スポンサーリンク

ミズナのコンパニオンプランツ|害虫忌避効果のある野菜をご紹介いたします

mizuna

ミズナのコンパニオンプランツをご紹介いたします。

ミズナはアブラナ科の野菜で、モンシロチョウやコナガの幼虫によく葉を食べられてしまいますが、コンパニオンプランツと一緒に育てますと害虫が寄り付かなくなる効果が高まります。

この栽培は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法で、ミズナを単独で栽培するよりメリットがありますので、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

ミズナのコンパニオンプランツ

ミズナのコンパニオンプランツは次の作物です。

キク科  リーフレタス、シュンギク
ヒガンバナ科  ニラ

キク科 リーフレタス、シュンギク

mix-leafy vegetables,Leaf, Lettuceリーフレタス

shungikuシュンギク

ミズナのそばにキク科のリーフレタスやシュンギクを育てますと、キク科作物の独特の香りで、モンシロチョウやコナガが寄り付かなくなる効果があります。

科が異なる野菜を一緒に栽培しますと、害虫よけになりますのでおためしになってみてください。

なぜなら野菜は科によって寄り付く害虫が異なり、別種の害虫はお互いを避け合う性質があるため、野菜全体に害虫が近寄らなくなるからです。

また、リーフレタスやシュンギクの葉で土が保温されますので、ミズナがよく育つ効果もありますので、ミズナを単独で栽培するよりメリットがありますね。

モンシロチョウやコナガは赤色を嫌いますので、赤いリーフレタスを栽培しますとより効果的です。

ミズナとコンパニオンプランツの栽培ポイント

木嶋先生によりますと、ミズナ4~5列に対してリーフレタスは1列の割合で十分に害虫忌避効果があるそうです。

リーフレタスは葉が横に広がりますので、ミズナの株間よりも少し広めに離して植え付けるのがポイントです。

またリーフレタスやシュンギクは、ミズナより先に育てて大きくしておきますと、害虫の被害が少なくなります。

応用できるコンパニオンプランツ

radishes-3

ミズナの代わりにカブ、チンゲンサイ、コマツナも同様の効果がありますのでおためしになってみてください。

ヒガンバナ科 ニラ

nira,leek

ミズナをはじめとするアブラナ科の野菜はダイコンサルハムシという害虫に葉のあちこちに小さな穴を開けられる被害によくあいます。

木嶋先生は、これを防ぐにはヒガンバナ科のニラの混植が効果的です。と、おっしゃっています。

ダイコンサルハムシはニラの香りを苦手としますので、そばに植えておきますと寄り付かなくなる効果が高まります。

ミズナとニラの栽培のポイント

ニラが伸びてきましたら、株元から3cm残して頻繁に刈るのがコツです。ニラの切り口から液体が出ますので、そのニオイをダイコンサルハムシは嫌がり近寄らなくなります。

なお、刈ったニラをミズナのウネの上に敷いておくだけでも害虫忌避の効果を十分に発揮しますので、捨てずにご利用になってみてくださいね。

夏場のニラはかたくてあまり食用にむきませんが、カットしておきますと のちにやわらかく香りのよい葉を収穫することが出来ます。

広く応用できるニラ栽培

broccoli&cauliflower

ニラとの混植はミズナのほかに、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、ハクサイ、チンゲンサイ、カブ、ダイコンなどのアブラナ科野菜に効果がありますので、おためしになってみてください。

まとめ

mizuna-2

ミズナのコンパニオンプランツをご紹介いたしました。

ミズナをはじめとするアブラナ科の菜は、小さい苗のうちから害虫に食べられてしまい、なかなかきれいに育たないことがありますね。

キク科のリーフレタスやシュンギク、ヒガンバナ科のニラを一緒に植えておきますと害虫忌避効果が高まりますので、おためしになってみてくださいね。

[参考文献]

[関連記事]
病気予防と害虫忌避に効果的!葉物野菜のコンパニオンプラツは葉物野菜で栽培しましょう

コメント