スポンサーリンク

畑をお掃除!マリーゴールドのコンパニオンプランツ栽培|効果と種類、植え方のポイントをご紹介いたします

marigold-14

マリーゴールドは、家庭菜園で野菜と一緒に育てるコンパニオンプランツとしてお馴染みですね。

今日はマリーゴールドがもたらす効果と種類、植え方のポイントなどについてご案内いたします。

この方法は、農学博士の木嶋利男先生がご紹介されていますマリーゴールドのコンパニオンプランツ栽培ですので、ご参考にしていただきましたら幸いです。

スポンサーリンク

畑をお掃除!マリーゴールドのコンパニオンプランツ栽培の効果

marigold-11

マリーゴールドは、花壇やガーデニングによく植えられているお馴染みのお花ですが、畑や野菜に とてもよい効果をもたらしてくれる頼もしいコンパニオンプランツでもあります。

害虫を寄せ付けない効果

野菜の株間にマリーゴールドを植えますと、モンシロチョウやアブラムシなどの害虫を寄せ付けない効果を発揮します。

キク科のマリーゴールドは、「強いアレロパシー効果」があり、害虫を寄せ付けなくする働きをします。

一般的にキク科の植物は害虫を寄せ付けない効果がありますが、とくにマリーゴールドはアレロパシー効果をより強く持っていますので、家庭菜園で害虫にお悩みの場合はおすすめです。

アレロパシー効果とは、他の植物や動物、微生物に対してアレロケミカルという物質を出して引き寄せない効果のことを言います。
(参考:Wikipedia)

センチュウを駆除する畑のお掃除効果

マリーゴールドのアレロパシー効果は、地上の害虫だけでなく、土の中のセンチュウ(土壌害虫)にも威力を発揮します。

マリーゴールドの花や茎を土の中にすき込みますと、アレロパシー効果によってセンチュウなどが駆除されて 土の中がきれいになります。

その結果、秋以降の野菜が さらに旺盛に育ちます。

センチュウの詳細につきましては、本ページ最後の「線虫(センチュウ)とは?原因と予防対策、発生したらどうするの?」を、ご参考になさってください。

マリーゴールドと相性の良い野菜

marigold-7

マリーゴールドをコンパニオンプランツにすると相性の良い野菜は、トマト、ナス、ピーマン、シシトウなどのナス科野菜、アブラナ科のダイコン、カブなどです。

これらの野菜を栽培しますと センチュウが発生しやすくなりますので、マリーゴールドとの混植がおすすめです。

マリーゴールドの種類、植え方のポイント

マリーゴールドの品種選び

marigold-12

アフリカン種

marigold

フレンチ種

マリーゴールドは、アフリカン品種とフレンチ品種がありますが、農学博士の木嶋利男先生によりますと、センチュウの駆除には「アフリカン品種」がより効果的のようです。

アフリカン品種は草丈が高くなりますので(70cm~1mほど)、野菜のそばに植え付ける場合は、風通しが悪くならないように間隔を空けるのがポイントです。

植え方のポイント

種まきは3月頃から

marigold afrikan-0

マリーゴールドはキク科の一年草で、種から育てる場合は、3月頃にタネをまきます。

種はポリポットにまいても、畑に直接まいても構いません。

苗は春先からホームセンターなどで販売していますが、カジトラの経験上、アフリカンタイプのマリーゴールドの苗を店頭で見かけたことがないため、種から育てています。

マリーゴールドを植え付ける時期

marigold-6

トマトやナスなどの夏野菜を普通に育てます。

そのあと、6月~7月か、7月~8月にかけてマリーゴールドの苗を植え込んで 2か月間育てます。

わが家はトマトやナスの苗を植え付けるタイミングで マリーゴールドの種をまいています。野菜の実が付き始める頃、ちょうどマリーゴールドが大きくなり花が咲きます。

マリーゴールドを植え付ける場所

marigold-15

菜園全体にマリーゴールドの苗を植え付けたり、センチュウの被害が出やすい野菜の株間に植え付けたりします。

害虫の天敵となる昆虫が集まってきますので、生物活性が高い畑になります。

畑をお掃除!マリーゴールドの鋤き込み

マリーゴールドは、畑に植えておくだけでもセンチュウの密度を下げる効果がありますが、お花が咲いている時に 短めに刈って、花・茎・根をに鋤き込みますますと、センチュウ防除の効果がいっそう高まります。

この作業はマリーゴールドの種ができて発芽する前に行うことがポイントですので、開花したら土に埋めましょう。

わが家はお花を少し楽しみたいので、しおれてきたらお花をカットして順番に土に入れています。

秋ダイコンのネグサレセンチュウ対策

marigold-5

木嶋先生おすすめの秋ダイコンのネグサレセンチュウ対策をご紹介いたします。

ダイコンのネグサレセンチュウの被害が大きい場合、マリーゴールドの栽培時期(春から夏)に密植して栽培し、それを緑肥として土にすき込みます。

marigold-16

すき込んだ3週間ほど寝かせてマリーゴールドが分解した後、秋まきのダイコンをスタートしますと、ネグサレセンチュウの被害が軽減します。

木嶋先生は、この作業を数年に一度行うと、連作で一年中ダイコンを育てることができます。と、おっしゃています。

まとめ

marigold-6

畑をお掃除してくれるマリーゴールドのコンパニオンプランツ栽培についてご紹介いたしました。

マリーゴールドは強いアレロパシー効果で モンシロチョウやアブラムシなど地上の害虫を寄せ付けず、土の中のネグサレセンチュウを死滅させる働きがある 家庭菜園においてとても頼もしいお花です。

本日ご紹介しましたマリーゴールドのコンパニオンプランツ栽培は 農学博士の木嶋利男先生がご紹介されている方法ですので、ご参考にしていただきましたら幸いです。

[関連記事]

線虫(センチュウ)とは?原因と予防対策、発生したらどうするの?

[マリーゴールド アフリカン品種]

[参考文献]

木嶋利男著 コンパニオンプランツで野菜づくり (ひと目でわかる図解)(主婦と生活社)

木嶋利男著 決定版 コンパニオンプランツの野菜づくり (育ちがよくなる! 病害虫に強くなる! 植え合わせワザ88)(家の光協会)

木嶋利男著 農薬に頼らない病虫害対策 (学研ムック 学研趣味の菜園)(学研)

コメント