スポンサーリンク

長野の郷土料理「油なす」の作り方|ご飯のおかずに最高です

abura-nasu (21)

長野の郷土料理「油なす」の作り方レシピをご紹介いたします。

茄子の季節になると、長野のどの家庭でも食卓にあがる「油なす」は、味噌とお砂糖で炒めます。

「油味噌(あぶらみそ)」と言うご家庭もありますが、私の家では「油なす」と呼んでいます。

なすは油をたくさん吸い込む性質があるので、この料理は油を多めに使います。「油味噌」という名前の由来は、ここから来ているのかなと思います。

なすだけ炒めても美味しいですが、ピーマンを一緒に入れると、ピーマンの香りがアクセントとなってもっと美味しくなります。

炊き立ての熱々のご飯にも、お弁当のおかずにもぴったりの「油なす」の作り方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

「油なす」の作り方レシピ

材料(2~3人分)

abura-nasu (2)

・丸なす 1個(長なすの場合は2個)
・ピーマン 2~3個
・油 大さじ2~3(炒める用)
[A]
・味噌 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・水 大さじ1~2

作り方

1.なすとピーマンを食べやすい大きさに切ります。

2.盛り付け用の器に[A](味噌、砂糖、水)を入れて、よく混ぜておきます。

3.フライパンに油を入れて、味噌とピーマンを炒めます。
火の通りが異なりますので、先になすを炒めて火が通ったら、ピーマンを追加すると良いでしょう。

4.野菜に火が通ったら、いったん火を止めます。[A]をフライパンに入れて再び火を付けて、野菜をからめて出来上がりです。

1.なすとピーマンを食べやすい大きさに切ります。
abura-nasu (5)
abura-nasu (6)
いちょう切りのご家庭もあれば、
abura-nasu (7)

わたしの母は、短冊切りにしていました。お好みでどうぞ。

abura-nasu (12)

2.盛り付け用の器に、[A](味噌、砂糖、水)を入れてよく混ぜておきます。

abura-nasu (13)

abura-nasu (14) abura-nasu (15)

abura-nasu (16)

3.フライパンに油を入れて、味噌とピーマンを炒めます。

abura-nasu (18)

火の通りが異なりますので、先になすを炒めて火が通ったら、ピーマンを追加すると良いでしょう。

なすは油をよく吸いますので、油が少なそうであれば、追加してくださいね。

4.野菜に火が通ったら、いったん火を止めます。[A]をフライパンに入れて、野菜と絡めます。

abura-nasu (19)

abura-nasu (20)

再び火を付けて(A)と野菜をからめて出来上がりです。

炒める時のポイント

なすは、油をよく吸い込みますので、油の分量は気持ち多めで炒めてみてください。

多めの油で炒めると、フライパンにナスがくっつくこともなく、焼くことが出来ます。

ナスの片面をじっくり焼いて、焼き色が付いたらひっくり返してもう片面を焼くと、かたちが崩れることありませんのでお試しください。

また、ピーマンは焼き色が少し付く程度で大丈夫。色味もきれいでシャッキリした歯ごたえをお楽しみください。

ピーマンを無駄なく切る方法

ピーマンの種を取り除く方法は、意外に面倒くさいですね。

ピーマンを半分に切って、ヘタの部分も切り、包丁をたてに入れると種を取り出しやすくなりますのでお試しください。

abura-nasu (9)

ピーマンを縦切りにして、ヘタを切ります。

abura-nasu (8)

種の部分に、包丁で切れ込みを入れます。

abura-nasu (10)

手で種を取り除きます。

長野の「丸茄子」はトロリとして美味しいです

abura-nasu

余談になりますが、長野の郷土料理、「おやき」を召し上がったことはありますか?

長野は「丸茄子」と呼ばれるまるい茄子の栽培が盛んで、これを使っておやきや、油なすを作るのが一般的です。

この丸茄子の特徴は、「味が濃く、加熱すると「トロミ」がでます。これがたまらなく美味しいのです!

わたしは、故郷の長野から東京の生活を始めるまで関東では一般的な「長ナス」を食べたことがありませんでした。

長野の美味しい丸茄子に興味をお持ちの方は、一度召し上がってみてください。

【ふるさと納税】小布施丸なす

まとめ

長野の郷土料理「油なす」の作り方を、ご紹介いたしました。

なすの季節になると、長野の食卓に上がる油なす。炊き立てのごはんのおかずにぴったりです。

ピーマンを入れると、ピーマンの風味と茄子のうま味が増しますので、セットで作ってみてくださいね。

コメント