スポンサーリンク

おしゃれな「ブリキじょうろ」使っています|セフティー3 ブリキジョーロ 5L

watering can (5)

置いておくだけで映える、おしゃれなブリキのじょうろを使っています。

10年使っていたブリキのジョウロの底に穴が開いてしまったので、新しいジョウロを探していたところ、おしゃれなブリキのじょうろに出合いました。

きょうは、「セフティー3ブリキジョーロ5LオリーブJOL-50」を実際に使ってみた感想をご紹介いたしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

watering can (5)

購入したジョウロは、「セフティー3 ブリキジョーロ 5L オリーブ JOL-50」です。

空のまま持つととても軽いです。

材質はブリキ、色はオリーブで、5リットル入ります。

一度に水がたくさん入るので、継ぎ足す回数が少なくなり助かっています。

商品重量  980グラム
梱包サイズ  40×24.2×21.4センチ
 オリーブ
材質  ブリキ

持ち手は2つ付いています

watering can (8)

このじょうろは5リットルも入るので、水を満タンに入れると重くなりますが、持ち手が2つ付いていますので、両手で持ちながら運ぶことが出来て便利です。

ハス口の穴は大きめで、シャワーは粗め

watering can (7)

ハス口からの水の出方は、豪快です。

watering can (2)

このような感じに水が出ますので、大きめの植木鉢の水やりに適しています。

繊細で細かいシャワータイプを使われたい方には、もしかしすると不向きかもしれません。

なお小さな植木鉢への水やりは、水の勢いで土がはね返ってしまうため、ハス口を取って注いでいます。

watering can (10)

取っ手の接合部は頑丈でないのが難点

watering can (9)

手さげの接合部のネジが頑丈ではないため、たくさん水を入れたときは、矢印の手さげだけで持つとフラフラしますので気を付けています。

watering can (3)

水が満タンに入っているときは、このように両手で持って注ぐのがオススメです。

使ってみて分かったメリット・デメリット

「セフティー3 ブリキジョーロ 5L」を使ってみて感想を、メリット・デメリットにしてまとめました。

このジョウロは、見ための可愛らしさが一番のウリかなと思います。

水の出がキメが細かく、取っ手の持ちやすさを重視されたい場合は、園芸用の機能的なジョウロが使いやすいでしょう。

メリット デメリット
ブリキなのでサビに強く屋外に置くことができる 手さげの接合部がゆるい
大容量(5リットル)水が入る 水をたくさん入れると手さげがふらつく
水を入れる回数が少なく済むため一回でたくさん水やりができる 小さな植木鉢への水やりは、じょうろの中の水を少なめにする必要がある。
本体が軽い シャワーのキメが粗め

まとめ

watering can (1)

おしゃれなブリキのじょうろが欲しくて購入した「セフティー3 ブリキジョーロ 5L」。

どこに置いておいても映えるので気に入っています。

本体は軽くて水がたくさん入りますが、シャワーのキメが粗めで手提げの取っ手の接合がゆるめです。

したがいまして、ガッツリ水やりするというよりも、簡単な水やりをするのに向いているかなというのが感想です。

ラインナップは今回ご紹介したオリーブ色のほかに、塗装のないナチュラル、オフホワイト、レッド、容量は1.6リットル、3リットル、7リットルと豊富にあります。

コメント