スポンサーリンク

クルクル巻くだけ!さつまいものツルでリース土台を作る方法

sweetpotato-wreath (12)

さつまいものツルを使って、リースの土台を作る方法をご紹介いたします。

くるくる巻くだけなので、とても簡単です。

今年さつまいもを収穫した後、リースづくりにすぐに取り掛かることができなかったので、3週間ほど経ったツルで作り方をご紹介いたします。

さつまいものツルは、時間が経つと固くなって曲がりづらくなると聞いたことがあったのですが、3週間たってもきれい「しなり」ました。

わが家のように、時間が経ってしまったさつまいものツルでも十分に作ることができましたので、家庭菜園などで、さつまいものツルが手に入ったらおためしください。

スポンサーリンク

さつまいものツルでリース土台を作る方法

sweetpotato-wreath (5)

用意するもの

・さつまいものツル 適量
・バケツ
・水

作る前のポイント

さつまいものツルは、根っこが付いたままにしておくと巻きやすいです。

作り方

1.さつまいものツルに付いている葉っぱや色が悪い部分を取り除き、水でよく洗います。

sweetpotato-wreath (1)

2.水気を切って、根っこを起点にクルクル輪っかにします。特にねじらなくても写真下のように収まります。

sweetpotato-wreath (6)

3.短いツルは、すきまに入れ込みます。ヒモで縛らなくても、すき間に入れ込むと外れません。

sweetpotato-wreath (3)

4.数日間しっかり乾燥させて完成です。

sweetpotato-wreath (8)

作って分かったポイントとコツ

気持ち太巻きで

sweetpotato-wreath (11)

さつまいものツルは乾燥すると、ほっそりしますので、気持ち太巻きにすると良いでしょう。

ツルの特性を活かして

sweetpotato-wreath (4)

さつまいものツルは、ごらんのように初めからクセが付いています。

したがって輪っかにするとき、意図的にねじらなくても、いい感じに収まります。

まとめ

sweetpotato-wreath (9)

さつまいものツルを使ったリース土台の作り方をご紹介いたしました。

さつまいもを収穫してから、すぐにリースにすると、フレッシュな茎でやわらかいので、より簡単にリースを作ることが出来そうです。

今ではリースの土台も100円ショップなどでもお安く販売していますが、手作りのリースというものは格別なものがあります。

おためしください。

コメント