スポンサーリンク

うまみがすごい!鉄のフライパンでジュージュー焼く豚肉の生姜焼き作り方レシピ

porkginger,butasyogayaki (13)

本日ご紹介するレシピは、鉄のフライパンでジュージュー焼くカジトラ男の料理「豚肉の生姜焼き」です。

調理時間は15分。うまみがすごい豚肉の生姜焼きの作り方ですので参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

うまみがすごい!鉄のフライパンでジュージュー焼く豚肉の生姜焼き作り方レシピ

材料

・豚肉(ロース、バラなど)300~400g
・キャベツ 適量
・油 大さじ1
・キッチンペーパー(豚肉の脂を吸い取るために数枚使います)

[調味料]
・しょうゆ 大さじ2
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・にんにく 1片
・生姜 大さじ1

下準備

porkginger,butasyogayaki (1)

・1口大に切った豚肉に、軽く塩を振っておきます。
・調味料をすべて合わせ混ぜておきます。
・千切りにしたキャベツを”輪”にして盛り付けておきます。

煙が出ますので、換気をして調理しましょう。

作り方

1.鉄のフライパンを熱します

porkginger,butasyogayaki (2)

鉄のフライパンを強火にかけ、白い煙がモクモク出てくるまでよく熱します。

2.油を入れてなじませます

porkginger,butasyogayaki (3)

火力を中火にし、油(大さじ1)を入れて、鉄のフライパンを水平に動かしなじませます

porkginger,butasyogayaki (4)

フライパンをクネクネさせて油を行き渡らせますと、熱が十分に伝わりませんので、水平に熱するのがポイントです。

3.豚肉を焼きます

porkginger,butasyogayaki (5)

フライパン全体に豚肉が重ならないように並べてゆき、できるだけ動かさずに片面を焼きます。

porkginger,butasyogayaki (6)

4.焼き色が付いてきたら裏返します

porkginger,butasyogayaki (7)

焼いている面に焼き色が付いてきましたら、手早く裏返してゆきます。

焼き具合はお好みでどうぞ。

5.脂をペーパーで吸い取ります

porkginger,butasyogayaki (8)

豚肉を裏返しましたら、脂をペーパーで吸い取ります。

今回はバラ肉を使っていますので、大量に脂が出ています。

この脂はラードですので、吸い取らずに耐熱容器に移して調理に使うことも出来ます。

6.調味料を加えて出来上がりです。

porkginger,butasyogayaki (11)

裏返した豚肉を軽く焼き、調味料を加えてからめれば出来上がりです。

千切りキャベツと一緒にお召し上がりください。

porkginger,butasyogayaki (15)

カジトラ男の料理「豚肉の生姜焼き」作り方のポイント

下準備の塩ふりについて

豚肉に軽く塩を振りかけておきますと、豚肉のうまみを引き出すことが出来ます。

また、豚肉がパリっと焼き上がります。

豚肉を動かさずに焼きます

鉄のフライパン料理はブンブン振り回して調理をするイメージがありますが、動かさずにじっくり焼くことでうまみが出ます。

これは肉料理に限らず、魚や野菜にも応用することが出来ます。

脂をしっかり吸い取ります

脂をしっかり吸い取りませんと、脂まみれの生姜焼きになりますのでしっかり吸い取りましょう。

マヨネーズと唐辛子の相性バツグンです

porkginger,butasyogayaki (17)

マヨネーズ、唐辛子は豚の生姜焼きとの相性がバツグンですので、おためしになってみてくださいね。

まとめ

porkginger,butasyogayaki (16)

鉄のフライパンを使って作る、カジトラ男の料理「豚の生姜焼き」レシピをご紹介いたしました。

片面ずつジュージュー焼いて、うまみを閉じ込める作り方ですので、参考になさってくださいね。

[カジトラでご紹介しているレシピ]

料理のレシピ
「料理のレシピ」の記事一覧です。