PR
スポンサーリンク

パクチー(コリアンダー)栽培|種まきの時期をずらして一年中楽しめる木嶋先生のアイデア栽培

coriander-14kj

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、パクチー(コリアンダー)のアイデア栽培を、ご案内いたします。

パクチーは、冬と真夏をのぞきますと、いつでも種をまくことができますので、時期をずらして栽培すれば、ほぼ一年中新鮮な葉を楽しむことが出来ます。

今回は、種まきの時期、育て方のポイントなど、木嶋先生のアイデア栽培をご紹介いたします。

※ 本ページは、一般地(中間地)にての栽培として、ご案内いたします。

スポンサーリンク

パクチー栽培|種まきの時期をずらして一年中楽しめる木嶋先生のアイデア栽培

木嶋先生のアイデア栽培「パクチーのずらしまき」

coriander-2kj

パクチーは、冬と真冬をのぞきますと、いつでも種をまくことができ、時期をずらして栽培すれば、ほぼ一年中新鮮な葉っぱを楽しむことが出来ます。

また、 種採り用に数株残しておくのもおすすめです。

パクチーの種まき時期

coriander-8kj

4月~7月上旬まき

この時期に種をまきますと、夏には生長が衰えますが、涼しくなる頃にふたたび伸び始め、続けて収穫することが出来ます。

8月下旬まき

8月下旬に種をまいたパクチーは、秋に葉を収穫します。

越冬しますと、株が大きく生長しすぎてしまう場合がありますので、年内の食べ切り用とするのがおすすめです。

10月まき

本葉5枚ほどの小さな株を越冬させます。

すると、翌春から収穫が始まり、秋に種を採ることができます。

パクチー栽培のポイント

土づくり・畝立て

gyufun

木嶋先生が紹介されている、パクチー栽培におすすめの元肥は「牛ふん堆肥」です。

牛ふん堆肥の量は、2kg /㎡が目安で、肥沃な畑は2割減、痩せている場合は2割増など、畑の状態に合わせて調整してみてください。

パクチーの種まき

幅60cmの畝に、パクチーの種を1粒ずつ5cm間隔で1列にまきます。

なお、パクチーの種はカラが固いので、軽く割って半日ほど水に浸けたものを種まきしますと、発芽しやすくなります。

パクチーの間引き

20200928-2strawberry,coriander

隣どうしの葉がぶつかるタイミングで、数回間引きをし、最終株間を40cmにします。

パクチーの収穫

パクチーの株間が20~40cmになりましたら、収穫スタートです。

・食べる分だけ、葉を切る収穫
・根っこごと引き抜きぬく収穫

いずれかの収穫を、お楽しみください。

葉と茎を収穫

coriander-15kj

株元ちかくの茎をカットし続け、花芽が出てきましたら切り取りますと、株が若返り、長い期間 収穫することが出来ます。

根っこごと収穫

coriander-7kj

根は、種と同じくよい香りがしますので、炒め物やカレーに入れますと、大変美味しくなります。

間引き収穫や、株ごと収穫するさい、処分なさらずにお使いになってみてください。

新鮮なパクチーを収穫し続けるコツ

coriander-12kj

パクチーの花芽を切り取りますと、株が若返り 新鮮な葉っぱを収穫し続けることができます。

何株か、花を咲かせて種を採るのもおすすめです。

まとめ

coriander-13kj

農学博士の木嶋利男先生が紹介されている、パクチーのアイデア栽培を、ご案内いたしました。

パクチーは、冬と真夏をのぞきますと、いつでも種をまくことができますので、時期をずらして栽培すれば、ほぼ一年中新鮮な葉を楽しむことが出来ます。

葉、茎、根 無駄なくすべて美味しく頂くことができますので、パクチー栽培をお楽しみになってください。

※ 本ページは、一般地(中間地)にての栽培として、ご案内いたしました。

[参考文献]

木嶋利男著「野菜の性格 アイデア栽培」

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。
2023年の春、海に近い地域に移住しました。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら暮らしてゆくことを目指しています。

シェアする
スポンサーリンク
カジトラ