スポンサーリンク

覚えやすい!キュウリの整枝方法|深町貴子さんから学ぶ長くたくさん収穫する方法

cucumbers-17 (★)

園芸家の深町貴子さんが紹介されている「長くたくさん収穫できるキュウリの整枝方法」を、ご案内いたします。

昨年わが家は この方法でキュウリを栽培してみたところ、きゅうりのつるがきれいな形を保ち、モサモサとジャングルの状態にならずに育てることが出来ました。

深町さんは、プランターのキュウリで紹介されていますが、畑でも応用することが出来ました。

覚えやすく分かりやすいキュウリの整枝の方法ですので、参考になさってください。

スポンサーリンク

覚えやすい!キュウリの整枝方法

キュウリを整枝する理由

cucumbers-30★

きゅうりの苗は 放任したままにしておきますと、子づる・孫づるがどんどん繁茂して管理がしづらくなります。

また、葉が混み合うことで栄養の分散が偏り、美味しいきゅうりがならなくなったり、病気を発生する場合もありますので、葉やつるを切って太陽の光が株全体に当たるようにします。

深町貴子さんから学ぶキュウリの整枝方法

cucumbers-32 (★)

🥒 キュウリの1~5節目までのわき芽(小づる・雌花、雄花)は、全てかきとります。かきとるとは、手て折りとることです。

🥒 6~10節目になったキュウリは普通に収穫します。

🥒 6~10節目までの小づるからなったキュウリは1本のみ収穫し、その先の葉を1枚残して摘心(ツルをカット)します。

🥒 葉を1枚残したところから孫づるが伸びます。孫づるになったキュウリは1本のみ収穫し、その先の葉を1枚残して摘心します。

🥒 10~20節目になったきゅうりは普通に収穫します。

🥒 10~20節目の小づるは葉を2枚伸ばして、キュウリを2本収穫し、その先のつるを摘心します。

🥒 10~20節目の小づるから伸びる孫づるは、放任(切らずにそのままに)します。

🥒(筆者追記)きゅうりの株が支柱より伸びてきましたら、生長点(一番先のつる)をカットして生長を止めます。

まとめ

cucumbers-31 (★)

園芸家の深町貴子さんが紹介されている「長くたくさん収穫できるキュウリの整枝方法」を、ご案内いたしました。

本ページでは、文章にてのご案内でしたので、分かりづらかったかもしれまんので、深町さんのYouTubeをご紹介いたします。

パート1「イラスト編」

6分程度の動画です。

きれいなイラストで分かりやすく整枝方法を紹介されています。

パート2「実践編」

こちらも6分程度の動画です。

実際のキュウリの株で整枝のやり方を紹介されています。

覚えやすく分かりやすいキュウリの整枝の方法ですので、パート1とパート2をセットでご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク
キッチンガーデンのこと野菜づくり
この記事を書いた人
カジトラ

関東在住の専業主婦です。
夫と二人暮らし。

家族の介護、某シンクタンクで馬車馬のように働き詰めだった日々に区切りをつけ、現在は農学博士 木嶋利男氏が提案するコンパニオンプランツ栽培で野菜を育てています。

文明の利器を取り入れつつも、古き良きモノ・慣習を大事にしながら丁寧に暮らしてゆくことを目指しています。

スポンサーリンク
カジトラ