スポンサーリンク

ジャガイモガレットの作り方|人参シリシリスライサーで簡単にカリカリに!

potato-galette (14)

カリカリで美味しいジャガイモガレットの作り方レシピをご紹介いたします。

カジトラのレシピは人参シリシリスライサーを使います。これを使うとジャガイモの面倒な千切りの手間がありませんし、非常に薄くスライスされますので火が通りやすく、カリカリのガレットを作ることが出来ます。

ワインのおつまみ、お子さんのおやつなど、どなたにも喜ばれるジャガイモガレットをおためしになってみてください。

スポンサーリンク

ジャガイモのガレットの作り方レシピ

材料 3~4人前

・ジャガイモ 4~6個
・塩 少々
・片栗粉 大さじ2
・油 大さじ3

おもに使う道具

・人参シリシリスライサー

作り方

ジャガイモの皮をむきます

potato-galette (1)

芽があれば取り除きます。

スライサーで擦ります

スライスしたジャガイモは洗わずにこのままで。

potato-galette (4) potato-galette (5)

塩を振り水気をしぼります

スライスしたジャガイモに軽く塩をふって、しんなりしてきたら水気をしぼります。

potato-galette (7) potato-galette (8) potato-galette (9)

片栗粉を入れて混ぜます

片栗粉を入れて、手でよく混ぜます。

potato-galette (10)

フライパンで焼きます

熱したフライパンに油を入れて、ジャガイモを平らにのばしてじっくり焼きます。フライ返しの大きさにすると、ひっくり返しやすくなります。

potato-galette (11)

焼いているあいだ、出来るだけジャガイモに触らないに待ちます。火が通る前に触るとバラけてしまうことがあります。

potato-galette (12)

両面に焼き色が付けば出来上がり

potato-galette (14)

お好みでバターをのせたり、塩とコショウをしてお召し上がりください。

ジャガイモのガレットを上手につくるコツ

🥔 スライスしたジャガイモは洗わないで

ジャガイモに含まれるでんぷん質がジャガイモどうしをくっつける接着剤になりますので、水洗いしないようにしましょう。

🥔 油を気持ち多めでソテーして

スライスしたジャガイモが層になるため多めの油を使います。油が少なめですとカリカリする前に焦げ付いてしまいますので、気持ち多めでソテーしましょう。

🥔 焼いている間は静かに待つ

ジャガイモのでんぷん質は加熱されると粘りが出て糊(のり)の役目を果たしてくれます。ジャガイモの火が通るまで(焼き色が付くまで)触らないで待ちましょう。

便利な人参シリシリスライサー

borner slicer (1)

今回使用したスライサーは、人参シリシリ用の「ドイツ製ベルナーCL2倍往復しりしりスライサー」です。

これを使いますとジャガイモの千切りする手間が省くことが出来ますので、大変便利です。

また非常に薄くスライスされますので火が通りやすく、カリカリのガレットになります。

人参シリシリ器をお持ちの方は、ご利用になってみてくださいね。

まとめ

potato-galette (14)

ジャガイモガレットの作り方レシピをご紹介いたしました。

このまま頂いても美味しいガレットですが、白身魚をサンドしてソテーすると、立派なメインディッシュの完成です。

人参シリシリスライサーを使うと簡単でカリカリにソテーできますので、おためしになってみてください。

[今回使ったキッチン道具]

[関連記事]

『ドイツ製ベルナーCL2倍速往復しりしりスライサー』石黒智子さんの愛用品で人参シリシリも簡単