)
B00L7EP8XC

[関連記事]

可愛くて使いやすい!石黒智子さん監修「亀の子束子の白いたわし」のお話

コツは要りません|鉄フライパンの洗い方は簡単です。

鉄のフライパン簡単お手入れ法「油ならし、焦付かない使い方・サビ対策」

鉄のフライパンで餃子を焼く方法|くっつかずに美味しくジューシーに!

コメント