スポンサーリンク

ビワを楽しむ|コンフィチュールレシピ|ジャムとはちょっと違うのです

biwa-Confiture (0)

手軽に作れる「びわのコンフィチュール」のレシピをご紹介します。

びわのシーズンは、とても短いですよね。

カジトラ家にとって「びわ」は、1年に1回でも口にすることが出来れば「幸運」という奇跡のフルーツです。

あまり熟していないびわや、日にちが経って味が落ちてしまったもので美味しく作ることが出来ますので、お試しください。

スポンサーリンク

レシピ「びわコンフィチュール」

用意するおもな道具

・小鍋(片手鍋が便利です)
・スケール(はかり)
・包丁
・木のスプーン(調理と、容器に入れる時に使います。木べらよりスプーンが使いやすいです)
・保存容器(小さめのガラス瓶、ホーロー容器など)

用意する食材

・びわ お家にある量
・グラニュー糖 びわの種と皮をのぞいた量の20%分
・レモン汁 適量

分量表

びわ グラニュー糖 レモン汁
400g 80g   大さじ2
300g 60g   大さじ1と1/2
200g 40g   大さじ1
100g 20g   大さじ1/2
コンフィチュールに使用するグラニュー糖は、びわ(果実)の20%使います。

「びわコンフィチュール」の作り方

調理時間 約1時間~1時間30分

biwa-Confiture (3)

① びわを軽く水洗いして水気を切ります。びわの皮をむいてタネを取り除きます。びわの実に付いている「軸」も取ります。この時、果実の内側に付いている「白い皮」は残しておきます

② 片手鍋にびわを入れて、グラニュー糖をかけてまぶし「30分から1時間ほど漬けて、果汁が出てくるのを待ちます」。

③ 保存する容器(瓶、ホーロー容器など)を煮沸消毒して、水気を切っておきます。

④ びわから果汁が出たら片手鍋に火をかけて煮ます。火力は弱火より強め~中火より弱めで。

biwa-Confiture (10)

⑤ 写真は5分ほど煮たものです。びわの果実がしんなりしてきました。びわの食感がお好みであればこれくらいでしょうか。

煮る時間はお好みで。もう少しトロリとさせたい場合は、かき混ぜながらもう少し煮てくださいね。

biwa-Confiture (9)

⑥ 仕上げにレモン汁を入れてかき混ぜて、火を止めます。レモン汁は発色を良くしてくれます。

biwa-Confiture (1)

⑥ 最後に保存容器にびわを入れれば出来上がりです。びわは熱いうちに保存容器に入れても良いですし、熱を冷ましてから入れても良いです。

保存したい場合は、あら熱が取れたら早めに冷凍保存してしまいましょう。

つくる時のポイント

・びわの内側に付いている「白い皮」にペクチンが含まれてるので、とろみが付きます。取り除かないで果実と一緒に煮てくださいね。

・果汁(びわのジュース)を火にかけるとき、びわの実を取り出して「果汁を煮詰めたあとにびわを投入して煮る」という方法もありますが、一緒に煮るほうが手軽ですよ。

コンフィチュールとジャムはここが違います

コンフィチュール

果実に対して砂糖を20%で作るのが一般的です。果実に形状があることも特徴です。

ジャム

それに対してジャムは、果実に対して砂糖を40%以上使います。また、ジャムはゼリー状になるまで煮詰めることが特徴です。

[関連記事]

ジャム・コンフィチュール・コンポートの違いを検証しました
...

コンフィチュールの美味しい食べ方

完成したコンフィチュールの食べ方はいろいろありますが、まずは「そのまま」食べてみてくださいね。酸味があって美味しーですよ。

「王道」ヨーグルト

酸味のきいたヨーグルトにも合いますし、お砂糖が入ったヨーグルトにかけても美味しいです。

パン・クラッカー

ジャムと同じように楽しむことができます。コンフィチュールならではの「びわの食感」が楽しめます。

紅茶に入れる

びわは香りがとても良いので、紅茶との相性がばつぐんです。お砂糖のかわりにどうぞ。

チーズにも

コンフィチュールはフランスが発祥の保存食。チーズとコンフィチュールという「塩辛いもの」と「甘い物」を一緒に食べるのは西洋人はお好みですね。チーズがお好きな方は試してみてくださいね。

夏は炭酸水・冷たい水に入れると美味しい

炭酸水のシュワシュワと、コンフィチュールの香りと美味しさがとってもよく合うのでおすすめです。市販のジュースを買わなくても、極上のジュースを飲むことができます。

保存について

コンフィチュールは保存食というけれど

コンフィチュールはフランス語で「保存食」という意味があるんですって。

しかしながら、日本のびわの季節は「梅雨」。

たとえ保存容器を煮沸消毒しても、「雑菌の繁殖・増殖の恐怖」があります。

もっとも大切なことは、「早めに食べること」なのですが、貴重なびわですもの、保存しておきたいですよね。

出来るだけ早く冷まして、小分け保存しましょう

コンフィチュールを作ったら、出来るだけ早く冷まして容器に入れて保存することがポイントです。容器に入れてあら熱が取れたら「直ちに冷凍保存」しましょう。

カジトラの保存方法は、小さめの瓶に小分けして「冷凍保存」しています。コンフィチュールを食べたい時に、当日または前日に「冷蔵庫の中で解凍して」2~3日で食べるようにしています。

コンフィチュールにおすすめの保存容器

カジトラは、小さめのガラスの瓶と、野田琺瑯の2種類を使っています。

小さいガラスの瓶

冷凍庫のどこへ移動しても場所をとらないので便利です。また、小分けにして保存すると、少しずつ食べられるので、ビワの時間を長く楽しむことができます

野田琺瑯(のだほうろう)

冷凍したまま火にかけられます。温かいソースとして使えるので便利です。

最高に使いやすい野田琺瑯|1つで調理&保存に使えるホワイトシリーズの使い方
...

まとめ

びわのシーズンはとても短くて、「あ~、今年は食べなかったわ。」という年もありますが、今年は夫の実家の庭になっている「びわ」をもらってきました。

しばらく鑑賞して楽しんだ後は、やっぱり食べたい。

花より団子のカジトラが、コンフィチュールのレシピをご案内いたしました。

ジャムと違って砂糖が少なめですので、びわの酸味が効いてとても美味しいですよ。おためしください。

「メゾンブレモンド1830」2019年4月3日渋谷ヒカリエにオープン
...

コメント