スポンサーリンク

パリッと美味しいれんこんチップス。皮はむかないアク抜きしない栄養満点レシピ

れんこんは、皮をむいて、お酢の入った水に浸して、アク抜きをするのが一般的ですが、わが家のれんこんチップスは、皮をむかず、アク抜きもしません。

スライスして、揚げるだけ。でも、とっても美味しいんです!

パリパリ、サクサク美味しい、れんこんチップス。

れんこんって、穴がたくさんあって、面白いですね。最近、わが家では、おつまみの一品として、れんこんチップスが小さなブームになっています。

れんこんの、かたちが楽しいので、お客様へのおもてなしの一品としても、最近よくお出ししていますが、なかなか好評です。

今日は、手間いらずで、とっても美味しい、れんこんチップスのレシピを、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

皮はむかない、アク抜きもしない。栄養満点の美味しいれんこんチップスのレシピ

[材料 2人分] (調理時間20分)

・れんこん 一節

・サラダ油 適量

・塩 少々

[つくり方]

① れんこんを、亀の子たわしなどで、ゴシゴシよく水洗いをします。洗ったあと、キッチンペーパーなどで、水気をよくふきとります。

② 包丁や、スライサーなどで、できるだけ薄く、れんこんをスライスします。

包丁を使う場合は、ゆっくり、ギコギコと、鋸(のこぎり)を使うイメージで切ると、薄く切ることができます。(わが家は、包丁で頑張って、切っています。)

③ 揚げ物用の鍋に、サラダ油を入れて、火にかけます。160度くらいまで、油を熱します。

温度計がない場合
火にかけた鍋が、ポコンポコンと音がしてきたら、まず、れんこんを1枚だけ入れて、揚がり具合をみてください。その1枚が、揚げあがった頃、丁度良い温度になります。
④ 1枚だけ揚げた、れんこんを取り出して、油切り用のバットに置きます。
次に、れんこんを何枚か入れて、揚げてゆきます。
れんこんを、たくさん入れ過ぎると、「パリっと」揚がりにくくなりますので、気を付けて。
④ 様子をジーっと見つめていると、れんこんの外側から、香ばしい色に(茶色)揚がってきます。
頃合いを見はからって、菜箸で、くるっと裏返します。
パリッと揚がったら、油をよく切って、(菜箸で、ぶんぶんよく振って)油切りのバットに、れんこんを立てるように、置いてゆきます。
⑤ お皿に盛りつけて、軽く塩をふれば、出来上がりです!れんこんが触れ合わないように、お皿に盛りつけると、時間がたっても、パリパリしています。
れんこんを、ひっくり返したら、じきに揚がります。油の温度が高すぎると、たちまち、れんこんが黒焦げになってしまうので、気を付けて!

れんこんチップスを、パリッと美味しく揚げる3つのコツ

言わずもがな、なのですが、パリパリ揚がるコツは、れんこんを薄く切ることです。
スライサーがある方は、ぜひお使いください。
わが家は、包丁をよく研いで、日々、薄く切る訓練(笑)をしています。
また、最後の1枚を、鍋から取り出すまで、火を消さないことも、パリパリあがる重要なポイントです。
一番最後のステージで、安心して火を消してしまうと、油の温度が下がってしまい、パリっと揚がりませんので、気を付けて。
れんこんをパリッと揚げる3つのコツ
1.れんこんを薄くスライスすること
2.油の鍋に、れんこんを入れすぎないこと
3.最後の1枚を、鍋から上げるまで、火を消さないこと
どれも、当たり前ようなコツですが、いざ作るとなると、急いでしまったりで、なかなか難しいことなのです。
この3つを丁寧に行えさえすれば、美味しいれんこんチップスが、出来上がります。

皮をむかず、アク抜きしなくても美味しいれんこんチップス

皮をむかず、アク抜きをしなくても、れんこんチップスは、美味しくて、かつ、栄養満点なのです。

れんこんを切って、しばらく置いておくと、茶色になってきますよね?

茶色になる原因は、いわゆる「アク」と呼ばれているものです。「アク」は、空気に触れると、色が付く性質があります。

煮物や、サラダなど、れんこんの色を、美しく際立たせたい料理の場合は、アク抜きが必要になってきます。

しかし、れんこんチップスの場合、結局、焼き目が付いて、茶色く揚げるわけですから、わざわざ皮をむく必要がないのです。

また、れんこんは、中身だけでなく、「皮と、アクの中」にも、食物繊維とポリフェノールが、たっぷり含まれています。

皮をむいて、大切な栄養を除いてしまうなんて、実は、大変もったいないことなのです!

れんこんチップスを作る場合、皮をむかなくても、とっても美味しいです。栄養たっぷりの皮をむく必要はないのです。

れんこんをはじめ、根菜類、野菜の「皮」には、栄養が豊富に含まれています。

料理にもよりますが、栄養のある野菜の皮を、出来るだけ、むかずに食べてゆきたいですね。

まとめ:パリッと美味しいれんこんチップス。皮はむかないアク抜きしない栄養満点レシピ

れんこんは、9月から10月に収穫が始まり、ほぼ一年中、食べられます。

こんなに美味しい、日本野菜を作っている農家さんに、感謝です。

れんこんを、薄くスライスして揚げると、独特の、シャクシャクした歯ごたえが気にならなくなります。

それが苦手だった夫は、今では、大好物になりました。

栄養満点で、パリパリ美味しい、れんこんチップス。

皮をむいたり、アクぬきする手間がないので、とても簡単です。

おやつや、お酒のおつまみに、ピッタリです。どうぞ、おためしください。

コメント