スポンサーリンク

春の主役!オステオスペルマムの育て方|来年も咲かせるポイント、バリエーションなどをご紹介します

Osteospermum (3)

開花時期が長く毎年花を咲かせてくれる多年草「オステオスペルマム」の育て方をご紹介いたします。

園芸家の友人に、耐寒性があって育てやすいとすすめられ育てています。

色がきれいで魅力的なお花とは思っていましたが、咲き始めから終わるまでの間、色が変化することに気が付き、観察がさらに楽しくなりました。

最近は多彩な品種も出てきて春の主役になる日もそう遠くないかもしれないオスペオスペルマムの「育て方」「来年も咲かせるポイント」「バリエーション」ご紹介いたしますので、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

オステオスペルマムについて

Osteospermum_petal

育てやすいキク科の多年草

オステオスペルマムはキク科の多年草で、毎年花が咲きます。マムはキクの意味ですね。

もともと、白・ピンク・紫色しか存在しない花でしたが、群馬県の育苗家の方が掛け合わせによって黄色とオレンジの花が誕生しました。

原産地

オステオスペルマムの原産地は、おもにアフリカ、アラビア半島です。

最近ではヨーロッパやアメリカ、日本で改良されて新品種がつぎつぎと登場しています。

特長

Osteospermum_flower core

Osteospermum_flower core2

花の中心部分(花芯)は色が豊富で、同じキク科のマーガレットより花が大きいのが特長です。

Osteospermum_petal2

花びらの表と裏の色が違うため、ツボミ、花の咲き始め、咲き終わりまで色の変化を楽しむことが出来ます。

育てるのが簡単なオスペオスペルマム

Osteospermum (1)

わが家のオスペオスペルマムです。

私のような初心者でも特に難しいお世話もなく楽しく育てています。

上の写真は咲き始めです。花びらが細く菊の花のようですね。色合いがとても美しいです。

Osteospermum (2)

こちらが咲いたものです。咲き始めの頃と印象が違いますね。

咲き始め~開花~終わるまでの間、色の変化が楽しいお花です。

オステオスペルマムを置く場所

日当たりのよい場所に置きましょう。水やりは、土が乾いたらたっぷり与えます。

オステオスペルマムは湿気を苦手とするお花ですが、季節を問わず土が乾いたら梅雨の時期でも水やりはたっぷり行うのがポイントです。

初夏まで次々と、来年も咲かせる2つのポイント

Osteospermum_Provence

オステオスペルマムは、早い品種は1月頃から咲き始め、5月下旬まで次々と花を咲かせます。

来年も花を咲かせるポイントは、大きいハチに植え替えることと、花が終わったら切り戻し(枝をカット)することです。

小さな鉢のまま育てますと根詰まりしてしまいますので、根をしっかり伸ばすことが大切です。

伸びた根は水分と養分をしっかり吸収することが出来ます。

鉢の植え替え方法

オステオスペルマムの根の先を軽くほぐします。鉢底が見えなくなるまで石を詰めて、あとは草花用培養土を足すだけです。

土の量は鉢の8割程度の少なめに入れます。なぜなら来年の春に植え替えなくてもいいようにするためです。

夏になると花が終わり枯れてきますので、土の高さを低くしておくと枯れた枝が目立たなくなります。

オステオスペルマムは蒸れるのが苦手ですので、鉢底石を入れましょう。

切り戻しの方法

Osteospermum3切り戻し前

Osteospermum4切り戻し後

 

花が終わったオステオスペルマムは、枝が伸びて下葉が落ちた姿になるので枯れたように見えるかもしれませんが、捨てずに来年のために切り戻しを行います。

株の1/3を残すくらいにカットします。勇気が要るかもしれませんが大丈夫です。

わき芽が出ていたらそれを残して、その上をカットします。

切り戻しを行うことにより、わき芽がどんどん出てきて、来年は枝数・花数が増えて大きくなります。

オステオスペルマムのバリエーション

バイカラー

花1輪で2つの色の組み合わせを楽しむことが出来ます。

パープルサン

Osteospermum_purplesun1

ドイツで開発された品種です。色鮮やかなオレンジにパープルが入っていますので、2色を楽しむことが出来ます。

ブルーアイ・ビューティー

Osteospermum_blueeye-beauty2

アメリカで開発された品種です。ビビットな色が人気でバイカラー(2種類の色)がはっきりしているのが特長です。

プリンス オレンジ・リング

Osteospermum_prince-orange-ring

日本で開発された1月から咲く早咲きの品種です。ピンク色に真ん中がクリーム色がエレガントです。

八重咲タイプ

外側に大きな花びら、真ん中にたくさんの小さな花びらが特長です。

プリンセス プロバンス

Osteospermum_Provence

青みがかったピンク色の花びらに、真ん中が青い細かい花びらの洗練された花です。

コーラル

1~3月は薄いオレンジ色の花が咲いて、4~5月になるとピンク色に変化する楽しみを味わえる品種です。上の写真は4~5月頃の色です。

ダブルオステオスペルマム シルバー

Osteospermum_doubleOsteospermum_silver

菊の花に似ている渋いタイプです。真ん中が盛り上がるのが特長です。

ジョンブリアン

Osteospermum_johonBriand

輝くような黄色という意味で、見た目がダリアのようです。咲き進むにつれて徐々に色にピンク味がかかってゴージャスに変化し、ピンク色に変わります。

寄せ植えにぴったりなオステオスペルマム

オステオスペルマムは、寄せ植えによく使われるアリッサムとの相性がぴったりです。

おなじ花の色と合わせますと、色が引き立ってまとまります。植木鉢はブリキのなど高さがあるものがオススメです。

ダブルオステオスペルマム シルバー×アリッサム白

白の組み合わせは可憐できれいですね。

Osteospermum_doubleOsteospermum_silverダブルオステオスペルマム シルバー

alyssum2アリッサム白

オステオスペルマム プロバンス×アリッサム紫

プリンス オレンジ リングの中央の紫と、紫色のアリッサムの組み合わせもエレガントですね。

Osteospermum_prince-orange-ringプリンス オレンジ リング

alyssumアリッサム紫

まとめ

オステオスペルマムの育て方、来年も咲かせるポイントなどについてご紹介いたしました。

つぼみの色、咲き始め、開花、花の終わりまでのカラーの変化がとても美しいお花です。

開花時期が長く冬の寒さに強いオステオスペルマムは、初心者の私も楽しみながら育てています。

あなたもご自宅でオステオスペルマムを育ててみてはいかがでしょうか。

[参考サイト]
2020年3月5日放送  NHK 趣味の園芸「春もっとビビッドに オステオスペルマム」

[関連記事]
初心者も簡単!おすすめの多年草・宿根草|手間いらずで育てやすい9種をご紹介します。

[本ページでご紹介しましたオステオスペルマムです]

オステオスペルマム:パープルサン3.5号ポット 2株セット
ノーブランド品
オステオスペルマム:ブルーアイビューティ5号鉢植え[レモンカラーに紫の目!人気品種]
ノーブランド品
ダブルオステオスペルマム:シルバー3.5号ポット 2株セット
ノーブランド品
草花の苗/オステオスペルマム:ジョンブリアン3.5号ポット
スポンサーリンク
お花
この記事を書いた人
カジトラ

良いモノを長く大事に使ってゆく生活を目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ

コメント