スポンサーリンク

絶品!台湾「周記肉粥店の朝粥」と絶対に外せない1皿をご紹介します

rice gruel of ZhouJiRouZho (2)

台湾は龍山寺の近くにある「周記肉粥店(シュウキニクカユテン)」のお粥は、噂どおりの絶品でした。

ちょっと軽く食べて、他のお店でも何か食べたい欲張りツーリスト(わたしのことです)に、ちょうど良いお粥の名店「周記肉粥店(シュウキニクカユテン)」をご紹介いたします。

地元の人に混ざって、朝粥を食べる。「台湾を体験する」のにぴったりなご飯屋さんですよ。

龍山寺を観光したときに、立ち寄ってみてくださいね。日本語メニューもあって、観光客も歓迎してくれますよ。

お店のおばちゃんに、お粥のほかに、もん絶するほど美味しい「1皿」も教えてもらったので、あわせてご紹介いたします。

スポンサーリンク

台湾「周記肉粥店」(シュウキニクカユテン)は1956年創業

ZhouJiRouZho

龍山寺駅から、廣州街をまっすぐ歩いて5分(300m)ほど歩いてゆくと、看板が見えてきます。

台湾「周記肉粥店」の開店は、朝6時から夕方16時50分まで。地元の人でにぎわう小吃店(シャオツー)です。

一瞬、入りづらそうな雰囲気かもしれませんが、大丈夫!

日本語を話してくれるおばちゃんが、笑顔で向かい入れてくれますよ。

小吃(シャオツー:Xiǎochī)は、いわゆる軽食(ファーストフード)の店

Guangzhou Street

ちなみに、廣州街の雰囲気はこんな感じ。午前中は、地元の人が外で朝ごはんを食べているいるのを、あちこちで見かけます。

大人気の台湾「周記肉粥店」はお昼どきを避けて行くのがポイント

ZhouJiRouZho (2)

お店に入ると、おばちゃんが「日本人?」と日本語で、すぐに声をかけてきてくれました。

それだけで、ホッとした私。日本語メニューも用意されているから安心ですよ。

私たちは、1月は平日の、午前11時頃にゆきましたが、お昼前だったのか、すんなり席に通してもらいました。

口コミによると、お昼時はかなり混雑するようですので、朝早めに行くか、時間を少しずらして、行きましょう。

台湾「周記肉粥店」の注文のしかた

rice gruel of ZhouJiRouZho

日本語メニューと一緒に、注文伝票を渡されます。お粥の数は、注文票に書かなくてOKです

メニューは写真が載っているので、イメージしやすいですし、お店のおばちゃんが料理について、説明してくれます。

注文の方法は、食べたい料理の数を注文票に書き込み、お店の人に渡すだけ。台湾は、この方式が多いです。

ちなみに、日本語メニューに料金は書いてありませんでしたが、どれも安価なので、安心してください。

しみる肉粥と、あと1皿「紅焼肉」は外せない

台湾「周記肉粥店」で絶対に食べてほしいのが、

肉粥(一杯15TWD60円)と、あと1皿「紅焼肉」(豚のから揚げ 50TWD200円)です。

肉粥

rice gruel of ZhouJiRouZho (2)

かつおと、海老の出汁が効いているお粥です。お茶漬けみたいなイメージ。小さめの器で出てきます。

地元の人は、お代わりしていました。

紅焼肉

fried pork

これがあと1皿、「紅焼肉」(豚のから揚げ)です。

お店のおばちゃんが、オススメしてくれたのがこちらです。

サクサクサクサク旨い。

なにー。美味しいいい!と、小さく叫んでしまいました。

台湾グルメって、想像以上にレベルが高い・・・。

後で知ったのですが、ガイドブックでも絶賛されている逸品でした。

こんがりと厚めに揚げられた衣が、パリッとした食感です。お代わりしたくなったけれど、我慢しました(笑)

fried pork (2)

空心菜もグッド

Sorashin'na

自分で栽培してしまうほど、空心菜好きな私なのですが、台湾で、どのお店に行っても注文して試してみました。

空心菜の「歯ごたえ」たまらないですよね。

「周記肉粥店」の料理は、どれも控えめな盛り付けですが、食べ歩きをするのに、丁度よい量です。

台湾「周記肉粥店」の会計は「お粥+伝票の料理」を合算

お会計は、伝票をもってレジへ。現金のみの取り扱いです。

お粥を何杯食べたか聞かれて、料理と合算して支払うという、システムです。

ちょっと面白い精算ですね。

私たちは、お粥+料理3品で、800円くらいでした。

こんなに美味しくて、こんなに安くていいの!?という感動を覚えながら、「周記肉粥店」を後にしました。

まとめ:「周記肉粥店」で”台湾”を体験してほしい

一瞬、入りづらそうなお店に見えるかもしれません。なぜなら、飾りっけが全くない、ほぼ地元の人で、お店がいっぱいだからです。

でも、大丈夫!

日本語を話してくれるおばちゃんと、ボクトツだけれど、人が好さそうなお兄さんが、歓迎してくれます。

地元の人も、淡々とお粥を食べていて、ジロジロ見られることも、ありません。

この周記肉粥店で、地元の人と朝粥と紅焼肉を食べれば、腹がすわります!

現地の人ばかりなので、ちょっとだけ物怖じするかもしれないけれど、龍山寺を観光したときに、立ち寄ってみてくださいね。

ノスタルジックな街並み、台湾の雰囲気を体験するのに、もってこいのお店です。

周記肉粥店
食べログ:https://tabelog.com/taiwan/A5403/A540303/54000156/
住 所:台北市萬華區廣州街104
No. 104
, Guangzhou St, Wanhua District, Taipei City, 108
電 話:02-2302-5588
営 業:06001650
最寄駅:板南線「龍山寺站」3番出口より徒歩3


コメント