スポンサーリンク

人参のコンパニオンプランツは夏野菜 定番の「あれ」です!

carrot-7

人参のコンパニオンプランツをご紹介いたします。

人参を単独で育てるよりコンパニオンプランツと一緒に栽培しますと生育が促進されて、害虫忌避効果があると言われています。

この栽培は農学博士の木嶋利男先生が紹介されている方法で、人参と相性の良い野菜・その効果・栽培のポイントについてご案内いたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

人参のコンパニオンプランツ「夏の定番のエダマメ」

edamame (2)

生育促進に効果的な「エダマメ」

人参のコンパニオンプランツは、夏の定番「エダマメ」です。

エダマメは根に共生する「根粒菌」が土を肥沃にする働きがありますので、人参の生育が促進されます。

害虫忌避に効果的

old-world-swallowtail-kiageha人参に付くキアゲハ

kamemushiエダマメに付くカメムシ

人参はセリ科の野菜で、その独特の香りでエダマメに付く害虫「カメムシ」が付きにくくなります。

人参は「キアゲハ」の幼虫が付きやすい野菜ですが、エダマメをそばにを植えますと被害を抑えることが出来ます。

別種の害虫は、お互いを避ける性質がありますので、人参とエダマメを混植することによって、野菜全体の害虫被害が少なくなります。

少ない肥料でスクスク育つメリット

carrot

人参は、土づくりで肥料を鋤き込んだときに未熟な有機物が残っていますと、肌が汚くなり品質が落ちてしまいますので、肥料分が少ないほうが無理なく太って根が伸び 美味しくなります。

エダマメは やせた土でもよく育ちますので、この2つの組み合わせは 無理なく栽培できるメリットがあります。

品種選び

人参、エダマメのいずれも「初夏まき用のタネ」で育てます。

人参は特に品種を選びません。

エダマメは、早生~中生品種が扱いやすいのでオススメです。

なお、人参を遅めにまきたい場合は、エダマメを晩生品種にしましょう。

栽培のポイント

carrot,edamame,companionplants(20200608)

生長を促進させるコツ

エダマメの栽培を先に行います。エダマメの根に付く根粒菌の窒素固定によって、土が少しずつ肥沃になってゆきます。

その養分を利用して人参を育ててゆきます。

エダマメの根には菌根菌が共生しやすいので、菌糸をのばしてニンジンの根と連携をはかり、養分の供給を行います。

ニンジンは、エダマメが花を咲かせる頃に葉が伸びて土を保湿します。そのため、エダマメの花付きや実付きが良くなります。

収穫はエダマメが先になります。収穫後、地上部で株元を切り、ウネの上に敷いてマルチの代わりにしてウネを保湿しますと、ニンジンが安定して育ちます。

土づくり

人参より先に、エダマメのタネを植えます。種まきの3週間前にウネを立てておきます。たい肥や元肥はとくに必要ありません。

種まき

エダマメ

edamame_thinning (5)

エダマメを直まきする場合は3~5粒まいて、本葉1.5枚(初生葉は含まず)の時に間引きをして2本立ちにします。

ポリポットで種まきする場合も3~5粒まき、発芽後に間引いて2本立ちにしてから、土に植え付けます。

人参

carrot-22

エダマメを間引きするタイミング、または少しあとにニンジンの種をまきます。

人参はなかなか芽が出ないですね。

農学博士の木嶋利男先生によりますと、梅雨の時期の種まきは土が湿っているため発芽の失敗が少なくなるのだそうです。

種をまいてから1週間は、乾きすぎないように適度に水やりを行いましょう。

1週間して発芽しなければ、再まきします。

上の写真はコーティングされたニンジンの種(ペレット種子)ですが、経験上、普通の種より発芽率が高いように感じます。

土寄せ

エダマメの株元に通路の土を数回土寄せしますと、不定根が伸びて生育が良くなります。

2つの野菜は、栄養過多になると育ちが悪くなりますので、追肥は行わないようにしましょう。

人参のコンパニオンプランツ「アブラナ科の野菜」

carrot-4

人参のコンパニオンプランツは、アブラナ科の野菜です。

例を挙げますと、大根、ラディッシュ、カブ、チンゲンサイなどです。

異なる科の野菜で害虫を忌避する作戦

人参は「セリ科」の野菜で、異なる科の野菜(アブラナ科)を同じウネで栽培しますと、害虫を寄せ付けない効果が期待できます。

人参とアブラナ科の野菜は、寄ってくる害虫が異なります。

人参には「キアゲハ」がヒラヒラ寄ってきて卵を産み落とします。一方でアブラナ科の野菜には「モンシロチョウやコナガ」が飛来し卵を産み付けます。

別種の害虫はお互いを避け合う性質がありますので、人参とアブラナ科の野菜を混植することによって、野菜全体に害虫が寄り付かなくなるという作戦です。

人参のコンパニオンプランツ「大根・ラディッシュ」、「カブ・チンゲンサイ」の詳細については、別の記事でご紹介しておりますので、本文最後の関連記事を参考になさってください。

まとめ

carrot-6

人参のコンパニオンプランツに、夏の定番野菜「エダマメ」を混植しますと、お互いの生長が促進される効果、害虫を寄せ付けない効果があります。

また人参と異なるアブラナ科の野菜の混植も、同様の効果が期待できます。

人参を単独で育てるより大きなメリットをもたらすコンパニオンプランツは、農学博士の木嶋利男先生が紹介されている方法ですが、大変興味深いですね。

農薬を使わず野菜の組み合わせで、美味しい野菜を作ってゆきたいですね。

[参考文献]

関連記事「人参のコンパニオンプランツと害虫対策」

無農薬でキアゲハの幼虫を駆除!予防法と対策をご紹介いたします

大根のコンパニオンプランツ|害虫忌避と生育促進効果のある野菜・草・花をご紹介いたします

カブのコンパニオンプランツは?害虫忌避・病気予防・生育促進に効果的な4つの野菜