スポンサーリンク

鉄のフライパンで塩鮭が10分!美味しく焼けるたった一つの簡単なコツ

焼いた塩鮭、美味しいですね。炊きたての熱々ご飯はもちろん、おにぎりに入れても合いますね。

今日は、鉄のフライパン1つで、鮭の皮をパリッと、中はジューシーに、焼くことができるコツを、ご紹介します。

鉄のフライパンさえあれば、魚焼きグリルや、魚焼き器を使わなくても、大丈夫!いつでも、美味しい焼鮭を、食べられるようになります。

スポンサーリンク

鉄のフライパンで、くっつかずに美味しく鮭を焼くポイント

調理時間10分

[材料]

鮭の切り身 1切

塩 少々

油 大さじ1

[作り方]

①  鮭の切り身に、塩をまぶします。わが家は、結構たくさん、すり込みます。

②  鉄のフライパンを、中火で熱します。

cast-iron-skillet

油をすぐに入れずに、白い煙が出てくるまで、待ちましょう。白い煙が出てきたら、油を入れて、鉄のフライパンを、ゆっくりと、クルクル回して、フライパン全体に、油をゆきわたらせます。

cast-iron-skillet3

鉄のフライパンは、フッ素加工より、熱の伝わりにムラがあるので、均等に温める必要があります。鮭を入れる前に、このタイミングに、しっかり予熱をすることが、くっつかずに焼く、最大のコツです。

③  鉄のフライパンを温めたら、鮭を入れて、5分間、中火で焼きます。菜ばしで、ちょんちょんと、触りたくなるかもしれまんが、触らずに。我慢して、見守りましょう。

④  5分ほど焼き、菜ばしで、鮭を横から押して、スっと動いたら(くっつかなければ)ひっくり返します。あとは同じように、5分焼いて、菜ばしで鮭を触り、くっついていないようであれば、焼き上がりです!

鉄のフライパンで、鮭を焼き始めたら、菜箸で触らないこと。これに気を付ければ、鮭が鉄のフライパンにくっつきません。

鮭の皮どうしていますか?

bran (21)

カリカリに焼いた鮭の皮、美味しいですよね。もし皮が苦手という方、捨てちゃったりしていませんか?

お家に「ぬか床」がある方は、うま味として入れてみてください。料理研究家の有元葉子さんは、年に1~2回、塩鮭の頭をこんがりと焼いたものをぬか床に入れているそうです。

わたしは皮を食べたい気持ちと結構たたかいますが(笑)、有元さんにならって、鮭の皮を入れるようになりました。コクが出てぬか床が美味しくなりました。

[参考記事]

ぬか床の作り方|旨味たっぷりのぬか床で、極上のぬか漬け生活
...

[参考文献]

created by Rinker
¥715 (2020/09/28 15:16:03時点 Amazon調べ-詳細)
4479305785

まとめ:鉄のフライパンで塩鮭が10分で簡単に焼けるたった一つのポイント

鉄のフライパンを、しっかり予熱すること。鮭を焼いているあいだ、菜箸で触らないようにすること。これだけで、こんがりいい色に、鮭を焼くことができます。

使うものは、フライパン1つなので、片付けもラクですね。お手入れは、鮭を焼いたら、すぐに、お湯でゴシゴシ洗うだけ。洗剤は要りません。

簡単に、美味しく鮭を焼ける、鉄のフライパンは大変、優秀なのです。

どうぞ、お試しください。

コメント