PR
スポンサーリンク

500円で満足!九份台湾グルメ(麺とスイーツ)食べ歩きレポート

Jiuzhai (30)

※ 本ページは2019年時点の内容です

初めての台湾旅行で、念願の九份へ行ってまいりました。

幻想的なお茶屋さんで有名な九份は、一度は 訪問してみたいところですね。

美味しいごはん屋さんが多いと聞いていましたので、特別なリサーチもせず、行き当たりばったりで入ったお店の「麺」と「スイーツ」がとても美味しかったので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

九份老麺店

基山街の有名店「九份老麺店」

Jiuzhai (31)

九份は「基山街」にある「九份老麺店」というお店にブラリと入ってみました。

いささか、入店をためらってしまうような店構えでしたので、旅行者の方は 思うことは同じなのでしょうか。

お客さんは0人でした。

しかしながら、すでに台湾のごはんは美味しいと自分の舌で実感していましたので、空いているお店=(イコール)美味しくないお店ではないと、自分を勇気づけました。

席に案内されてから このお店のことを調べてみたところ、九份で有名な食堂であることが分かりました。

日本語対応・感じの良いスタッフさん

お店のお兄さんたちはニコニコ笑顔で、気さくでした。

また、日本語で対応してくださったので助かりました。

壁のメニューを見て注文します

お店は小ぢんまりとして、テーブル席が3~4つほどでした。

壁にメニューが貼られていましたので、王冠マークの付いている「牛肉麺」と「餛飩麺(ワンタン麺とあとで知る)」を注文しました。

Jiuzhai (12)

コスパ良すぎ「牛肉麺」と「餛飩麺(ワンタン麺)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ともさん(@tomo_reon)がシェアした投稿

私は「餛飩麺(ワンタン麺(50元=約200円))」を、夫は「牛肉麺(120元=約400円)」を注文しました。

器は小ぶりでしたので、これならば 両方食べられそうな気がしましたが、スイーツの余力を残しておきたいので、ワンタン麺だけで我慢しました。

Jiuzhai (13)

もちもちした平たい麺と、ツルンとしたワンタンの食感が最高でした。

スープは あっさりしたお味で、とても美味しかったです。

たちまち平らげてしまいました。

夫が注文した牛肉麺を味見させてもらいましたが、八角の香りがふんわり漂い台湾っぽくてグッドでした。

こちらも麺がもちもちして、食感を楽しめました。

Jiuzhai (14)

テーブルに置いてあった辛そうな謎のタレです。

途中から入れていただいたところ、豆板醤でした。

Jiuzhai (15)

二人ともスープまでペロリ。

ごちそうさまでした。

この日(2019年1月)の九份は霧で、いささか肌寒かったので、体が温まりました。

お店情報 九份老麺店
営業時間 11時~19時
定休日 不定休
住所 台湾新北市瑞芳鎮基山街45号
食べログ ttps://tabelog.com/taiwan/A5403/A540302/54000148/

九份阿珠雪在焼のピーナッツライスのタロイモアイスクレープ

Jiuzhai (17)

お腹も満たされましたので、次はスイーツです。

旅の醍醐味は、観光と食べることですもの、日本でお目にかかれないスイーツをいただきたいわ!と、鼻息荒く探してみたところ、同じく基山街にあるピーナッツライスのアイスクレープが美味しいという情報を得ました。

グーグルマップに頼ってお店に到着すると、私の前に3人ほど並んでいましたが、店員さんが手際よく作っているので、あっという間に自分の番になりました。

Jiuzhai (19)

並びながら クレープを作っているのを眺めるのも楽しかったです。

写真のお饅頭のような丸いものが「タロイモのアイス」です。

このスイーツは、ピーナッツライスの中に タロイモのアイスと飴で固めたピーナッツを削ったもの、そして お好みでパクチーを入れて巻いていただきます。

パクチーが苦手な方は、日本語で「パクチー要りません」と伝えてくださいね。

Jiuzhai (16)

タロイモアイスのクレープは、1個40元(約160円)で、お金をカゴの中に入れて支払います。

Jiuzhai (20)

いよいよ実食です。

もう、たまらない美味しさでした。

初めてタロイモをいただきましたが やさしい甘さで、ピーナッツチップとの相性がバツグンでした。

パクチーを入れるのが台湾っぽいですね。

ちなみに、こちらのクレープは、1本を2つにカットしてもらうことが出来ますので、夫と半分ずついただきました。

お店情報 九份阿珠雪在燒
営業時間 9時30分~20時30分
定休日 不定休
住所 台湾新北市瑞芳區基山里基山街20號
食べログ ttps://tabelog.com/taiwan/A5403/A540302/54000899/

九份の茶藝館は予約が出来ます

Jiuzhai (30)

世界中から旅行者が訪れる九份は、平日でも混雑しており、私たちが訪問した日も、茶藝館の前は行列ができていました。

旅行サイト KKdayは、台湾からでも日本からでも茶藝館の予約が可能ですので、おすすめです。

レトロな茶藝館「芋仔蕃薯」

ERROR: The request could not be satisfied

映画のロケ地にもなった「非情城市」

ERROR: The request could not be satisfied

芸術家のご夫妻が営む「九份山城創作坊」

ERROR: The request could not be satisfied

眺望がすばらしい「海悦楼茶坊」

ERROR: The request could not be satisfied

美味しい「烏龍茶とお茶菓子」を頂きながら、素敵な茶藝館でゆっくりされてはいかがでしょうか。

席から眺める夕暮れの海は大変美しく、朝の爽やかな風を浴びながら青い海を眺めるのは格別です。

まとめ

九份台湾グルメ(麺とスイーツ)食べ歩きをレポートいたしました。

500円でご満足いただけるかと思いますので、ご参考にしていただければ幸いです。



スポンサーリンク
グルメレポート台湾旅のこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク
カジトラ