スポンサーリンク

1本50m!無漂白クッキングシートオーブンペーパー|オーブン・電子レンジに大活躍です!

cookingsheet-ovenpaper (2)

わが家で大活躍している「アルファミック クッキングシート オーブンペーパー(日本製)」をご紹介いたします。

1本 50mと大容量ですので、残りを気にすることなく使っています。

また耐熱温度が250℃の丈夫なシリコンシートのため、オーブン、電子レンジ、せいろなど幅広い用途に使うことが出来て重宝しています。

無漂白で安心な「アルファミック クッキングシート オーブンペーパー」のわが家の使い方をご紹介いたしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

日本製「アルファミック クッキングシート オーブンペーパー」

cookingsheet-ovenpaper (1)

1本50mの大容量

1本の長さが50m(幅30cm)と大容量の「アルファミック クッキングシート オーブンペーパー」は日本製で、コストコや、Amazonなどで販売しています。

標準価格は約1,600円ですが、タイムセールなどで900円前後で販売されることもあります。

耐熱温度250℃と丈夫!

耐熱温度が250℃の丈夫なシリコン樹脂加工耐油紙です。オーブン、電子レンジ、蒸し器など幅広く使っています。

熱のためシートが黒くなることがありますが、食品への影響はありませんと表記されていますので安心しています。

無漂白で安心

食品をのせますので出来る限り安全なものを使いたいですね。このシートは無漂白ですので安心です。

切れやすく使い勝手抜群

cookingsheet-ovenpaper (8)

ペーパーを切るカッターは紙でできていますので、使い終わったら分別せずに処分することが出来ます。

切れ味の良いカッターのため、短く切るのもラクで使い勝手抜群です。

cookingsheet-ovenpaper (3)

裏表なし!巻きぐせが気になりません

cookingsheet-ovenpaper (4)

シートに裏表がないので、確かめて使う必要がないのも嬉しいところです。

他の商品を使っていた時は、巻きぐせを直すのに苦労しましたが、アルファミックの巻きぐせはそれほど気になりません。

「アルファミック クッキングシート オーブンペーパー」の使い方

まな板の上に

cookingsheet-ovenpaper (5)

まな板の上にしいて、魚や肉を切って臭みをガードしています。

落しぶたに

cookingsheet-ovenpaper (7)

煮物の落しぶたの役目も果たしてくれます。

お菓子作りに

blueberry-creamcheesepie (16)

オーブンの天板に敷きますと、お菓子がくっつかないのでとても便利です。

蒸篭(せいろ)に

cookingsheet-ovenpaper (6)

蒸篭に敷いて使っています。ごはんの温め、においが付きやすい魚、肉などの蒸し料理に便利です。

オーブントースターにも

cookingsheet-ovenpaper (11)

お餅、ピザ、パンなどを焼くときに使います。お餅をアルミホイルにのせて焼くとくっついていましたが、そのストレスから解消されました。

食品の保存にも

holding-gyoza (7)

食品がくっつかない特長を活かして、餃子を冷凍保存するときに、バットに敷いています。

「アルファミック クッキングシート オーブンペーパー」の気になる点

セロテープは貼れません

シリコン樹脂加工耐油紙でスルスルした手触りです。そのためマスキングテープやセロテープを貼っても、すぐに剥がれてしまいます。

再利用の限界について

cookingsheet-ovenpaper (10)

オーブントースターでお餅を焼いて、ペーパーがパリパリしたものをもう一度使ったところ、燃えそうになったことがあります。

耐熱温度250℃と丈夫な作りではありますが、再利用される場合は、取り扱いに気を付けたほうが良さそうです。

まとめ

無漂白の「アルファミック クッキングシートオーブンペーパー(日本製)」をご紹介いたしました。

1本50mのロングサイズでたっぷり使えますので、残量を気にすることがなくなりました。

耐熱温度が250℃の丈夫なシリコンシートのため、オーブン、電子レンジ、せいろなど幅広い用途に使うことが出来て重宝しています。

ペーパーがすぐに無くなってストレスを感じている方におすすめです。おためしになってみてください。

コメント