スポンサーリンク

うまい男の料理!チンジャオロースの作り方レシピ

tinjaolose (1)

「チンジャオロース」の作り方をご紹介いたします。

この料理の担当は夫で、ごはんが進み過ぎて困ってしまいます。

ピーマンの美味しい季節に、おためしになってみてください。

スポンサーリンク

「チンジャオロース」の作り方レシピ

材料(2~3人分)

・牛肉 200g
・ピーマン 5~6個
・塩、こしょう 少々
・ごま油 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
調味料[A]
・にんにく 大さじ1(すりおろす)
・ショウガ 大さじ1(すりおろす)
・オイスターソース 大さじ2
・醤油 大さじ2
・酒 大さじ4
・砂糖 大さじ1

チンジャオロースの作り方

1.牛肉とピーマンを細切りにします。

2.細切りにした牛肉に、塩とこしょうを少々振りかけ、ごま油と片栗粉を入れて手でまぶします。

3.調味料[A]をすべて器に入れて、かき混ぜておきます。

4.フライパンに油(分量外)をひいて、牛肉を炒めます。出来るだけ強火で手早く炒めましょう。

5.牛肉の色に少し赤味が残る程度に炒めたら、ピーマンを入れてさらに炒めます。ピーマンのシャキシャキ感を残しておきたいので、軽く炒める程度でOKです。

6.いったん火を止めて、調味料[A]を[5]に入れます。再び火を付けて、中火で調味料を「からめて煮る」イメージで、軽く炒めます。

7.盛り付け皿に入れて、出来上がりです。

作り方(写真付き)

1.牛肉とピーマンを細切りにします。

tinjaolose (2)

2.牛肉に、塩+こしょう、ごま油+片栗粉

細切りにした牛肉に、塩とこしょうを少々振りかけ、ごま油と片栗粉を入れて手でまぶします。
tinjaolose (3)
tinjaolose (4)
tinjaolose (6)
tinjaolose (7)

tinjaolose (8)

3.調味料[A]を合わせます

調味料[A]をすべてを器に入れて、かき混ぜておきます。

tinjaolose (14-1)

4.牛肉を炒めます

フライパンに油(分量外)をひいて、牛肉を炒めます。
出来るだけ強火で手早く炒めましょう。
tinjaolose (9)

5.ピーマンを入れてさらに炒めます

牛肉の色に少し赤味が残る程度に炒めたら、ピーマンを入れてさらに炒めます。

ピーマンのシャキシャキ感を残しておきたいので、軽く炒める程度でOKです。

tinjaolose (10)
tinjaolose (11)

6.火を止めて、調味料[A]を入れます

いったん火を止めて、調味料[A]を[5]に入れます。再び火を付けて、中火で調味料を「からめて煮る」イメージで、軽く炒めます。

tinjaolose (13)

7.盛り付けて出来あがり

tinjaolose (1)

チンジャオロースを美味しく作るポイント

牛肉は手でまぶす

tinjaolose (8)

牛肉に「塩・こしょう・ゴマ油・片栗粉」を入れて混ぜるのは「手」で行うと牛肉になじんで美味しくなります。

牛肉もピーマンも、火が通る手前まで

tinjaolose (11)

チンジャオロースの美味しさは、牛肉の香ばしさとピーマンのシャッキリした食感ですね。

弱火で長い時間炒めますと、肉のうま味が逃げやすく、ピーマンもしんなりしてしまいますので、牛肉とピーマンを炒める時は「気持ち火が通る手前」で調理してみてください。

・牛肉に少し赤味が残っている状態で、ピーマンを入れましょう
・ピーマンを軽く炒めたら、調味料で煮て炒めるというイメージで。

お弁当のおかずにも合います「チンジャオロース」

このレシピは少し濃いめの味付けになっていますので、お弁当のおかずにもぴったりですので、おためしになってみてください。

まとめ

tinjaolose (1)

男の料理、「チンジャオロース」の作り方レシピをご紹介いたしました。

・牛肉に完全に火が通る前にピーマンを入れる
・ピーマンは軽く炒め、調味料で煮て炒めるイメージ
・短時間で調理する

この3つのポイントで、たいへん美味しい「チンジャオロース」になります。

どうぞおためしになってみてください。

スポンサーリンク
料理のレシピ野菜食のこと
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク
カジトラ