スポンサーリンク

柑橘ピールの作り方レシピ|柑橘類なら何でも使えます!

peel (20)

柑橘の実を食べたあと、皮を捨てずに「柑橘ピール」を作ってみませんか?

夏ミカン、いよかん、レモン、ポンカン、ハッサクなど、無農薬の柑橘類であれば何でも美味しく作ることが出来ます。

ビター味がお好みな方、苦手な方も、調理の途中でお好みにすることができますのでお試しください。

少しほろ苦い大人味の柑橘ピールで、優雅なティータイムを過ごされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

柑橘ピールレシピ

材料

・柑橘の皮 適量(果実は使いません)
・グラニュー糖 [7]で測った皮の重さに対して60~70%
・水

🍊 厚い皮の柑橘で作ると形が崩れにくいです。

🍊 砂糖を使われてもOKですが、グラニュー糖は皮の色が活かされ、煮詰めても焦げにくい特徴があります。

おもに使う道具

・鍋(ホーロー製、土鍋、樹脂加工されたもの)
・ザル
・バット
・オーブン用クッキングシート

🍊 柑橘類は酸が強いため、アルミ鍋や鉄鍋はさけて、ホーロー製、土鍋、樹脂加工された鍋を使いましょう。

作り方

1.柑橘の皮を水洗いします

peel (2)

柑橘の皮をよく洗います。果実は使いません。

2.皮を茹でます

peel (3)

鍋に[1]の皮と、皮がひたひたになるくらいの水を入れて火にかけます。沸騰したら、中火で15~20分茹でます。

3.5分間 水につけて水気を切ります

peel (4)

peel (5)

[2]をザルにあげて茹でこぼします。水に5分間つけて水気を切ります。

4.粗熱とってワタを取ります

peel (6)

粗熱がとれたら、スプーンでワタを削りとります。

ビター味を楽しまれたい方は、あまりワタを取らなくても良いですが、柑橘の皮は意外に渋みがあります。

5.皮を細切りにしますpeel (7)

皮を5~8mmの幅に細切りします。

6.再び皮を茹でます

peel (8)

鍋に、細切りした[5]の皮と、皮がかぶるくらいの水を入れて火にかけます。

沸騰したら、中火で10~15分煮ます。

7.茹でこぼし、浸水5分、水気を切ってグラニュー糖

[6]を茹でこぼして水に5分間漬けます。

ザルに上げて水気をしっかり切り、皮の重さをはかり、グラニュー糖の量を計算します。

peel (9) peel (10)

今回は、皮の重さが300gでしたので、60%以上の200gのグラニュー糖を入れました。

8.皮・グラニュー糖を水で煮ます

peel (12)

鍋に[7]の皮と、グラニュー糖、ひたひたの水を入れて火にかけます。

沸騰したら弱火にして、汁が少なくなるまで煮詰めてゆきます。時間は分量にもよりますが、おおよそ15~20分くらいです。

🍊 トロッとしてきて、皮にツヤが出てくれば火を止めましょう。煮詰めると焦げてしまいますので、気を付けて。

9.ザルにあけて水気を切ります

peel (13)

皮がやわらなくなっていますので、菜ばしなどでやさしく鍋から取り出します。

10.オーブンで加熱します

peel (14)

天板にオーブン用のシートを敷いて、重ならないように皮を並べます。

100℃に熱したオーブンで、20~30分加熱します。

皮の表面がしっとりしている程度でオーブンから取り出して粗熱を取ります。

peel (15)

11.バットでグラニュー糖をまぶします

peel (16)

バットにグラニュー糖(分量外)を広げて、粗熱がとれた皮を入れ、表面にグラニュー糖をまぶします。

12.網にのせて一晩乾燥させます

peel (18)

網に皮をのせて、冷暗所に一晩ほど置いて乾燥させれば出来上がりです。

密閉容器などに入れて、2週間をメドに食べきりましょう。

ポイント

peel (15)

🍊 ワタを取り除くと、苦みが和らぎます。ビター味がお好みの方は取らなくてもOKです。

🍊 砂糖を使われてもOKですが、グラニュー糖は皮の色が活かされ、煮詰めても焦げにくいのでおすすめです。

🍊 柑橘類は酸が強いため、アルミ鍋や鉄鍋はさけて、ホーロー製、土鍋、樹脂加工された鍋を使いましょう。

🍊 オーブンで熱する時、完全に乾燥させないようにしましょう。表面に湿気が残る程度で取り出します。

🍊 夏の暑い時期は、冷蔵庫に入れて保存しましょう。

まとめ

peel (19-1)

柑橘ピールの作り方レシピをご紹介いたしました。

夏ミカン、いよかん、レモン、ポンカンなど、無農薬の柑橘類であれば何でも美味しく作ることが出来ます。

少しほろ苦い大人味の柑橘ピールは、お料理の口直しにもぴったりですので、おためしください。



コメント