スポンサーリンク

亀戸天神「若福」の厚焼玉子|料亭で買える江戸の味

wakafuku (10)

亀戸天神の境内にある料亭「若福」の厚焼玉子を、買いに行ってまいりました。

美味しいものを良く知っている友人が、ここの厚焼玉子を食べたくなると、自宅の横浜からはるばる買いにゆくと聞いていたので、どうしても食べてみたかったのです。

きょうは、老舗「若福」の厚焼玉子について、レポートいたします。

スポンサーリンク

亀戸天神 和食・懐石料理「若福」について

wakafuku (16)

「若福」の厚焼玉子は、東京都江東区、亀戸天神の境内にある料亭で販売しています。デパ地下や、ネット販売は行っていないそうです。

厚焼玉子を、神社の境内で販売しているなんて、粋(いき)だと思いませんか。

亀戸天神は、JR錦糸町駅・JR亀戸駅から歩いて10分~15分ほどのところにあります。

亀戸天神といえば、学問の神様「菅原道真公」をまつっている神社で、鷽替え(うそかえ)神事や、梅の花、藤の花が有名ですね。

若福の「厚焼玉子」について

wakafuku (15)

厚焼玉子は、料亭の入口の右側で、「窓口販売」しています。

大きさは2種類。大が1500円、小が750円です。

賞味期限は、購入した日を入れて3日間。

wakafuku (14)

わたしは、夫と2人暮らしなので、小を注文しました。すると店員さんが、その場で厚焼玉子を半分に切ってくれました。

紫色の紙袋は、藤の花を思わせますね。

厚焼玉子をチェック

wakafuku-kameidotenjin4

厚焼玉子の材料は、「卵・かつお節・昆布・砂糖・塩・醤油」と、シンプルです。

たまごは、一流の料亭や、三ツ星パティシエ御用達の「奥久慈卵」を使用しています。

しかし、小サイズとはいえ、重い。

箱のまま測ってみると、399g。たまご7個分でした。

eggs

どうりで、ズッシリ重いわけですね。

それでは、箱を開いてみます。

wakafuku (9)

黄金色で、とても美味しそう。焼印が、かわいい。

wakafuku-kameidotenjin7

包丁を入れると、お出汁がジュワーと溢れ出てきました。期待が膨らみます♪

wakafuku (13)

いよいよ実食です。

まずは、何も付けずに、そのままパク。

口の中にお出汁がジュワワワっと広がり、思わず目をつむってしまいました・・・。

味付けは、たいへん上品。想像していた「江戸」の味付けより、甘くない。

そうそう、「江戸のたまご焼き」のことを、厚焼玉子と呼びます。(関西風は、だし巻き玉子といいます)

江戸の厚焼玉子は、砂糖と醤油を入れたお出汁(かんろだし)を作り、その中に溶き卵を入れて、焼き上げます。

若福の厚焼玉子は、甘すぎず、しょっぱ過ぎず。

ひとくち食べた瞬間、大サイズを買えば良かったと、後悔しました。

大根おろしとも合います

aritsugu-daikonoroshiki

そのままでも十分美味しいのですが、畑で収穫した大根をおろしを薬味にして、食べてみました。

wakafuku-kameidotenjin with daikon

うう。この食べ方も、美味しい。

厚焼玉子の美味しさが、より引き立ったようです。

若福の窓口は混雑する?

kameidotenjin

年中行事中は神社は大行列

亀戸天神の年中の行事(初もうで、うそ替え神事(1月24日・25日)など)となると、それはもうすごい人で、神社に面している「蔵前橋通り」は大行列。警察官が誘導しています。

その光景は、墨田区の警察官が総動員して、交通整理をしているんじゃない?と思うほど。

したがいまして、参拝客が少ない時期、特に「正月三が日」と、「うそ替え神事」をはずして行かれることを、おすすめいたします。

亀戸天神の行事(2019年)

6月 夏越祓・茅の輪くぐり(なごしのはらい・ちのわくぐり)

7月 筆塚祭(ふでづかさい)

8月 例大祭 献灯明(れいたいさい・けんとうみょう)
御鳳輦渡御祭(ごほうれんとぎょさい)
氏子神輿宮入り(うじこみこしみやいり)

9月 敬老延寿祭(けいろうえんじゅさい)

10月 菊まつり(きくまつり)

11月 七五三(しちごさん)

12月 梅ケ枝筆需要(うめがえふでじゅよ)
納め天神祭・古神札焼納式(おさめてんじんさい・ふるふだしょうのうしき)
大祓(おおはらい)
除夜祭(じょやさい)

亀戸天神の公式サイトはこちら http://kameidotenjin.or.jp/events/

まとめ

wakafuku (11)

美味しい厚焼玉子です。

若福で厚焼玉子を買うことができることは、昔つとめていた職場の同僚も知っていたので、「知る人ぞ、知る」お店なんですね。

しっとりした雰囲気が漂う一流の老舗の料亭なので、初めて厚焼玉子を買いに行ったときこそ、敷居が高いかしらと緊張しましたが、取り越し苦労に終わりました。

店員さんは親切ですし、これからも厚焼玉子をお目当てに、買いに行こうと思っています。

(お参りも、ちゃんとします)

賞味期限は、買ったその日から「冷蔵庫に入れて3日間」です。

お土産に「厚焼玉子」。

ちょっと、粋だと思いませんか?

亀戸天神 若福
住所 東京都江東区亀戸3-6-4 亀戸天神内
創業 1943年
アクセス JR錦糸町駅 徒歩10分、JR亀戸駅 徒歩13分、東武亀戸線亀戸駅 徒歩8分
TEL 03-3685-5888
販売時間 定休日 月曜日

火曜日~金曜日 10:00~17:00

日曜日 10:00~15:00

茅乃舎だしで作る美味しい鍋焼きうどんレシピ|食材は何でも使いましょう。
...

コメント