スポンサーリンク

人参の種まき|発芽率が上がるコツと栽培のポイントをご紹介します

carrot-31 (★)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「発芽率が上がる 人参の種まきのコツ」についてご案内いたします。

わが家は木嶋先生の方法で行うようになってから、発芽率が確実に上がり、芽が出ないとヤキモキすることがなくなりました。

今回は、種まきのコツと、栽培のポイントについてご紹介いたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

人参の種まきのコツ|発芽率が確実に上がる方法

carrot-22

家庭菜園の定番野菜 人参は、あまり芽が出ないのが難点ですね。

比較的 発芽しやすいコーティングされた種(写真上)もありますが、今回はコーティングされていない(裸種子)の種まきについてご紹介いたします。

集団で種をまいて発芽を促進

DAISO-SEEDS-20200529-9

農学博士の木嶋利男先生は、セリ科の植物は互いに競い合う性質があるため、集団で育てると旺盛に育ちます。と、述べられています。

そこで、0.5~1cmの狭い間隔で種をまき、発芽を促進させます。

土の状態が肝心です

toiletpaper's pot-4

人参をはじめとする野菜の種は、土の水分量に左右されます。

種まきに適した土は、手で握ると固まり、押すと崩れるような適度な水分がある状態で、お団子が作れる程度の湿り気を帯びている土をイメージしていただければ良いかと思います。

畑のたねまき

DAISO-SEEDS-20200529-8

畑に人参の種をまく場合、雨が降った2~3日後を目安にします。

雨の降り具合にもよりますが、雨が降った2~3日後あたりが 土がよいあんばいに湿っているかと思います。

なお、雨が降らず乾燥が激しい場合は、十分に潅水し、1~2日ほど置いて、適度な水分状態にしてから種をまきます。

プランター栽培

プランターで人参を栽培する場合は、種をまく前に水やりを十分に行います。

種まきした直後は水やりをおこなわず、その後は 土が乾燥しないように新聞紙や不織布等にて覆います。

発芽率を上げるコツ

20210507_daiso,radish-7

発芽率を上げるコツは、種をまいた後、手でしっかり押し付けて、種と土を密着させることです。

carrots-6,tanemaki,sowing seeds

畑が乾燥気味の場合は、足で踏んで強く鎮圧しても構いません。

なお、粘土質などの乾きにくい土の場合は、土が固まりますと発芽が抑制されてしまいますので、鎮圧しなくても大丈夫です。

人参栽培のポイント

残った肥料でよく育ちます

人参は肥料分をあまり必要としませんので、春に野菜を育てたウネでは、残った肥料だけでもよく育ちます。

新規の畑の場合

carrot-20201122

はじめて野菜をつくる畑や、痩せた畑の場合、有機肥料を施します。

人参は、根が未熟な有機物に触れますと又根になりやすいので、完熟たい肥などの利用がおすすめです。

間引きは2回

人参の芽が出ましたら、2回に分けて間引きをします。

🥕1回目 草丈が4~5cmの頃、株間が5~6cmになるように間引き。
🥕2回目 根の太さが5mm前後の頃、株間10~15cmになるよう間引き。

越冬できる人参

carrot-20201113-2

人参は、年内の収穫が一般的ですが、土に潜って大きくなります。

周囲の土が割れ、肥大が確認できた人参から引き抜いて収穫します。

また人参は 凍霜害に強く、そのまま越冬させることが出来ますので、一度に収穫しなくても大丈夫です。

人参の種まきに適した時期

DAISO-SEEDS-20200529-9

人参は、12℃~28℃と比較的 冷涼な気候を好みます。

種まきの時期をずらす「ずらしまき」を行いますと、一年で約9か月収穫することが出来ます。

この栽培は昔農家さんが古くから行ってきたもので、木嶋先生がその方法を紹介されています。

[詳細]ニンジンの種まき時期と発芽率を上げるコツ「ずらしまき」で1年で9カ月収穫できる裏技!

まとめ

carrot,edamame,companionplants(20200608)

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、「発芽率が上がる 人参の種まきのコツと栽培のポイント」についてご案内いたしました。

なかなか芽が出ないとお困りの場合は、解決の糸口になるかもしれませんので、おためしになってみてくださいね。

[関連記事]

人参のコンパニオンプランツは夏野菜 定番の「あれ」です!

[参考文献]

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/23 21:04:10時点 Amazon調べ-詳細)
4259565028
スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ