スポンサーリンク

簡単で美味しい「青しそジュースの作り方レシピ|疲労回復にぴったりです

aoshiso,deuce-11★

簡単に作れる「青しそジュースのレシピ」をご紹介いたします。

材料は、水1リットルに対して 青しそ40~50枚、クエン酸とお砂糖です。

青しそはベータカロチン、ビタミンCなどが豊富に含まれている栄養素の高い野菜で、夏の暑い季節の疲労回復にぴったりです。

色が悪い葉や穴が開いたものでも利用できますので、おためしになってみてくださいね。

スポンサーリンク

簡単で美味しい「青しそジュース」作り方レシピ

aoshiso,deuce-2 (★)

青しそは、穴が開いたものや傷んでいるものでもお使いになることが出来ます。

材料

・青しそ 40~50枚
・水 1リットル
・砂糖(三温糖・グラニュー糖・ハチミツなど)80~100グラム
・クエン酸 小さじ1杯

※お砂糖・ハチミツは味見をしながら調整してみてくださいね。

青しそジュースの作り方

1.青しそを洗います

aoshiso,deuce (★)

青しそを水に浸けて、汚れや虫を取り除きます。

わが家は畑の青しそを利用しますので、水を張ったボウルに青しそを30分~1時間ほど浸け、よく水洗いをして使っています。

2.青しそを煮出します

鍋に水1リットルを入れて沸騰させ、青しそを煮出します。

5分程 煮出しましたら 青しそを絞って取り除き、お砂糖を加えて溶かします。

お砂糖は少なめに入れて、粗熱がとれた時に味見をしながら追加してもOKです。

aoshiso,deuce-3 (★)

aoshiso,deuce-4 (★)

aoshiso,deuce-5 (★)

aoshiso,deuce-6 (★)

3.粗熱をってクエン酸

クエン酸を加えますと、ほんのり赤く色付きます。

aoshiso,deuce-8 (★)クエン酸を入れる前

aoshiso,deuce-9 (★)クエン酸を入れた後

粗熱が取れましたら、クエン酸を小さじ1杯加えてまぜ、茶こしなどで細かいゴミなどをこして保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

青しそジュースの保存期限

aoshiso,deuce-10 (★)

青しそジュースは、薄めずにこのままストレートで頂きます。

手作りのジュースですので、2~3日で飲み切りましょう。

まとめ

aoshiso,deuce-11★

わが家の畑は、種からこぼれた青しそがたくさん生えています。

とても食べ切れないので青しそジュースを作り、夏の間 ずっと頂いておりますが、毎朝2時間の畑仕事であまりバテることがないのは、クエン酸入りの青しそジュースのおかげもあるのかなと思っております。

青しそジュースは疲労回復に効果的と言われていますので、おためしになってみてくださいね。

[関連記事]

夏バテや美容に最強「赤しそシロップ」の作り方|オザワエイコさんのレシピ

スポンサーリンク
デザートのレシピ食のこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に一区切りして、現在はコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつ、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ