スポンサーリンク

ニンジンの種まきのコツ|「ずらしまき」で1年で9カ月収穫できる裏技!

carrot

ニンジンの種まきのコツと、一年で9カ月収穫することが出来る裏技「ずらしまき」をご紹介いたします。

この方法は農学博士の木嶋利男先生がご紹介されており、農家さんが季節に合わせて古くから行われてきた栽培です。

私はなかなか発芽しないニンジンの種まきが苦手でしたが、木嶋先生がご紹介されている方法を行うようになってから、種まきスキルが上がってきたように思います。

「ずらしまき」は、年間を通して旬の美味しいニンジンを栽培することが出来ます。

ニンジンの種を何度まいても芽が出ないとお困りの方がこのページをご参考にしていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

ニンジンの「ずらしまき」について

DAISO-SEEDS-20200529-7

1年で9カ月収穫することが出来ます

野菜の種は、適期に種まきをして栽培するのが鉄則ですが、ニンジンは春と秋に種まきすることができるため、種をまく時期をずらして栽培しますと 1年で9カ月収穫することが出来ます。

まき時(旬)に育てたニンジンは病気や害虫被害が少なくなり、健全に育ちますので美味しくなります。

ニンジンの生長は、本葉が出始めた頃の日照時間の長さによって違ってきます。

農家さんは短日条件(昼の時間がが夜より短くなること)を古くから熟知して、春まきと秋まきの栽培方法を変えて作り分けてこられました。

春まきニンジンの特徴(通常型)

carrots-4

生長は早いですが根はやや細めです。

ニンジンの葉は上向きに伸びて、株立ちぎみに育ちます。

秋まきニンジンの特徴(越冬型)

carrots-3

葉が胚軸を中心に放射状(ロゼット状)に広がり、草丈が春まきニンジンより低く育ちます。

越冬型ニンジンは氷点下でも凍らないように糖分などを蓄えますので、甘く美味しく栄養価も高くなります。

1年で4回収穫できる「ニンジンのずらしまき」方法

まき時と収穫期、栽培のポイント

 

栽培のポイントと特徴
春まき まき時 3月中旬~
4月下旬
🥕 とう立ちしにくい品種を選ぶ
🥕 ベタ掛けやトンネル栽培で前倒スタートOK
🥕 日光で肩が緑色になるので土寄せ必要
🥕 夏どりの爽やかな味
収穫期 7月上旬~
8月中旬
初夏まき まき時 6月下旬~
7月中旬
🥕 梅雨時で発芽しやすいが、病害虫の発生が多め
🥕 日光で肩が緑色になるので土寄せ必要
🥕 秋にとれる貴重なニンジン
収穫期 9月下旬~11月上旬
夏まき まき時 7月下旬~
8月下旬
🥕 梅雨明け後の高温乾燥でなかなか発芽しないこともあるがまき直しが可能。
🥕 お盆過ぎは雨が多くなるのでまきやすい
🥕 日光で肩が緑色になるので土寄せ必要
🥕 気温が下がってくるので甘く美味しくなる
🥕 土に長くおくと裂根する場合もあり
収穫期 10月中旬~12月下旬
秋まき まき時 9月中旬~下旬 🥕 本葉の出はじめが秋分の日をこすと、放射状に広がり伸びる
🥕 冬の寒さで生長は遅め。葉は傷むが太く育つ
🥕 土寄せは不要
🥕 甘みとうま味が濃くジュースにも向く
🥕 とうが立ち始める前に掘り上げる
収穫期 12月中旬~3月中旬

出典 木嶋利男著「昔農家に教わる 野菜づくりの知恵とワザ」家の光協会

ニンジンの種まきのコツ

DAISO (9-1)

ニンジンの種まきのコツをご紹介いたします。

木嶋先生がご紹介されている方法で行うようになってから、発芽率がいちじるしくアップしましたので、ご参考になさってください。

ポイント1「土はお団子が作れる湿り気」

ニンジンに限らず種まきのコツは、土を手で握ってお団子が作れるくらいの湿り気の状態がベストです。

木嶋先生は雨が上がった2~3日後がベストタイミング、雨がなければウネにたっぷり水をまいて2日ほどして土が落ち着いてからにしましょうとおっしゃっています。

ちなみに私は、ウネに水をたくさんまいた当日に種まきすることもありますが、これでもよく芽が出るようになりました。

ポイント2「種まき後は土をかける程度で」

DAISO-SEEDS-20200529-9

ニンジンは好光性種子(光の照射で発芽します)のため、覆う土はごく薄くかけます。

ふるいで土をパラパラふりかけますと、土のかけすぎを防ぐことができますが、私は土を二本指でつまんでかける方法が多いです。

ポイント3「土をかけたらしっかり鎮圧」

carrots-6,tanemaki,sowing seeds

ニンジンの種に土をかけましたら、体重をかけてしっかり鎮圧します。もしくは靴で踏み付けても構いません。

鎮圧(踏み固める)することによって、種と土が密着して水を吸いやすくなりますので、発芽の確率が高くなります。

農家さんは、古くはわらじで踏んで鎮圧していたそうです。靴底はできるだけ平らなもので踏み固めましょう。

ポイント4「水やりはナシでOK」

DAISO-SEEDS-20200529-6

発芽がそろう イコール、病気が出ない健全な苗に育ってゆきます。

木嶋先生によりますと、ニンジンの種をしっかり鎮圧してタネと土が密着していれば、発芽に必要なタネは自然に吸収できるので、水やりをしなくてもちゃんと発芽するのだそうです。

わが家の畑は ウネがすぐに乾燥してしまうので、種まきのあと不織布をかけ、適度な水やりをおこない発芽させています。

まとめ

ニンジンを1年で9カ月収穫できる「ずらしまき」、ニンジンの種まきのコツについてご紹介いたしました。

時期をずらしてニンジンの種をまきますと、一年をとおして旬の新鮮なニンジンを収穫することができます。

ニンジンの種まきのコツは、土がお団子くらいの湿り気がある状態、種まき後は 体重をかけて鎮圧し(もしくは靴で踏み固め)ますと、発芽に必要な水分を種が自然に吸収して発芽します。

なかなか芽が出ないとお困りの方は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法をおためしになってみてくださいね。

[関連記事]

基本の種のまき方「点まき・すじまき・ばらまき」をご紹介します

[参考文献]

昔農家に教わる 野菜づくりの知恵とワザ

農薬に頼らない病虫害対策 (学研ムック 学研趣味の菜園)

コメント