スポンサーリンク

「枝豆の種まき」直まき?ポット栽培?それぞれのメリットをご紹介いたします

edamame-100

枝豆の種まきは、「畑に直まきする方法」と、「ポリポットで育苗してから植え付ける方法」がありますが、どちらの栽培が良いのかしらと、悩まれたことはないでしょうか。

農学博士の木嶋利男先生によりますと、どちらの栽培も問題ないのだそうです。

今回は、枝豆の直まきとポット栽培のそれぞれのメリットをご紹介いたしますので、ご自身に合ったスケジュールで種まきしてみてくださいね。

スポンサーリンク

枝豆の種まきについて

直まきのメリット

edamame-11

枝豆の直まきは、栄養があまりない痩せた畑でも栽培することができます。

水を好みますが多湿は嫌いますので、ウネを立てて水はけを良くします。

枝豆を畑に直まきする方法は、ポットに種まきして育てる作業を省略することが出来るメリットがあります。

また畑に直まきした枝豆は、根が伸びて草勢が強くなる性質がありますので、強く丈夫な株に生長します。

直まきのデメリットと対策

枝豆は、草勢が強くなりすぎますと「つるボケ」することがあります。

その場合、本葉5~6枚で摘心して対策します。

また、直まきした後は鳥に狙われやすいため、不織布などをベタ掛けする必要があります。

ポット栽培のメリット

edamame

ポットに種をまいて種を育てる方法は、室内(温室)で育てることができ、気温の低い時期からの栽培が可能になりますので、早く収穫したいときに向いています。

また、一ヶ所にまとめて育苗することが出来ますので、大量の不織布を使わずに鳥の被害を防ぐことが出来ます。

まとめ

edamame (2)

枝豆の種まきは、「畑に直まきする方法」、「ポリポットで育苗してから植え付ける方法」がありますが、それぞれのメリットをご紹介いたしました。

畑に直まき
🌱 根が良く張って草勢が強くなりますので、丈夫な株に生長します。ポットで育苗
🌱 室内(温室)で栽培することができますので、気温の低いシーズンから栽培をスタートさせることが出来ます。

どちらが正解というわけではありませんので、ご自身に合ったスケジュールで美味しい枝豆を栽培してみてくださいね。

[関連記事]

美味しくなるエダマメ栽培の3つのポイント|木嶋利男先生の裏ワザは高確率で発芽します!

[参考文献]

created by Rinker
¥1,650 (2021/01/24 11:14:46時点 Amazon調べ-詳細)
4259565028